Histologic studies in percutaneous transluminal coronary angioplasty for chronic total occlusion : comparison of tapering and abrupt types of occlusion and short and long occluded segments 慢性冠閉塞に対する経皮的冠動脈形成術の組織学的背景、tapering型とabrupt型および閉塞部の長いものと短いものの比較

この論文をさがす

著者

    • 桂川, 正幸 カツラガワ, マサユキ

書誌事項

タイトル

Histologic studies in percutaneous transluminal coronary angioplasty for chronic total occlusion : comparison of tapering and abrupt types of occlusion and short and long occluded segments

タイトル別名

慢性冠閉塞に対する経皮的冠動脈形成術の組織学的背景、tapering型とabrupt型および閉塞部の長いものと短いものの比較

著者名

桂川, 正幸

著者別名

カツラガワ, マサユキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5445号

学位授与年月日

1993-05-24

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096160
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096386
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260474
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ