生物活性ピロリチジンアルカロイドの合成と反応性

この論文をさがす

著者

    • 小川, 武 オガワ, タケシ

書誌事項

タイトル

生物活性ピロリチジンアルカロイドの合成と反応性

著者名

小川, 武

著者別名

オガワ, タケシ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第2831号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 抗腫瘍性ピロリチジンアルカロイド、インジシンN-オキシド合成 / p9 (0014.jp2)
  4. 2-1 合成研究の概要 / p9 (0014.jp2)
  5. 2-2 光学活性インジシンN-オキシド(13)の合成 / p14 (0019.jp2)
  6. 第3章 発癌性ピロリチジンアルカロイド、モノクロタリンの合成およびヌクレオシドに対する反応 / p20 (0025.jp2)
  7. 3-1 光学活性モノクロタリン(6)の合成 / p20 (0025.jp2)
  8. 3-2 デヒドロモノクロタリン(18)とヌクレオシドとの反応 / p35 (0040.jp2)
  9. 第4章 結論 / p48 (0053.jp2)
  10. 第5章 実験の部 / p51 (0056.jp2)
  11. 一般操作 / p51 (0056.jp2)
  12. 第2章 2-2の実験 / p57 (0062.jp2)
  13. 第3章 3-1-2の実験 / p76 (0081.jp2)
  14. 第3章 3-1-3の実験 / p96 (0101.jp2)
  15. 第3章 3-2-2の実験 / p104 (0109.jp2)
  16. 文献 / p117 (0122.jp2)
  17. 謝辞 / p122 (0127.jp2)
  18. 論文リスト / p123 (0128.jp2)
  19. AN EFFICIENT ENANTIOSELECTIVE SYNTHESIS OF (+)-INDICINE N-OXIDE, AN ANTITUMOR PYRROLIZIDINE ALKALOID / p4985 (0131.jp2)
  20. Alkylatlon of Nucleosides by Dehydromonocrotaline,the Putative Toxic Metabolite of the Carcinogenic Pyrrolizidine Alkaloid Monocrotaline / p927 (0133.jp2)
  21. Total Synthesis of Optically Active Monocrotaline,a Carcinogenic Pyrrolizidine Alkaloid Possessing an Eleven-Membered Retronecine Dilactone / p10531 (0137.jp2)
  22. An Efficient Enantioselective Synthesis of Indicine N-Oxide,an Antitumor Pyrrolizidine Alkaloid / p1 (0155.jp2)
  23. Stereoselective Synthesis of (-)-Trachelanthic Acid and (+)-Viridifloric Acid, Necic Acid Components of Pyrrolizidine Alkaloids from a Common Intermediate / p3707 (0164.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095816
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096042
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260130
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ