メカニカル・アロイングによる非固溶系Cu-Taのアモルファス相生成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 忠孝 イー, チュンヒョウ

書誌事項

タイトル

メカニカル・アロイングによる非固溶系Cu-Taのアモルファス相生成に関する研究

著者名

李, 忠孝

著者別名

イー, チュンヒョウ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2773号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 メカニカル・アロイング法 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 メカニカル・アロイングによるアモルファス相形成の熱力学 / p2 (0009.jp2)
  5. 1.3 アモルファス相形成と状態図 / p9 (0016.jp2)
  6. 1.4 本研究の目的 / p12 (0019.jp2)
  7. 参考文献 / p13 (0020.jp2)
  8. 第2章 実験方法と測定原理 / p15 (0022.jp2)
  9. 2.1 ボール・ミル装置 / p15 (0022.jp2)
  10. 2.2 試料の作製法 / p17 (0024.jp2)
  11. 2.3 熱分析 / p17 (0024.jp2)
  12. 2.4 構造解析 / p21 (0028.jp2)
  13. 2.5 電子物性 / p27 (0034.jp2)
  14. 2.6 組織観察および組成分析 / p29 (0036.jp2)
  15. 2.7 密度 / p30 (0037.jp2)
  16. 参考文献 / p30 (0037.jp2)
  17. 第3章 非固溶系Cu-TaにおけるMA効果 / p32 (0039.jp2)
  18. 3.1 はじめに / p32 (0039.jp2)
  19. 3.2 Cu-Ta系の混合のエンタルピーと状態図 / p32 (0039.jp2)
  20. 3.3 組織と結晶粒の微細化 / p34 (0041.jp2)
  21. 3.4 アモルファス相形成に関する熱力学的評価 / p37 (0044.jp2)
  22. 3.5 構造解析 / p40 (0047.jp2)
  23. 3.6 電子物性の解析 / p46 (0053.jp2)
  24. 3.7 まとめ / p51 (0058.jp2)
  25. 参考文献 / p52 (0059.jp2)
  26. 第4章 固溶系Ni-TaにおけるMA効果と非固溶系Cu-Taとの比較 / p53 (0060.jp2)
  27. 4.1 はじめに / p53 (0060.jp2)
  28. 4.2 MAによるNi-Taアモルファス相の生成過程 / p53 (0060.jp2)
  29. 4.3 Ni-Ta及びCu-Taアモルファス相の原子構造の比較 / p57 (0064.jp2)
  30. 4.4 まとめ / p62 (0069.jp2)
  31. 参考文献 / p63 (0070.jp2)
  32. 第5章 Cu-Taアモルファス相の生成過程に及ぼす環境温度効果 / p64 (0071.jp2)
  33. 5.1 はじめに / p64 (0071.jp2)
  34. 5.2 固溶系Ni-Zrにおける環境温度効果 / p65 (0072.jp2)
  35. 5.3 非固溶系Cu-Taにおける環境温度効果 / p70 (0077.jp2)
  36. 5.4 まとめ / p78 (0085.jp2)
  37. 参考文献 / p79 (0086.jp2)
  38. 第6章 金属間化合物NiZr₂におけるMG効果 / p80 (0087.jp2)
  39. 6.1 はじめに / p80 (0087.jp2)
  40. 6.2 MGによるアモルファス化 / p80 (0087.jp2)
  41. 6.3 結晶化に伴う活性化エネルギー / p86 (0093.jp2)
  42. 6.4 MGにおける環境温度効果 / p88 (0095.jp2)
  43. 6.5 まとめ / p91 (0098.jp2)
  44. 参考文献 / p91 (0098.jp2)
  45. 第7章 MA過程におけるオーバー・ミリング効果 / p93 (0100.jp2)
  46. 7.1 はじめに / p93 (0100.jp2)
  47. 7.2 MAによる固溶系Ni-Zrのアモルファス化 / p93 (0100.jp2)
  48. 7.3 Ni-Zr系におけるオーバー・ミリング効果 / p95 (0102.jp2)
  49. 7.4 まとめ / p103 (0110.jp2)
  50. 参考文献 / p103 (0110.jp2)
  51. 第8章 結論 / p104 (0111.jp2)
  52. ・付録 / p107 (0114.jp2)
  53. 1. Miedemaの巨大原子モデル / p107 (0114.jp2)
  54. 2.アモルファス相の形成エンタルピーと形成自由エネルギー / p110 (0117.jp2)
  55. 参考文献 / p112 (0119.jp2)
  56. ・謝辞 / p113 (0120.jp2)
  57. ・本研究に関する発表論文及び研究発表 / p114 (0121.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095758
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000095984
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260072
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ