北村透谷研究 : 「楚囚之詩」・「蓬莱曲」・「宿魂鏡」を中心に

この論文をさがす

著者

    • 李, 淙煥 イ, ジョンファン

書誌事項

タイトル

北村透谷研究 : 「楚囚之詩」・「蓬莱曲」・「宿魂鏡」を中心に

著者名

李, 淙煥

著者別名

イ, ジョンファン

学位授与大学

中央大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第45号

学位授与年月日

1993-03-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序説:透谷の生涯と文学 / p1 (0006.jp2)
  3. 第一章 幼少年時代 / p1 (0006.jp2)
  4. 第二章 「政治から文学へ」 / p3 (0008.jp2)
  5. 第三章 文学史的に / p10 (0015.jp2)
  6. 第四章 「厭世詩家と女性」論 / p28 (0033.jp2)
  7. 序論 / p28 (0033.jp2)
  8. 第一節 「厭世詩家」 / p29 (0034.jp2)
  9. 第二節 「厭世詩家」における「恋愛」 / p33 (0038.jp2)
  10. 第三節 「厭世詩家」における結婚 / p35 (0040.jp2)
  11. 第四節 エマソンの「愛」の受容 / p39 (0044.jp2)
  12. 第五節 「厭世詩家と女性」のモチーフ / p49 (0054.jp2)
  13. 結論:明治二十年代における透谷の恋愛観の位置 / p54 (0059.jp2)
  14. 第五章 「国府津時代」 / p60 (0065.jp2)
  15. 第六章 本論文の研究目的及び方法:序説から本編への展開 / p70 (0075.jp2)
  16. 本編 / p73 (0078.jp2)
  17. 第一部 「楚囚之詩」に現れた恋愛観 / p73 (0078.jp2)
  18. 序論 / p73 (0078.jp2)
  19. 第一章 透谷とミナとの恋愛 / p75 (0080.jp2)
  20. 第二章 『楚囚之詩』について / p89 (0094.jp2)
  21. 第一節 「楚囚之詩」の輪郭 / p89 (0094.jp2)
  22. 第二節 近代詩としての「楚囚之詩」の形式と内容 / p89 (0094.jp2)
  23. 第三節 発想の問題をめぐって / p94 (0099.jp2)
  24. 第三章 「楚囚之詩」に現われた恋愛観 / p103 (0108.jp2)
  25. 第一節 情熱的な恋愛 / p105 (0110.jp2)
  26. 第二節 愛情の根本として / p107 (0112.jp2)
  27. 第三節 憧憬の対象として / p108 (0113.jp2)
  28. 第四節 神の恵みとして / p110 (0115.jp2)
  29. 結論 / p112 (0117.jp2)
  30. 第二部 「蓬莱曲」論‐「神女」を中心に‐ / p118 (0123.jp2)
  31. 序論 / p118 (0123.jp2)
  32. 第一章 「神女」について / p120 (0125.jp2)
  33. 第二章 「神女」の典拠について / p123 (0128.jp2)
  34. 第三章 「蓬莱曲」と『万葉集』の巨勢朝臣宿奈麻呂家の宴歌(六-1016)との関係 / p132 (0137.jp2)
  35. 第四章 素雄の「蓬莱山」登頂について / p138 (0143.jp2)
  36. 結論 / p142 (0147.jp2)
  37. 第三部 「宿魂鏡」論‐「幻鏡」を中心に‐ / p151 (0156.jp2)
  38. 序論 / p151 (0156.jp2)
  39. 第一章 「幻鏡」について / p154 (0159.jp2)
  40. 第二章 「幽居」と「幻界」との類似性 / p159 (0164.jp2)
  41. 第三章 「幻鏡」と「伏姫の鏡像」を映している「鏡」(「池」)との類似性 / p168 (0173.jp2)
  42. 結論 / p176 (0181.jp2)
  43. 補助編 / p189 (0194.jp2)
  44. 第一部 透谷における江戸文芸の恋愛観‐「『伽羅枕』及び『新葉末集』」を中心に‐ / p189 (0194.jp2)
  45. 序論 / p189 (0194.jp2)
  46. 第一章 『伽羅枕』について / p191 (0196.jp2)
  47. 第二章 『新葉末集』について / p197 (0202.jp2)
  48. 第三章 「粋」と「侠」に対する批判 / p200 (0205.jp2)
  49. 第四章 「『歌念仏』を読みて」について / p203 (0208.jp2)
  50. 第五章 「他界に対する観念」について / p208 (0213.jp2)
  51. 結論:「明治文学管見」から「内部生命論」ヘ / p213 (0218.jp2)
  52. 第二部 「徳川氏時代の平民的理想」を読む‐「粋」と「侠」を中心に‐ / p220 (0225.jp2)
  53. 序論 / p220 (0225.jp2)
  54. 第一章 「平民的理想」の生成について / p222 (0227.jp2)
  55. 第二章 「平民的虚無思想」について / p225 (0230.jp2)
  56. 第三章 「粋」と「侠」について / p229 (0234.jp2)
  57. 結論 / p231 (0236.jp2)
  58. 終結 / p236 (0241.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096032
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096258
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260346
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ