強誘電体超微粒子のサイズ効果とPZT圧電アクチュエータの低ヒステリシス化

この論文をさがす

著者

    • 岡田, 長也 オカダ, ナガヤ

書誌事項

タイトル

強誘電体超微粒子のサイズ効果とPZT圧電アクチュエータの低ヒステリシス化

著者名

岡田, 長也

著者別名

オカダ, ナガヤ

学位授与大学

静岡大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第79号

学位授与年月日

1993-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 サイズ効果 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 強誘電体超微粒子 / p5 (0007.jp2)
  6. 1.4 圧電アクチュエータ / p6 (0008.jp2)
  7. 1.5 本論文の目的 / p9 (0009.jp2)
  8. 第1章の参考文献 / p10 (0010.jp2)
  9. 第2章 結晶化温度のサイズ効果 / p12 (0011.jp2)
  10. 2.1 はじめに / p12 (0011.jp2)
  11. 2.2 微粒子作製 / p12 (0011.jp2)
  12. 2.3 TEMによる微粒子の観察 / p17 (0013.jp2)
  13. 2.4 X線による粒径の決定 / p22 (0016.jp2)
  14. 2.5 結晶化温度のサイズ効果 / p27 (0018.jp2)
  15. 2.6 まとめ / p30 (0020.jp2)
  16. 第2章の参考文献 / p30 (0020.jp2)
  17. 第3章 構造相転移のサイズ効果 / p32 (0021.jp2)
  18. 3.1 はじめに / p32 (0021.jp2)
  19. 3.2 ラマン散乱の原理と実験装置 / p33 (0021.jp2)
  20. 3.3 温度による相転移 / p42 (0026.jp2)
  21. 3.4 圧力による相転移 / p50 (0030.jp2)
  22. 3.5 構造相転移のサイズ効果 / p54 (0032.jp2)
  23. 3.6 まとめ / p56 (0033.jp2)
  24. 第3章の参考文献 / p56 (0033.jp2)
  25. 第4章 圧電アクチュエータへの応用 / p58 (0034.jp2)
  26. 4.1 はじめに / p58 (0034.jp2)
  27. 4.2 PZT微粒子作製 / p63 (0036.jp2)
  28. 4.3 圧電アクチュエータの製作 / p67 (0038.jp2)
  29. 4.4 微粒子圧電アクチュエータの特性 / p74 (0042.jp2)
  30. 4.5 強誘電的分域構造のサイズ効果 / p83 (0046.jp2)
  31. 4.6 まとめ / p89 (0049.jp2)
  32. 第4章の参考文献 / p90 (0050.jp2)
  33. 第5章 総括 / p92 (0051.jp2)
  34. 謝辞 / p94 (0052.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095662
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095888
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000259976
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ