生活様式の経済学

この論文をさがす

著者

    • 角田, 修一, 1948- カクタ, シュウイチ

書誌事項

タイトル

生活様式の経済学

著者名

角田, 修一, 1948-

著者別名

カクタ, シュウイチ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

乙第8206号

学位授与年月日

1993-05-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / 目次7 / (0006.jp2)
  3. はしがき / はしがき3 / (0004.jp2)
  4. 几例 / 凡例5 / (0005.jp2)
  5. 第I部 生活過程と「二種類の生産」 / (0010.jp2)
  6. 第1章 ヘーゲル生命論と初期マルクス / p16 (0011.jp2)
  7. はじめに / p16 (0011.jp2)
  8. 第1節 ヘーデル生命論と疎外・物象・矛盾・発達の論理 / p18 (0012.jp2)
  9. 第2節 初期マルクスにおける生命と疎外の論理 / p25 (0015.jp2)
  10. 1 概念把握の方法と「現実的本質」 / p25 (0015.jp2)
  11. 2 「類的本質」と人間的解放 / p26 (0016.jp2)
  12. 3 現実的人間の本質と「生命」の論理 / p29 (0017.jp2)
  13. 4 「疎外された労働」におけるの「生命」論理 / p31 (0018.jp2)
  14. 5 疎外と「疎外された物象」-「ミル評註」 / p35 (0020.jp2)
  15. 6 マルクスの生命と疎外の論理におけるヘーゲルとフォイエルバッハとの相違 / p37 (0021.jp2)
  16. 第2章 生活過程と生活手段 / p43 (0024.jp2)
  17. 第1節 生活過程と「二種類の生産」 / p43 (0024.jp2)
  18. 1 史的唯物論における「生活過程」 / p43 (0024.jp2)
  19. 2 『資本論』における「生活過程」と「生命再生産過程」 / p49 (0027.jp2)
  20. 3 「二種類の生産」の命題 / p52 (0029.jp2)
  21. 第2節 生産=生活様式と生活手段 / p59 (0032.jp2)
  22. 1 物質的生活の生産様式 / p59 (0032.jp2)
  23. 2 生活手段・労働者・生産手段のトリアーデ / p60 (0033.jp2)
  24. 第3章 生活様式の経済理論 / p73 (0039.jp2)
  25. はじめに / p73 (0039.jp2)
  26. 第1節 二重の生活過程と生活様式 / p74 (0040.jp2)
  27. 1 生産様式と生活様式の意味 / p74 (0040.jp2)
  28. 2 生活過程と富概念の二重性 / p75 (0040.jp2)
  29. 3 人間発達と「自由の領域」 / p78 (0042.jp2)
  30. 第2節 生活様式の経済学的対象規定の歴史 / p81 (0043.jp2)
  31. 1 経済学による生活様式の対象規定 / p81 (0043.jp2)
  32. 2 A.スミスにおける「人間の生産」 / p84 (0045.jp2)
  33. 3 J.ミルのいわゆる「四分法」における「生産と消費」 / p88 (0047.jp2)
  34. 4 K.マルクスの「四分法」批判と消費論 / p91 (0048.jp2)
  35. 第3節 生活様式の定義 / p95 (0050.jp2)
  36. 1 生活様式の定義をめぐって / p95 (0050.jp2)
  37. 2 労働概念と生産的労働およびサービス労働 / p99 (0052.jp2)
  38. 3 大河内一男氏の国民生活論と家庭経済論 / p101 (0053.jp2)
  39. 第II部 資本主義経済と生活様式 / (0055.jp2)
  40. 第4章 物象化・矛盾・人間発達-資本主義経済の基本性格- / p106 (0056.jp2)
  41. はじめに / p106 (0056.jp2)
  42. 第1節 物象化 / p109 (0057.jp2)
  43. 1 物象化,物化および疎外の相互関係 / p109 (0057.jp2)
  44. 2 『資本論』の物象化論 / p112 (0059.jp2)
  45. 3 ルカーチ「物象化」論の意味 / p114 (0060.jp2)
  46. 第2節 矛盾 / p117 (0061.jp2)
  47. 1 矛盾論と物象化論 / p117 (0061.jp2)
  48. 2 『資本論』における矛盾論 / p118 (0062.jp2)
  49. 3 アルチュセールとM.ゴドリエの矛盾概念 / p121 (0063.jp2)
  50. 第3節 人間発達 / p124 (0065.jp2)
  51. 1 人間疎外と発達の弁証法 / p124 (0065.jp2)
  52. 2 『資本論』における人間発達論 / p125 (0065.jp2)
  53. 第5章 資本主義経済の基本矛盾 / p130 (0068.jp2)
  54. はじめに / p130 (0068.jp2)
  55. 第1節 社会的生産について / p134 (0070.jp2)
  56. 第2節 資本主義的取得のとらえ方 / p144 (0075.jp2)
  57. 第3節 基本矛盾の意味内容 / p147 (0076.jp2)
  58. 1 マルクスとエンゲルス / p147 (0076.jp2)
  59. 2 レーニンの「基本矛盾」 / p149 (0077.jp2)
  60. 3 基本矛盾の意義 / p156 (0081.jp2)
  61. あとがき / p159 (0082.jp2)
  62. 第6章 生活手段の資本主義的形態とその廃棄 / p163 (0084.jp2)
  63. はじめに / p163 (0084.jp2)
  64. 第1節 生活手段の経済的形態規定 / p165 (0085.jp2)
  65. 1 生活手段の商品化 / p165 (0085.jp2)
  66. 2 生活手段の所有者としての資本家 / p166 (0086.jp2)
  67. 3 労働力価値の素材的要素としての生活手段。生活時間と生活欲求 / p167 (0086.jp2)
  68. 4 余剰価値生産と生活手段 / p168 (0087.jp2)
  69. 第2節 可変資本としての生活手段 / p170 (0088.jp2)
  70. 1 1861-63年草稿における「貨幣の資本への転化」 / p170 (0088.jp2)
  71. 2 再生産の一般的考察における生活手段の可変資本形態 / p174 (0090.jp2)
  72. 3 資本蓄積における生活手段の可変資本形態 / p178 (0092.jp2)
  73. 第3節 資本蓄積の歴史的傾向と生活手段の資本形態の廃棄 / p184 (0095.jp2)
  74. 1 生活手段の特殊歴史的形態 / p184 (0095.jp2)
  75. 2 生活手段にたいする個人的所有の再建 / p188 (0097.jp2)
  76. 第4節 生活手段の経済的規定の歴史 / p193 (0099.jp2)
  77. 1 スミス-リカード-ミル / p193 (0099.jp2)
  78. 2 ホジスキンとオウエンによる反対論 / p195 (0100.jp2)
  79. 3 ラムジ-J.S.ミル-ジョーンズ / p198 (0102.jp2)
  80. あとがき / p201 (0103.jp2)
  81. 第7章 資本主義的生活様式の基礎 / p203 (0104.jp2)
  82. 第1節 資本主義的生活様式の諸契機 / p203 (0104.jp2)
  83. 1 生活手段の商品形態による生活過程の包摂と市場化。いわば商品的生活様式 / p203 (0104.jp2)
  84. 2 賃労働にもとづく生活様式 / p205 (0105.jp2)
  85. 3 資本による営利対象としての生活過程の包摂 / p209 (0107.jp2)
  86. 4 資本主義に独自な共同生活様式としての都市的生活様式 / p211 (0108.jp2)
  87. 第2節 資本蓄積と生活様式 / p214 (0110.jp2)
  88. 1 資本主義的生活様式の矛盾 / p214 (0110.jp2)
  89. 2 背本蓄積と貧困 / p218 (0112.jp2)
  90. 第3節 マルクスにおける新しい生活様式への展望 / p220 (0113.jp2)
  91. 第III部 現代生活様式の批判 / (0114.jp2)
  92. 第8章 消費社会の経済学 / p224 (0115.jp2)
  93. 第1節 現代生活様式と消費社会論 / p224 (0115.jp2)
  94. 第2節 個性化・多様化を基調とする楽観論 / p225 (0115.jp2)
  95. 第3節 大衆消費の終焉論 / p229 (0117.jp2)
  96. 第4節 「分衆」論と「階層消費」論 / p231 (0118.jp2)
  97. 1 「分衆」論 / p231 (0118.jp2)
  98. 2 「階層消費」論 / p234 (0120.jp2)
  99. 第5節 大衆消費の擁護と批判 / p236 (0121.jp2)
  100. 1 「大衆消費」擁護論 / p236 (0121.jp2)
  101. 2 「大衆消費」批判論 / p237 (0121.jp2)
  102. 3 山崎正和氏「消費社会の美学」 / p239 (0122.jp2)
  103. 4 大衆消費社会と個人主義的消費様式 / p240 (0123.jp2)
  104. 第9章 フェミニズムと経済学 / p246 (0126.jp2)
  105. 第1節 はじめに-雇用労働と家事労働 / p246 (0126.jp2)
  106. 第2節 「男性による女性の支配」 / p248 (0127.jp2)
  107. 1 独自な家父長制概念による性支配の根拠づけ / p248 (0127.jp2)
  108. 2 マルクスとエンゲルスの家父長制諭 / p250 (0128.jp2)
  109. 第3節 近代フェミニズムとマルクス / p252 (0129.jp2)
  110. 1 近代フェミニズムの評価 / p252 (0129.jp2)
  111. 2 二種類の生産 / p255 (0130.jp2)
  112. 第4節 資本制・生計様式・性差別 / p258 (0132.jp2)
  113. 第5節 家事労働 / p262 (0134.jp2)
  114. 第10章 自然・環境・人間 / p266 (0136.jp2)
  115. 第1節 地球環境と生命再生産の危機 / p266 (0136.jp2)
  116. 1 地球環境の危機 / p266 (0136.jp2)
  117. 2 資源・開発・人口と「生命の再生産」 / p268 (0137.jp2)
  118. 3 「地球環境保全型生活様式」の提起 / p270 (0138.jp2)
  119. 第2節 現代生活様式の批判 / p273 (0139.jp2)
  120. 1 経済成長の限界論と資源・環境の計画的管理論 / p273 (0139.jp2)
  121. 2 I.イリイチの「convivial society」論 / p274 (0140.jp2)
  122. 3 A.トフラーの『第三の波』と新しい生活様式論 / p278 (0142.jp2)
  123. 第3節 自然・環境・人間 / p282 (0144.jp2)
  124. 1 自然・環境・人間 / p282 (0144.jp2)
  125. 2 A.シュミットの「自然概念」 / p285 (0145.jp2)
  126. 3 生活様式の概念へ / p286 (0146.jp2)
  127. あとがき / p291 (0148.jp2)
  128. 旧稿一覧 / p295 (0150.jp2)
  129. 素引 / p297 (0151.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096189
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953092
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260503
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ