行列分解表現を用いた離散時間積分型サーボ系の設計に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 郭, 海蛟 クオ, ハイチアオ

書誌事項

タイトル

行列分解表現を用いた離散時間積分型サーボ系の設計に関する研究

著者名

郭, 海蛟

著者別名

クオ, ハイチアオ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6062号

学位授与年月日

1993-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0003.jp2)
  3. 第2章 行列分解表現 / p6 (0011.jp2)
  4. 2.1 まえがき / p6 (0011.jp2)
  5. 2.2 既約分解表現 / p6 (0011.jp2)
  6. 2.3 安定化コントローラのパラメトリゼーション / p8 (0013.jp2)
  7. 2.4 状態空間表現による二重既約分解表現 / p9 (0014.jp2)
  8. 2.5 状態空間表現による伝達関数行列の計算 / p13 (0018.jp2)
  9. 第3章 オブザーバを用いた離散時間積分型サーボ系の設計 / p15 (0020.jp2)
  10. 3.1 まえがき / p15 (0020.jp2)
  11. 3.2 状態フィードバックを用いた設計法 / p16 (0021.jp2)
  12. 3.3 オブザーバを用いる設計法 / p22 (0027.jp2)
  13. 3.4 数値例 / p29 (0034.jp2)
  14. 3.5 むすび / p44 (0049.jp2)
  15. 第4章 積分動作を含む二重既約分解表現 / p48 (0053.jp2)
  16. 4.1 まえがき / p48 (0053.jp2)
  17. 4.2 二重既約分解表現の状態空間表現 / p49 (0054.jp2)
  18. 4.3 フィードバック特性 / p58 (0063.jp2)
  19. 4.4 最小位相に対するループ伝達関数回復法 / p67 (0072.jp2)
  20. 4.5 数値例 / p69 (0074.jp2)
  21. 4.6 非最小位相に対するループ伝達関数回復法 / p88 (0093.jp2)
  22. 4.7 部分的ループ伝達関数回復 / p101 (0106.jp2)
  23. 4.8 数値例 / p103 (0108.jp2)
  24. 4.9 むすび / p107 (0112.jp2)
  25. 第5章 1自由度離散時間積分型サーボ系 / p111 (0116.jp2)
  26. 5.1 まえがき / p111 (0116.jp2)
  27. 5.2 積分型コントローラのパラメトリゼーション / p111 (0116.jp2)
  28. 5.3 自由パラメータを用いるループ伝達関数回復法 / p115 (0120.jp2)
  29. 5.4 数値例 / p122 (0127.jp2)
  30. 5.5 むすび / p129 (0134.jp2)
  31. 第6章 2自由度離散時間積分型サーボ系 / p134 (0139.jp2)
  32. 6.1 まえがき / p134 (0139.jp2)
  33. 6.2 2自由度制御系の設計 / p135 (0140.jp2)
  34. 6.3 状態空間表現を用いるコントローラのパラメトリゼーション / p137 (0142.jp2)
  35. 6.4 自由パラメータを用いた目標値応答の指定 / p144 (0149.jp2)
  36. 6.5 数値例 / p147 (0152.jp2)
  37. 6.6 むすび / p159 (0164.jp2)
  38. 第7章 結言 / p162 (0167.jp2)
  39. 謝辞 / p164 (0169.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095594
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095820
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259908
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ