幕府制下陸上交通の研究

この論文をさがす

著者

    • 深井, 甚三, 1949- フカイ, ジンゾウ

書誌事項

タイトル

幕府制下陸上交通の研究

著者名

深井, 甚三, 1949-

著者別名

フカイ, ジンゾウ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第5945号

学位授与年月日

1993-02-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序 / p1 (0010.jp2)
  3. 一、研究史とその問題 / p2 (0010.jp2)
  4. 二、課題の設定 / p12 (0015.jp2)
  5. I部、近世交通体系 / p28 (0023.jp2)
  6. 一編、近世交通体系の形成とその性格 / p29 (0024.jp2)
  7. 一章、宿駅制の成立と伝馬役 / p29 (0024.jp2)
  8. はじめに / p29 (0024.jp2)
  9. 一、徳川政権成立前の伝馬役 / p31 (0025.jp2)
  10. 二、徳川政櫓初期の宿駅伝馬制施行 / p44 (0031.jp2)
  11. 三、初期伝馬制と伝馬・駄賃人馬 / p53 (0036.jp2)
  12. 四、藩における宿駅伝馬制と伝馬役 / p64 (0041.jp2)
  13. 五、伝馬役・助郷役と国役・陣夫役 / p70 (0044.jp2)
  14. おわりに / p79 (0049.jp2)
  15. 二章、宿駅・助郷制の成立とその性格 / p89 (0054.jp2)
  16. はじめに / p89 (0054.jp2)
  17. 一、宿駅・助郷制の成立 / p90 (0054.jp2)
  18. 二、慶安末~寛文初年 / p97 (0058.jp2)
  19. 三、寛文~延宝期の政策 / p102 (0060.jp2)
  20. 四、宿駅・助郷制の性格 / p117 (0068.jp2)
  21. おわりに / p125 (0073.jp2)
  22. 三章、助郷の成立と存在形態 / p135 (0078.jp2)
  23. はじめに / p135 (0078.jp2)
  24. 一、個別的宿駅事情による助郷成立 / p137 (0079.jp2)
  25. 二、諸藩領内宿駅の助郷成立 / p139 (0080.jp2)
  26. 三、幕領宿駅の助郷成立 / p147 (0084.jp2)
  27. おわりに / p156 (0088.jp2)
  28. 四章、近世渡船の設定・維持と利用 / p175 (0098.jp2)
  29. はじめに / p175 (0098.jp2)
  30. 一、五街道の渡船設定と維持 / p179 (0100.jp2)
  31. 二、利根川・同内川通り渡船の設定・維持 / p189 (0105.jp2)
  32. 三、渡船賃からみた渡船利用 / p195 (0108.jp2)
  33. 四、五街道外の諸藩領渡船 / p207 (0114.jp2)
  34. おわりに / p211 (0116.jp2)
  35. 五章、幕府の関所政策と関所・ロ留番所 / p224 (0122.jp2)
  36. はじめに / p224 (0122.jp2)
  37. 一、近世関所体系の確立 / p226 (0123.jp2)
  38. 二、私関禁令の成立と口留番所展開 / p239 (0130.jp2)
  39. 三、寛文以降の関所・ロ留番所政策 / p245 (0133.jp2)
  40. 四、幕藩制支配と諸藩口留番所 / p254 (0137.jp2)
  41. おわりに / p259 (0140.jp2)
  42. 付論、関所とロ留番所の概念 / p270 (0145.jp2)
  43. はじめに / p270 (0145.jp2)
  44. 一、「公事方御定書」の検討 / p271 (0146.jp2)
  45. 二、口留番所の摘出 / p274 (0147.jp2)
  46. 三、関所と口留番所の概念 / p277 (0149.jp2)
  47. おわりに / p284 (0152.jp2)
  48. 二編、近世交通体系の維持と幕政 / p294 (0159.jp2)
  49. 一章、綱吉政権の宿駅・助郷政策と担当吏僚 / p294 (0159.jp2)
  50. はじめに / p294 (0159.jp2)
  51. 一、天和・貞享期の宿駅・助郷政策 / p295 (0160.jp2)
  52. 二、元禄・宝永期の宿駅・助郷政策 / p303 (0164.jp2)
  53. 三、宿駅・助郷政策担当者と政策基調 / p314 (0169.jp2)
  54. おわりに / p316 (0170.jp2)
  55. 二章、家宣・家繼政権の宿駅・助郷政策と担当吏僚 / p329 (0177.jp2)
  56. はじめに / p329 (0177.jp2)
  57. 一、宝永の琉球使通行人馬 / p331 (0178.jp2)
  58. 二、正徳宿駅制改革 / p333 (0179.jp2)
  59. 三、家継時代の宿駅・助郷政策 / p352 (0188.jp2)
  60. 四、宿駅・助郷政策決定と道中方担当者 / p358 (0191.jp2)
  61. おわりに / p365 (0195.jp2)
  62. 三章、吉宗政権の宿駅・助郷政策と担当吏僚 / p380 (0202.jp2)
  63. はじめに / p380 (0202.jp2)
  64. 一、享保初年の宿駅・助郷政策 / p382 (0203.jp2)
  65. 二、享保改革における宿駅・助郷改革 / p385 (0205.jp2)
  66. 三、助郷請負い一件と加助設定 / p396 (0210.jp2)
  67. 四、享保末年以降の宿駅・助郷政策 / p400 (0212.jp2)
  68. 五、政策立案者 / p405 (0215.jp2)
  69. おわりに / p412 (0218.jp2)
  70. 四章、宝暦・天明期の宿駅・助郷政策と担当吏僚 / p427 (0226.jp2)
  71. はじめに / p427 (0226.jp2)
  72. 一、延享二年~宝暦十一年の宿駅・助郷政策 / p429 (0227.jp2)
  73. 二、宝暦十二年~安永末年の宿駅・助郷政策 / p434 (0229.jp2)
  74. 三、天明期の宿駅・助郷政策 / p442 (0233.jp2)
  75. 四、政策立案主体 / p445 (0235.jp2)
  76. まとめと展望 / p452 (0238.jp2)
  77. 付論、荷物貫目改所についての一考察-不法継立統制機関について / p469 (0247.jp2)
  78. はじめに / p469 (0247.jp2)
  79. 一、貫目改所成立に至る経緯 / p470 (0247.jp2)
  80. 二、貫目改所の機構と財政 / p472 (0248.jp2)
  81. 三、貫目改所の機能とその限界 / p480 (0252.jp2)
  82. おわりに / p496 (0260.jp2)
  83. II部、近世交通の展開とその諸相 / p506 (0265.jp2)
  84. 一編、民衆交通の展開 / p507 (0266.jp2)
  85. 一章、南部牛方の展開と鉄山 / p507 (0266.jp2)
  86. はじめに / p507 (0266.jp2)
  87. 一、中期における専業牛方の出現 / p509 (0267.jp2)
  88. 二、後期における牛方の展開と鉄山 / p515 (0270.jp2)
  89. 三、幕末期の牛方と鉄山 / p527 (0276.jp2)
  90. おわりに / p535 (0280.jp2)
  91. 二章、抜参りの展開とその主体 / p551 (0288.jp2)
  92. はじめに / p551 (0288.jp2)
  93. 一、宝永以前の抜参りの主体 / p552 (0288.jp2)
  94. 二、中後期における抜参りの展開 / p557 (0291.jp2)
  95. おわりに / p579 (0302.jp2)
  96. 三章、女性旅・女性抜参り旅の展開とその具体相 / p598 (0314.jp2)
  97. はじめに / p598 (0314.jp2)
  98. 一、女性旅の展開概況 / p601 (0316.jp2)
  99. 二、女旅の広がり / p605 (0318.jp2)
  100. 三、女連れ・男同行の旅 / p610 (0320.jp2)
  101. 四、清川八郎母子の抜参り / p616 (0323.jp2)
  102. 五、本荘町の女性の抜参りと他の女旅 / p626 (0328.jp2)
  103. おわりに / p636 (0333.jp2)
  104. 四章、関所破りと女性旅 / p643 (0337.jp2)
  105. はじめに / p643 (0337.jp2)
  106. 一、関所改めの展開 / p645 (0338.jp2)
  107. 二、関所破りの処罰 / p649 (0340.jp2)
  108. 三、道中記・紀行文にみる関所情報 / p654 (0342.jp2)
  109. 四、無手形旅の展開 / p659 (0345.jp2)
  110. 五、関所抜け・関所破りの形態と女性 / p662 (0346.jp2)
  111. おわりに / p680 (0355.jp2)
  112. 五章、合力層(巡礼・修験等)の旅の展開と合力宿・木賃宿 / p686 (0358.jp2)
  113. はじめに / p686 (0358.jp2)
  114. 一、法規制にみる乞食・勧進層の展開 / p690 (0360.jp2)
  115. 二、村入用帳よりみた合力層の展開と対応 / p693 (0362.jp2)
  116. 三、村定・組合村議定における宿泊・合力規制 / p701 (0366.jp2)
  117. 四、合力宿の実態 / p708 (0369.jp2)
  118. おわりに / p740 (0385.jp2)
  119. 二編、宿場町と街道 / p751 (0391.jp2)
  120. 一章、一七世紀後期における東海道の景観と沿道の人々 / p751 (0391.jp2)
  121. はじめに / p751 (0391.jp2)
  122. 一、「東海道絵図」と「東海道分間絵図」の利用 / p755 (0393.jp2)
  123. 二、街道 / p762 (0396.jp2)
  124. 三、宿場町・間の宿と旅人・生活者 / p777 (0404.jp2)
  125. おわりに / p787 (0409.jp2)
  126. 二章、東海道の宿場町の発展と景観 / p795 (0413.jp2)
  127. はじめに / p795 (0413.jp2)
  128. 一、絵図批判 / p796 (0413.jp2)
  129. 二、宿場町発達と町並み景観 / p800 (0415.jp2)
  130. 三、間の宿の発達 / p826 (0428.jp2)
  131. おわりに / p830 (0430.jp2)
  132. 三章、宿と町 / p838 (0434.jp2)
  133. はじめに / p838 (0434.jp2)
  134. 一、宿場町構造の変容と宿抱え人馬 / p842 (0436.jp2)
  135. 二、宿と町 / p846 (0438.jp2)
  136. 三、町組 / p857 (0444.jp2)
  137. 四、結びにかえて-旅籠屋仲間と宿・町組 / p870 (0450.jp2)
  138. 付論、街道の分間絵図利用について / p880 (0455.jp2)
  139. はじめに / p880 (0455.jp2)
  140. 一、分間絵図の作成法 / p883 (0457.jp2)
  141. 二、東海道分間絵図の形態 / p890 (0460.jp2)
  142. 三、分間絵図の正確さとその利用点 / p896 (0463.jp2)
  143. おわりに / p902 (0466.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095477
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953044
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259791
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ