乳酸脱水素酵素の冷凍変性と冷凍変性抑制機構の解明

この論文をさがす

著者

    • 脊黒, 勝也 セグロ, カツヤ

書誌事項

タイトル

乳酸脱水素酵素の冷凍変性と冷凍変性抑制機構の解明

著者名

脊黒, 勝也

著者別名

セグロ, カツヤ

学位授与大学

上智大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

乙第85号

学位授与年月日

1993-03-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1-1 タンパク質の構造 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-2 酵素の有用性 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-3 酵素の保存法 / p2 (0008.jp2)
  6. 1-4 酵素の冷凍保存 / p3 (0008.jp2)
  7. 1-5 酵素の冷凍変性抑制 / p4 (0009.jp2)
  8. 1-6 乳酸脱水素酵素(LDH)について / p5 (0009.jp2)
  9. 1-7 LDHの変性 / p6 (0010.jp2)
  10. 1-8 研究の目的 / p8 (0011.jp2)
  11. 2 材料及び実験法 / p9 (0011.jp2)
  12. 2-1 材料 / p9 (0011.jp2)
  13. 2-2 実験法 / p10 (0012.jp2)
  14. 2-3 測定法 / p11 (0012.jp2)
  15. 3 LDHの化学修飾と冷凍変性 / p19 (0016.jp2)
  16. 3-1 冷凍変性以外の変性要囚に関する予備検討 / p19 (0016.jp2)
  17. 3-2 LDHの化学修飾 / p28 (0021.jp2)
  18. 3-3 アミジン化の反応条件検討 / p29 (0021.jp2)
  19. 3-4 化学修飾の影響 / p35 (0024.jp2)
  20. 3-5 LDHの熱安定性に対する効果 / p41 (0027.jp2)
  21. 3-6 LDHの冷凍安定性に対する効果 / p49 (0031.jp2)
  22. 3-7 考察 / p51 (0032.jp2)
  23. 4 LDHの冷凍変性に対する変性抑制剤の効果に関する検討 / p54 (0034.jp2)
  24. 4-1 L体、D体、DL体Glu / p54 (0034.jp2)
  25. 4-2 高次構造変化 / p60 (0037.jp2)
  26. 4-3 天然アミノ酸 / p77 (0045.jp2)
  27. 4-4 非天然アミノ酸 / p116 (0065.jp2)
  28. 5 基本構造の影響 / p136 (0075.jp2)
  29. 5-1 Alaを基本構造とした場合 / p136 (0075.jp2)
  30. 5-2 2-ABAを基本構造とした場合 / p138 (0076.jp2)
  31. 5-3 Nvaを基本構造とした場合 / p140 (0077.jp2)
  32. 5-4 環状アミノ酸 / p143 (0078.jp2)
  33. 6 等電点の異なるタンパク質に対する冷凍変性抑制剤の彫響 / p153 (0083.jp2)
  34. 6-1 DNaseI / p153 (0083.jp2)
  35. 6-2 PGK / p162 (0088.jp2)
  36. 6-3 Lysozyme / p170 (0092.jp2)
  37. 6-4 考察 / p178 (0096.jp2)
  38. 7 総合考察 / p181 (0097.jp2)
  39. 8 文献 / p200 (0107.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096057
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096283
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260371
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ