生体抗酸化ビタミンの栄養生理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 道子 イトウ, ミチコ

書誌事項

タイトル

生体抗酸化ビタミンの栄養生理学的研究

著者名

伊藤, 道子

著者別名

イトウ, ミチコ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第6039号

学位授与年月日

1993-03-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一章 ビタミンEと生体脂質過酸化 / p3 (0007.jp2)
  4. 第一節 ヒトの持久性運動能力および脂質代謝におよぼすビタミンE投与の影響 / (0007.jp2)
  5. (1)持久性運動能力および血漿脂質成分にたいするVE投与の影響 / p5 (0009.jp2)
  6. (2)運動による過酸化脂質の生成とVEの防護効果 / p16 (0020.jp2)
  7. 第二節 ラットによる電気刺激ストレスへの適応におよぼすVEの影響 / p18 (0022.jp2)
  8. (1)ラットによる電気刺激ストレスへの適応にたいするVEの影響 / p19 (0023.jp2)
  9. (2)電気刺激ストレスの反復長期負荷による組織中VE含量への影響 / p26 (0030.jp2)
  10. 第三節 小括 / p29 (0033.jp2)
  11. 第二章 脂質代謝ならびに脂質過酸化とアスコルビン酸 / p30 (0034.jp2)
  12. 第一節 アスコルビン酸欠乏症と脂質代謝 / p31 (0035.jp2)
  13. (1)アスコルビン酸欠乏によるコレステール代謝への影響 / p31 (0035.jp2)
  14. (2)アスコルビン酸欠乏によるLCAT活性への影響 / p39 (0043.jp2)
  15. 第二節 アスコルビン酸欠乏によるLCAT活性低下の作用機作について検討 / p44 (0048.jp2)
  16. 第三節 小括 / p58 (0062.jp2)
  17. 第三章 生体脂質過酸化生成に対する抗酸化ビタミン、VCおよびVEの防護効果とその相互作用について / p60 (0064.jp2)
  18. 第一節 ストレスによる過酸化脂質生成におよぼすVCおよびVEの防護効果の検討 / p61 (0065.jp2)
  19. (1)体重及び各臓器重量の変化 / p63 (0067.jp2)
  20. (2)ストレス負荷による血漿TBA値およびコルチコステロンの経時変化 / p65 (0069.jp2)
  21. (3)肝臓および腎臓における脂質過酸化生成におよぼすVC、VE、ストレス負荷の影響 / p73 (0077.jp2)
  22. 第二節 ラジカル消去酵素の活性におよぼすVCおよびVEの相互作用について / p79 (0083.jp2)
  23. (1)組織中VC、VE含量、生体極微弱発光におよぼす食餌中VCおよびVEレベルの影響 / p81 (0085.jp2)
  24. (2)組織中のラジカル消去酵素の活性におよぼすVC、VEの影響 / p88 (0092.jp2)
  25. 第三節 小括 / p93 (0097.jp2)
  26. 第四章 総合的考察 / p94 (0098.jp2)
  27. 要約 / p99 (0103.jp2)
  28. 謝辞 / p101 (0105.jp2)
  29. 文献 / p102 (0106.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095571
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095797
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259885
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ