局部加熱曲げ法による圧力配管用鋼管の開発

この論文をさがす

著者

    • 直井, 久, 1940- ナオイ, ヒサシ

書誌事項

タイトル

局部加熱曲げ法による圧力配管用鋼管の開発

著者名

直井, 久, 1940-

著者別名

ナオイ, ヒサシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6054号

学位授与年月日

1993-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の位置付け / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 従来の研究 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p9 (0009.jp2)
  6. 1.4 本研究の構成 / p9 (0009.jp2)
  7. 1.5 参考文献 / p11 (0010.jp2)
  8. 第2章 局部加熱方式による曲げ加工後の曲管部の変形特性に関する実験研究 / p13 (0011.jp2)
  9. 2.1 曲管部の座屈特性、肉厚分布と偏平率に及ぼす鋼管の肉厚/外径と曲げ半径/外径の影響 / p15 (0012.jp2)
  10. 2.2 曲管部の肉厚分布と座屈特性に及ぼす軸方向圧縮応力の影響 / p20 (0015.jp2)
  11. 2.3 曲管部の肉厚分布と偏平率に及ぼす周方向加熱温度分布の影響 / p24 (0017.jp2)
  12. 2.4 曲管部の座屈特性と偏平率に及ぼす局部加熱幅の影響 / p26 (0018.jp2)
  13. 2.5 考察 / p28 (0019.jp2)
  14. 2.6 結言 / p31 (0020.jp2)
  15. 2.7 参考文献 / p31 (0020.jp2)
  16. 第3章 局部加熱方式による曲げ加工後の材料特性に関する実験研究 / p33 (0021.jp2)
  17. 3.1 炭素鋼材料の局部加熱曲げ管の材料特性 / p34 (0022.jp2)
  18. 3.2 Cr-Mo鋼材料の局部加熱曲げ管の材料特性 / p51 (0030.jp2)
  19. 3.3 ステンレス鋼材料の局部加熱曲げ管の材料特性 / p55 (0032.jp2)
  20. 3.4 考察 / p60 (0035.jp2)
  21. 3.5 結言 / p61 (0035.jp2)
  22. 3.6 参考文献 / p62 (0036.jp2)
  23. 第4章 内圧を受ける圧力配管の曲管部における応力分布に関する研究 / p64 (0037.jp2)
  24. 4.1 弾性膜理論による計算値と実験値の比較 / p65 (0037.jp2)
  25. 4.2 有限要素法による計算値と実験値の比較 / p71 (0040.jp2)
  26. 4.3 考察 / p80 (0045.jp2)
  27. 4.4 結言 / p82 (0046.jp2)
  28. 4.5 参考文献 / p82 (0046.jp2)
  29. 第5章 内圧と曲げモーメントを同時に受ける圧力配管の曲管部における応力分布と撓み特性に関する研究 / p83 (0046.jp2)
  30. 5.1 弾性膜理論による計算値と実験値の比較 / p83 (0046.jp2)
  31. 5.2 有限要素法による計算値と実験値の比較 / p95 (0052.jp2)
  32. 5.3 簡易式による計算値と実験値の比較 / p96 (0053.jp2)
  33. 5.4 考察 / p109 (0059.jp2)
  34. 5.5 結言 / p110 (0060.jp2)
  35. 5.6 参考文献 / p111 (0060.jp2)
  36. 第6章 内圧を受ける圧力配管の内圧破壊に関する実験研究 / p113 (0061.jp2)
  37. 6.1 内圧による破壊部位及び内圧破壊強度の支配因子 / p113 (0061.jp2)
  38. 6.2 内圧による破壊部位及び内圧破壊強度に及ぼす曲管部の内圧分布と材料強度の影響 / p116 (0063.jp2)
  39. 6.3 考察 / p127 (0068.jp2)
  40. 6.4 結言 / p128 (0069.jp2)
  41. 6.5 参考文献 / p128 (0069.jp2)
  42. 第7章 繰り返し曲げモメントを受ける圧力配管の曲管部における疲労破壊に関する実験研究 / p129 (0069.jp2)
  43. 7.1 疲労破壊特性に及ぼす曲管部の肉厚分布の影響 / p129 (0069.jp2)
  44. 7.2 疲労破壊強度の簡易式による計算値と実験値の比較 / p129 (0069.jp2)
  45. 7.3 考察 / p139 (0074.jp2)
  46. 7.4 結言 / p140 (0075.jp2)
  47. 7.5 参考文献 / p140 (0075.jp2)
  48. 第8章 圧力配管の曲管部における応力腐食割れに関する実験研究 / p141 (0075.jp2)
  49. 8.1 酸性溶液中の硫化物応力腐食割れ / p141 (0075.jp2)
  50. 8.2 アルカリ性溶液中の応力腐食割れ / p147 (0078.jp2)
  51. 8.3 考察 / p150 (0080.jp2)
  52. 8.4 結言 / p152 (0081.jp2)
  53. 8.5 参考文献 / p152 (0081.jp2)
  54. 第9章 局部加熱曲げ法で製造した圧力配管用鋼管の実プラント配管への適用に関する研究 / p153 (0081.jp2)
  55. 9.1 実プラント配管への適用事例 / p153 (0081.jp2)
  56. 9.2 実プラント配管への適用の結果 / p155 (0082.jp2)
  57. 9.3 考察 / p157 (0083.jp2)
  58. 9.4 結言 / p158 (0084.jp2)
  59. 9.5 参考文献 / p158 (0084.jp2)
  60. 第10章 結論 / p159 (0084.jp2)
  61. 謝辞 / p161 (0085.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095586
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953050
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259900
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ