微粉体の再飛散現象に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松坂, 修二 マツサカ, シュウジ

書誌事項

タイトル

微粉体の再飛散現象に関する研究

著者名

松坂, 修二

著者別名

マツサカ, シュウジ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第8232号

学位授与年月日

1993-05-24

注記・抄録

博士論文

新制・論文博士

乙第8232号

論工博第2722号

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 既往の研究 / p2 (0007.jp2)
  6. 1.3 本論文の目的と構成 / p5 (0008.jp2)
  7. 引用文献 / p8 (0010.jp2)
  8. 第2章 微粉体層からの粒子再飛散機構 / p12 (0012.jp2)
  9. 緒言 / p12 (0012.jp2)
  10. 2.1 凝集粒子の再飛散機構モデル / p12 (0012.jp2)
  11. 2.2 実験装置および方法 / p22 (0017.jp2)
  12. 2.3 実験結果および考察 / p24 (0018.jp2)
  13. 結言 / p34 (0023.jp2)
  14. 使用記号 / p34 (0023.jp2)
  15. 引用文献 / p36 (0024.jp2)
  16. 第3章 粒子再飛散に及ぼす温度の影響 / p38 (0025.jp2)
  17. 緒言 / p38 (0025.jp2)
  18. 3.1 実験装置および方法 / p38 (0025.jp2)
  19. 3.2 実験結果および考察 / p40 (0026.jp2)
  20. 結言 / p50 (0031.jp2)
  21. 使用記号 / p51 (0031.jp2)
  22. 引用文献 / p52 (0032.jp2)
  23. 第4章 付着強度分布を考慮した非定常再飛散モデル / p53 (0032.jp2)
  24. 緒言 / p53 (0032.jp2)
  25. 4.1 非定常再飛散モデル / p54 (0033.jp2)
  26. 4.2 実験装置および方法 / p65 (0038.jp2)
  27. 4.3 実験結果および考察 / p68 (0040.jp2)
  28. 結言 / p78 (0045.jp2)
  29. 使用記号 / p78 (0045.jp2)
  30. 引用文献 / p80 (0046.jp2)
  31. 第5章 粒子再飛散に及ぼす非定常流(加速流)の影響 / p81 (0046.jp2)
  32. 緒言 / p81 (0046.jp2)
  33. 5.1 非定常再飛散モデルによる気流加速時の数値計算 / p81 (0046.jp2)
  34. 5.2 実験装置および方法 / p88 (0050.jp2)
  35. 5.3 実験結果および考察 / p90 (0051.jp2)
  36. 結言 / p94 (0053.jp2)
  37. 使用記号 / p94 (0053.jp2)
  38. 引用文献 / p95 (0053.jp2)
  39. 第6章 微粒子の沈着・再飛散同時現象 / p96 (0054.jp2)
  40. 緒言 / p96 (0054.jp2)
  41. 6.1 実験装置および方法 / p96 (0054.jp2)
  42. 6.2 実験結果および考察 / p98 (0055.jp2)
  43. 結言 / p113 (0062.jp2)
  44. 使用記号 / p114 (0063.jp2)
  45. 引用文献 / p115 (0063.jp2)
  46. 第7章 固気二相流による再飛散の促進効果 / p116 (0064.jp2)
  47. 緒言 / p116 (0064.jp2)
  48. 7.1 実験装置および方法 / p116 (0064.jp2)
  49. 7.2 実験結果および考察 / p120 (0066.jp2)
  50. 結言 / p129 (0070.jp2)
  51. 使用記号 / p129 (0070.jp2)
  52. 引用文献 / p130 (0071.jp2)
  53. 第8章 飛散現象を利用した粉体特性の測定と評価 / p131 (0071.jp2)
  54. 緒言 / p131 (0071.jp2)
  55. 8.1 実験装置および方法 / p131 (0071.jp2)
  56. 8.2 実験結果および考察 / p135 (0073.jp2)
  57. 結言 / p153 (0082.jp2)
  58. 使用記号 / p153 (0082.jp2)
  59. 引用文献 / p154 (0083.jp2)
  60. 第9章 結論 / p155 (0083.jp2)
  61. 謝辞 / p160 (0086.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096215
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096441
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000260529
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ