窒素酸化物及びハロゲン化合物の接触分解除去に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 宇根 リ, ウクン

書誌事項

タイトル

窒素酸化物及びハロゲン化合物の接触分解除去に関する研究

著者名

李, 宇根

著者別名

リ, ウクン

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5457号

学位授与年月日

1993-05-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 窒素酸化物、ダイオキシン類やフロンの除去方法 / p10 (0012.jp2)
  6. 1.3 研究の目的と構成 / p16 (0015.jp2)
  7. 参考文献 / p18 (0016.jp2)
  8. 2.窒素酸化物の除去実験 / p22 (0018.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p22 (0018.jp2)
  10. 2.2 分解反応機構 / p22 (0018.jp2)
  11. 2.3 除去実験 / p22 (0018.jp2)
  12. 2.4 実験結果および考察 / p29 (0021.jp2)
  13. 2.5 結論 / p38 (0026.jp2)
  14. 参考文献 / p39 (0026.jp2)
  15. 3.モノクロロベンゼンとオルトクロロフェノールの除去実験 / p41 (0027.jp2)
  16. 3.1 はじめに / p41 (0027.jp2)
  17. 3.2 分解メカニズム / p41 (0027.jp2)
  18. 3.3 モノクロロベンゼンの除去 / p43 (0028.jp2)
  19. 3.4 オルトクロロフェノールの除去 / p55 (0034.jp2)
  20. 3.5 結論 / p63 (0038.jp2)
  21. 参考文献 / p66 (0040.jp2)
  22. 4.窒素酸化物とモノクロロベンゼンおよび窒素酸化物とオルトクロロフェノールの同時除去実験 / p69 (0041.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p69 (0041.jp2)
  24. 4.2 実験 / p69 (0041.jp2)
  25. 4.3 結果および考察 / p73 (0043.jp2)
  26. 4.4 結論 / p88 (0051.jp2)
  27. 参考文献 / p90 (0052.jp2)
  28. 5.フロンの分解 / p92 (0053.jp2)
  29. 5.1 はじめに / p92 (0053.jp2)
  30. 5.2 吸・脱着実験 / p92 (0053.jp2)
  31. 5.3 分解実験 / p103 (0058.jp2)
  32. 5.4 結論 / p112 (0063.jp2)
  33. 参考文献 / p120 (0067.jp2)
  34. 6.結論 / p122 (0068.jp2)
  35. 6.1 本論文の総括 / p122 (0068.jp2)
  36. 6.2 将来の展望 / p124 (0069.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096172
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096398
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260486
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ