木造文化財建造物の腐朽と部位・環境条件の関係に関する研究 : 木造建築の耐久性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 勝又, 英明, 1955- カツマタ, ヒデアキ

書誌事項

タイトル

木造文化財建造物の腐朽と部位・環境条件の関係に関する研究 : 木造建築の耐久性に関する研究

著者名

勝又, 英明, 1955-

著者別名

カツマタ, ヒデアキ

学位授与大学

武蔵工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第30号

学位授与年月日

1993-03-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / (0013.jp2)
  3. 第1章 緒論 / 1-1 / (0017.jp2)
  4. 1-1 研究目的 / 1-2 / (0018.jp2)
  5. 1-2 研究概要 / 1-4 / (0020.jp2)
  6. 1-3 既往の研究と本研究の位置付け / 1-5 / (0021.jp2)
  7. 参考文献 / 1-12 / (0028.jp2)
  8. 第2章 木造文化財建造物の修理工事間隔について / 2-1 / (0030.jp2)
  9. 2-1 研究目的 / 2-2 / (0031.jp2)
  10. 2-2 研究方法 / 2-3 / (0032.jp2)
  11. 2-3 修理工事の概要 / 2-7 / (0036.jp2)
  12. 2-4 修理工事間隔 / 2-19 / (0048.jp2)
  13. 2-5 屋根葺替工事と屋根葺材 / 2-26 / (0055.jp2)
  14. 2-6 塔の屋根葺替工事と屋根下地材 / 2-34 / (0063.jp2)
  15. 2-7 主な塔の修理工事間隔の比較 / 2-39 / (0068.jp2)
  16. 2-8 他の調査結果との比較 / 2-40 / (0069.jp2)
  17. 2-9 本章のまとめ / 2-42 / (0071.jp2)
  18. 注 / 2-43 / (0072.jp2)
  19. 参考文献 / 2-48 / (0077.jp2)
  20. 第3章 木造文化財建造物の修理部位の分布 / 3-1 / (0079.jp2)
  21. 3-1 研究目的 / 3-2 / (0080.jp2)
  22. 3-2 報告書の記述による塔の部位別破損状況 / 3-2 / (0080.jp2)
  23. 3-3 部材の後補材分布比率の分布 / 3-9 / (0087.jp2)
  24. 3-4 本章のまとめ / 3-15 / (0093.jp2)
  25. 注 / 3-15 / (0093.jp2)
  26. 参考文献 / 3-15 / (0093.jp2)
  27. 第4章 塔の棰の後補材比率と部位の関係 / 4-1 / (0095.jp2)
  28. 4-1 研究目的 / 4-2 / (0096.jp2)
  29. 4-2 研究方法 / 4-2 / (0096.jp2)
  30. 4-3 塔別の後補材比率の概要 / 4-8 / (0102.jp2)
  31. 4-4 層別の後補材比率 / 4-12 / (0106.jp2)
  32. 4-5 上下別の後補材比率 / 4-18 / (0112.jp2)
  33. 4-6 方位別の後補材比率 / 4-24 / (0118.jp2)
  34. 4-7 方位5分割の後補材比率 / 4-30 / (0124.jp2)
  35. 4-8 材種、塗装、屋根勾配と後補材比率 / 4-36 / (0130.jp2)
  36. 4-9 本章のまとめ / 4-42 / (0136.jp2)
  37. 注 / 4-43 / (0137.jp2)
  38. 第5章 地域条件と塔の耐久性 / 5-1 / (0139.jp2)
  39. 5-1 研究目的 / 5-2 / (0140.jp2)
  40. 5-2 研究方法 / 5-4 / (0142.jp2)
  41. 5-3 後補材比率の概要 / 5-16 / (0154.jp2)
  42. 5-4 後補材比率の分布 / 5-25 / (0163.jp2)
  43. 5-5 卓越風向と後補材比率 / 5-28 / (0166.jp2)
  44. 5-6 開放の方位と後補材比率 / 5-36 / (0174.jp2)
  45. 5-7 塔の正面性と後補材比率 / 5-39 / (0177.jp2)
  46. 5-8 本章のまとめ / 5-40 / (0178.jp2)
  47. 注 / 5-41 / (0179.jp2)
  48. 参考文献 / 5-42 / (0180.jp2)
  49. 第6章 結論 / 6-1 / (0182.jp2)
  50. 6-1 本論文の結論 / 6-2 / (0183.jp2)
  51. 6-2 今後の研究課題 / 6-4 / (0185.jp2)
  52. 資料 / 7-1 / (0187.jp2)
  53. 発表研究論文 / 7-26 / (0212.jp2)
  54. 引用文献および参考資料 / 7-31 / (0217.jp2)
  55. 謝辞 / 7-35 / (0221.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095636
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095862
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259950
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ