カイコ脳ホルモン、ボンビキシンの分泌動態に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 三枝, 弘尚 サエグサ, ヒロナオ

書誌事項

タイトル

カイコ脳ホルモン、ボンビキシンの分泌動態に関する研究

著者名

三枝, 弘尚

著者別名

サエグサ, ヒロナオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第2832号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:博士(理学) (課程) 学位授与年月日:平成5年3月25日 副論文はPDFに含まれていません。

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 1.要約 / p4 (0007.jp2)
  3. 2.序論 / p6 (0009.jp2)
  4. 3.材料と方法 / p8 (0011.jp2)
  5. 3-1.実験動物 / p8 (0011.jp2)
  6. 3-2.カイコ血液の採取法および前処理 / p8 (0011.jp2)
  7. 3-3.ボンビキシンの生物検定法 / p9 (0012.jp2)
  8. 3-4.ホルモン / p9 (0012.jp2)
  9. 3-5.抗体 / p10 (0013.jp2)
  10. 3-6.免疫沈降 / p11 (0014.jp2)
  11. 3-7.イムノブロッティング / p11 (0014.jp2)
  12. 3-8.ボンビキシンのボンビキシンII抗体への結合 / p12 (0015.jp2)
  13. 3-9.ボンビキシンIIのヨウ素標識 / p13 (0016.jp2)
  14. 3-10.ボンビキシンのRIA / p14 (0017.jp2)
  15. 3-11.PVDF膜からの8K-IRMの抽出 / p14 (0017.jp2)
  16. 3-12.リシルエンドペプチダーゼによる8K-IRMの消化 / p15 (0018.jp2)
  17. 4.結果 / p16 (0019.jp2)
  18. 4-1.ボンビキシンII抗体の性質の吟味 / p16 (0019.jp2)
  19. 4-2.ボンビキシンRIAの開発 / p17 (0020.jp2)
  20. 4-3.カイコの発生に伴う血中ボンビキシン様免疫反応性物質の濃度の変動 / p18 (0021.jp2)
  21. 4-4.RIAと生物検定の比較 / p19 (0022.jp2)
  22. 4-5.カイコ血中に存在するボンビキシンII抗体反応性物質のイムノブロッティングによる検出 / p19 (0022.jp2)
  23. 4-6.8K-IRMの性質の吟味 / p20 (0023.jp2)
  24. 5.考察 / p22 (0025.jp2)
  25. 5-1.カイコ脳内に存在するボンビキシンII抗体の認識する成分 / p22 (0025.jp2)
  26. 5-2.発生に伴うボンビキシンの分泌動態 / p24 (0027.jp2)
  27. 5-3.カイロ血中に存在する8K-IRMの性質 / p25 (0028.jp2)
  28. 5-4.ボンビキシンおよび8K-IRMの機能 / p27 (0030.jp2)
  29. 6.謝辞 / p31 (0034.jp2)
  30. 7.引用文献 / p32 (0035.jp2)
  31. 8.図の説明 / p39 (0042.jp2)
  32. 9.図 / p42 (0045.jp2)
  33. 10.表 / p50 (0053.jp2)
  34. Changes in the Titer of Bombyxin-Immunoreactive Material in Hemolymph during the Postembryonic Development of the Silkmoth Bombyx mori / p595 (0056.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000095817
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096043
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000260131
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ