マウス胚操作技術の遺伝育種学ならびに発生学研究への応用

この論文をさがす

著者

    • 吉木, 淳 ヨシキ, アツシ

書誌事項

タイトル

マウス胚操作技術の遺伝育種学ならびに発生学研究への応用

著者名

吉木, 淳

著者別名

ヨシキ, アツシ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第2794号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(農学) (課程) 学位授与年月日:平成5年3月25日 副論文・参考論文はPDFに含まれていません。

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第I章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.マウス胚操作技術の歴史 / p2 (0009.jp2)
  4. 2.胚凍結保存とキメラマウス / p5 (0012.jp2)
  5. 3.本研究の目的と論文構成 / p7 (0014.jp2)
  6. 第II章 凍結マウス初期胚による系統及び突然変異遺伝子保存 / p8 (0015.jp2)
  7. 1.緒論 / p9 (0016.jp2)
  8. 2.材料と方法 / p11 (0018.jp2)
  9. 3.結果 / p16 (0023.jp2)
  10. 4.考察 / p19 (0026.jp2)
  11. 5.要約 / p21 (0028.jp2)
  12. 付表 / p23 (0030.jp2)
  13. 第III章 キメラマウスの免疫組織学的解析法の検討 / p29 (0036.jp2)
  14. 1.緒論 / p30 (0037.jp2)
  15. 2.材料と方法 / p32 (0039.jp2)
  16. 3.結果 / p36 (0043.jp2)
  17. 4.考察 / p38 (0045.jp2)
  18. 5.要約 / p41 (0048.jp2)
  19. 付表 / p42 (0049.jp2)
  20. 付図 / p45 (0052.jp2)
  21. 第IV章 キメラマウスを用いた小眼症遺伝子(Elo)の発生遺伝学的解析 / p48 (0055.jp2)
  22. 1.緒論 / p49 (0056.jp2)
  23. 2.材料と方法 / p51 (0058.jp2)
  24. 3.結果 / p53 (0060.jp2)
  25. 4.考察 / p57 (0064.jp2)
  26. 5.要約 / p61 (0068.jp2)
  27. 付表 / p62 (0069.jp2)
  28. 付図 / p66 (0073.jp2)
  29. 第V章 キメラマウスを用いた、ラボラトリーマウス系統と野生マウス系統間交配における雄性不妊要因の解析 / p72 (0079.jp2)
  30. 1.緒論 / p73 (0080.jp2)
  31. 2.材料と方法 / p75 (0082.jp2)
  32. 3.結果 / p78 (0085.jp2)
  33. 4.考察 / p84 (0091.jp2)
  34. 5.要約 / p88 (0095.jp2)
  35. 付表 / p90 (0097.jp2)
  36. 付図 / p92 (0099.jp2)
  37. 第VI章 総合論議 / p98 (0105.jp2)
  38. 1.凍結保存胚とキメラマウス実験系の普及 / p99 (0106.jp2)
  39. 2.キメラ研究の意義 / p101 (0108.jp2)
  40. 3.集合キメラマウスを用いた応用的研究 / p102 (0109.jp2)
  41. 4.外来遺伝子導入による細胞標識の試み / p104 (0111.jp2)
  42. 5.キメラマウスを用いた研究の今後の課題 / p106 (0113.jp2)
  43. 第VII章 総合要約 / p108 (0115.jp2)
  44. 謝辞 / p114 (0121.jp2)
  45. 引用文献 / p115 (0122.jp2)
  46. IMMUNOHISTOCHEMICAL DETECTION OF DNA REPLICATION IN MOUSE UTERINE CELLS BY BROMODEOXYURIDINE LABELING OF WAX-AND RESIN-EMBEDDED TISSUE SECTIONS / p139 (0192.jp2)
  47. DNA Replication in Uterine Cells of Adult and Prepubertal Mice Under Normal and Hormonally Stimulated Conditions Detected by Bromodeoxyuridine Labeling Method / p183 (0198.jp2)
  48. Strain Specific Sensitivity to Diethylnitrosamine-induced Carcinogenesis Is Maintained in Hepatocytes of C3H/HeN↔C57BL/6N Chimeric Mice¹ / p3257 (0203.jp2)
  49. Expression of c-kit, a proto-oncogene of the murine Wlocus,in cerebella of normal and neurological mutant mice:Immunohistochemical and in situ hybridization analysis / p121 (0207.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095779
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096005
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000260093
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ