障害児教育の義務制に関する教育臨床的研究

この論文をさがす

著者

    • 藤本, 文朗, 1935- フジモト, ブンロウ

書誌事項

タイトル

障害児教育の義務制に関する教育臨床的研究

著者名

藤本, 文朗, 1935-

著者別名

フジモト, ブンロウ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第5965号

学位授与年月日

1993-02-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0013.jp2)
  3. はじめに / p1 (0013.jp2)
  4. 一 問題意識と研究方法 / p6 (0018.jp2)
  5. 1.研究経過と問題意識 / p6 (0018.jp2)
  6. 2.研究方法 / p8 (0020.jp2)
  7. 二 本論文の目的と構成方法 / p19 (0031.jp2)
  8. 1.本論文の目的 / p19 (0031.jp2)
  9. 2.本論文の計画と構成 / p20 (0032.jp2)
  10. 第I部 実態・運動編――養護学校義務制実施以前における障害児の教育権保障の実態とその実現を求める運動―― / p26 (0038.jp2)
  11. 第1章 心身障害のため不就学とされる児童の教育権 / p26 (0038.jp2)
  12. はじめに / p26 (0038.jp2)
  13. 一 問題提起 / p26 (0038.jp2)
  14. 二 心身障害のため不就学とされる児童の日本における取扱いの変遷 / p30 (0042.jp2)
  15. 三 心身障害のため不就学とされる児童の実態――ある大阪衛星都市の実態調査にもとづいて―― / p42 (0054.jp2)
  16. 四 心身障害のため不就学とされる児童の権利を守る運動の基本方向について / p61 (0073.jp2)
  17. 第2章 障害児の教育権保障の実態と運動 / p74 (0086.jp2)
  18. はじめに / p74 (0086.jp2)
  19. 一 問題提起 / p75 (0087.jp2)
  20. 二 ある地方都市における不就学児の実態調査活動 / p77 (0089.jp2)
  21. 三 不就学障害児の発達を保障する運動(教育権の復権運動) / p93 (0105.jp2)
  22. 四 今後の課題 / p99 (0111.jp2)
  23. 第3章 死亡した不就学障害児の実態 / p105 (0117.jp2)
  24. はじめに / p105 (0117.jp2)
  25. 一 この研究のねらい / p105 (0117.jp2)
  26. 二 実態調査の方法 / p107 (0119.jp2)
  27. 三 結果と考察 / p111 (0123.jp2)
  28. 四 障害児にとって学校とはなにか / p124 (0136.jp2)
  29. 第4章 重症心身障害児の発達と療育空間 / p130 (0142.jp2)
  30. 一 この研究のねらい / p130 (0142.jp2)
  31. 二 先行研究の検討 / p132 (0144.jp2)
  32. 三 障害児の問題行動と療育環境づくり / p136 (0148.jp2)
  33. 四 療育空間づくりとしての生活訓練棟の建設 / p149 (0161.jp2)
  34. 五 まとめと今後の課題 / p158 (0170.jp2)
  35. 第5章 福井における障害児教育運動の源流をさぐる / p164 (0176.jp2)
  36. はじめに / p164 (0176.jp2)
  37. 一 問題提起 / p164 (0176.jp2)
  38. 二 福井における今年(1975年)の障害児就学保障運動の特徴について / p167 (0179.jp2)
  39. 三 教師を中心とした障害児教育運動の源流 / p177 (0189.jp2)
  40. 四 障害児の親を中心とした障害児教育運動について / p188 (0200.jp2)
  41. 五 むすびにかえて / p194 (0206.jp2)
  42. 第II部 課題編――養護学校義務制実施以後における障害児教育の課題:教育権の内実を高めるために―― / p198 (0210.jp2)
  43. 第1章 1979年養護学校の義務制実施の意義と今後の課題 / p199 (0211.jp2)
  44. 一 義務制実施の意義 / p199 (0211.jp2)
  45. 二 義務制実施後の課題 / p206 (0218.jp2)
  46. 第2章 養護学校卒業生の進路実態調査研究――京都府立向日が丘養護学校の場合―― / p225 (0237.jp2)
  47. 一 われわれの研究がねらうもの――問題意識と目的、方法―― / p225 (0237.jp2)
  48. 二 卒業生の進路実態の統計的結果と考察 / p234 (0246.jp2)
  49. 三 卒業生の予後調査の質的分析 / p241 (0253.jp2)
  50. 四 事例研究 / p249 (0261.jp2)
  51. 第3章 障害別の教育実践の課題 / p259 (0271.jp2)
  52. はじめに / p259 (0271.jp2)
  53. 一 笑顔獲得期の重症心身障害児の意義と課題 / p260 (0272.jp2)
  54. 二 自閉性障害児の教育学の課題 / p273 (0285.jp2)
  55. 三 自閉性障害の基本的理解と社会参加 / p305 (0317.jp2)
  56. 第4章 障害児の放課後と社会教育 / p331 (0343.jp2)
  57. 一 私の臨床体験 / p331 (0343.jp2)
  58. 二 問題の所在 / p332 (0344.jp2)
  59. 三 2つの実態調査から学ぶ / p333 (0345.jp2)
  60. 四 障害児の発達保障と社会教育と地域づくり / p343 (0355.jp2)
  61. 補 章 教育的環境論の系譜と課題 / p348 (0360.jp2)
  62. はじめに / p348 (0360.jp2)
  63. 一 最近の環境論の動向 / p348 (0360.jp2)
  64. ニ セガンの教育的施設論 / p352 (0364.jp2)
  65. 三 近代教育学と教育空間論 / p358 (0370.jp2)
  66. 四 ブーゼマンの教育的環境学とその発展 / p365 (0377.jp2)
  67. 五 レヴィンの「環境と発達の関係の力学的理論」の研究 / p369 (0381.jp2)
  68. 六 ヴィゴツキーらの環境=発達源泉論 / p373 (0385.jp2)
  69. 七 子どもの死亡とその環境にかんする研究 / p380 (0392.jp2)
  70. 八 学校建築史にみられる教育的環境論 / p384 (0396.jp2)
  71. 九 障害者科学の成果と教育的環境論 / p394 (0406.jp2)
  72. 十 教育的環境論の構造 / p410 (0422.jp2)
  73. 終節 義務制実施後の障害児の発達に求められる教育的環境とは / p414 (0426.jp2)
  74. 1.発達の土壌となる矛盾ある環境づくり / p414 (0426.jp2)
  75. 2.時間・空間・集団―物質的基礎の組織化 / p416 (0428.jp2)
  76. 3.体のゆさぶりのための空間づくり / p418 (0430.jp2)
  77. 4.自然とのスキンシップをとおしてのたんれん / p420 (0432.jp2)
  78. 5.遊びのなかで発達できる遊び場・遊具づくり / p425 (0437.jp2)
  79. 6.障害児教育にこそ豊かな生活環境と教具を / p427 (0439.jp2)
  80. 7.学校の施設・設備と地域づくり / p430 (0442.jp2)
  81. 第III部 展望編――障害児の教育的環境を保障するための制度論:イデオロギー問題を中心に―― / p438 (0450.jp2)
  82. 第1章 障害児教育におけるインテグレーションの系譜と動向 / p439 (0451.jp2)
  83. 一 現段階の特徴 / p439 (0451.jp2)
  84. 二 国連のインテグレーション論が提起するもの / p442 (0454.jp2)
  85. 三 教育的インテグレーションの系譜 / p448 (0460.jp2)
  86. 四 教育におけるインテグレーションの概念をめぐって / p453 (0465.jp2)
  87. 五 今後の課題 / p457 (0469.jp2)
  88. 第2章 障害児教育運動の発展を撹乱する諸潮流の動向と本質 / p464 (0476.jp2)
  89. はじめに / p464 (0476.jp2)
  90. 一 問題点をさぐる / p466 (0478.jp2)
  91. 二 この潮流が生れる背景 / p474 (0486.jp2)
  92. 三 最近の状況と動向の特徴 / p483 (0495.jp2)
  93. 第3章 臨教審「改革」で障害児教育はどうなるか / p487 (0499.jp2)
  94. 一 障害児教育を無視した第一・二次答申 / p487 (0499.jp2)
  95. 二「教育の自由化」が障害児教育にもたらすもの / p492 (0504.jp2)
  96. 三「個性の尊重」と障害児の発達 / p496 (0508.jp2)
  97. 四 適応主義的教育のいっそうの拡大 / p499 (0511.jp2)
  98. 五 臨教審「改革」は直接障害児教育に何をもたらすか / p500 (0512.jp2)
  99. 第4章 障害児教育改革試案 / p504 (0516.jp2)
  100. 一 改革への歴史的背景 / p504 (0516.jp2)
  101. 二 障害児教育改革への基本的理念 / p510 (0522.jp2)
  102. 三 基本的理念とその具体的改革試案 / p512 (0524.jp2)
  103. 終章 / p524 (0536.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095497
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953045
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259811
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ