カルボニル化合物の励起三重項状態および光反応に関する時間分解EPR研究

この論文をさがす

著者

    • 生駒, 忠昭 イコマ, タダアキ

書誌事項

タイトル

カルボニル化合物の励起三重項状態および光反応に関する時間分解EPR研究

著者名

生駒, 忠昭

著者別名

イコマ, タダアキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第5940号

学位授与年月日

1993-01-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / 目次1 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 対象としたカルボニル化合物に関連した研究 / p2 (0007.jp2)
  5. 1-3 時間分解EPR法の特徴 / p34 (0039.jp2)
  6. 1-4 研究目的および本論文の構成 / p36 (0041.jp2)
  7. 第2章 基礎理論 / p38 (0043.jp2)
  8. 2-1 緒言 / p38 (0043.jp2)
  9. 2-2 時間分解EPRスペクトルの解析 / p39 (0044.jp2)
  10. 2-3 カルボニル化合物の最低励起三重項状態におけるゼロ磁場分裂定数 / p97 (0102.jp2)
  11. 第3章 無りん光性トロポンと関連トロポノイド化合物の最低励起三重項状態 / p107 (0112.jp2)
  12. 3-1 緒言 / p107 (0112.jp2)
  13. 3-2 実験 / p110 (0115.jp2)
  14. 3-3 結果 / p117 (0122.jp2)
  15. 3-4 考察 / p146 (0151.jp2)
  16. 3-5 まとめ / p159 (0164.jp2)
  17. 第4章 芳香族カルボニル化合物の最低励起三重項状態および光反応初期過程 / p160 (0165.jp2)
  18. 4-1 緒言 / p160 (0165.jp2)
  19. 4-2 実験 / p165 (0170.jp2)
  20. 4-3 励起三重項状態に関する結果と考察 / p168 (0173.jp2)
  21. 4-4 光反応初期過程に関する結果と考察 / p205 (0210.jp2)
  22. 4-5 まとめ / p224 (0229.jp2)
  23. 第5章 脂肪族ジカルボニル化合物の最低励起三重項状態および光反応初期過程 / p226 (0231.jp2)
  24. 5-1 緒言 / p226 (0231.jp2)
  25. 5-2 実験 / p227 (0232.jp2)
  26. 5-3 鎖状ジカルボニル化合物に関する結果と考察 / p228 (0233.jp2)
  27. 5-4 環状ジカルボニル化合物に関する結果と考察 / p233 (0238.jp2)
  28. 5-5 環状αジカルボニル化合物に関する結果と考察 / p249 (0254.jp2)
  29. 5-6 その他のジカルボニル化合物の最低励起三重項状態に関する結果 / p264 (0269.jp2)
  30. 5-7 まとめ / p269 (0274.jp2)
  31. 第6章 総括 / p271 (0276.jp2)
  32. 6-1 無りん光性トロポンと関連トロポノイド化合物の最低励起三重項状態 / p271 (0276.jp2)
  33. 6-2 芳香族カルボニル化合物の最低励起三重項状態および光反応初期過程 / p275 (0280.jp2)
  34. 6-3 脂肪族ジカルボニル化合物の最低励起三重項状態および光反応初期過程 / p278 (0283.jp2)
  35. 参考文献および注釈 / p282 (0287.jp2)
  36. 謝辞 / p292 (0297.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095472
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095698
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259786
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ