旋回流空気輸送に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 李, 輝 リー, ホイ

書誌事項

タイトル

旋回流空気輸送に関する研究

著者名

李, 輝

著者別名

リー, ホイ

学位授与大学

九州工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第32号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. §1.1 緒言 / p1 (0008.jp2)
  4. §1.2 空気輸送の概説 / p2 (0009.jp2)
  5. §1.2.1 空気輸送技術の分類 / p2 (0009.jp2)
  6. §1.2.2 空気輸送技術の特徴 / p3 (0010.jp2)
  7. §1.3 従来の研究 / p4 (0011.jp2)
  8. §1.3.1 応用研究 / p5 (0012.jp2)
  9. §1.3.3 基礎研究 / p12 (0019.jp2)
  10. §1.4 本研究の特徴と意義 / p20 (0027.jp2)
  11. §1.5 本研究の範囲と方法 / p21 (0028.jp2)
  12. 第2章 円管内単相旋回流の流動特性の研究 / p23 (0031.jp2)
  13. §2.1 緒言 / p23 (0031.jp2)
  14. §2.2 実験装置及び方法 / p24 (0032.jp2)
  15. §2.3 スワール数の変化 / p25 (0033.jp2)
  16. §2.4 速度分布 / p28 (0036.jp2)
  17. §2.5 旋回流の圧力分布 / p31 (0039.jp2)
  18. §2.5.1 無次元流量平均動圧 / p31 (0039.jp2)
  19. §2.5.2 無次元流量平均静圧 / p33 (0041.jp2)
  20. §2.5.3 無次元流量平均全圧 / p35 (0043.jp2)
  21. §2.5.4 壁面の無次元静圧 / p35 (0043.jp2)
  22. §2.6 旋回流の圧力の減衰計算の手順 / p37 (0045.jp2)
  23. §2.7 結論 / p39 (0047.jp2)
  24. 第3章 水平管における旋回流空気輸送の研究 / p40 (0049.jp2)
  25. §3.1 緒言 / p40 (0049.jp2)
  26. §3.2 研究の背景 / p40 (0049.jp2)
  27. §3.3 実験装置と測定方法 / p42 (0051.jp2)
  28. §3.4 実験結果と考察 / p44 (0053.jp2)
  29. §3.4.1 全圧損失 / p44 (0053.jp2)
  30. §3.4.2 最小速度 / p55 (0064.jp2)
  31. §3.4.3 壁面静圧 / p58 (0067.jp2)
  32. §3.4.4 粒子の流動様式 / p58 (0067.jp2)
  33. §3.4.5 動力係数 / p64 (0073.jp2)
  34. §3.4.6 付加圧力損失係数 / p75 (0084.jp2)
  35. §3.5 結論 / p85 (0094.jp2)
  36. 第4章 水平管内固気二相旋回流の粒子速度と濃度分布に関する実験的研究 / p87 (0097.jp2)
  37. §4.1 緒言 / p87 (0097.jp2)
  38. §4.2 実験装置と測定方法 / p87 (0097.jp2)
  39. §4.3 実験結果と考察 / p90 (0100.jp2)
  40. §4.3.1 全圧損失 / p90 (0100.jp2)
  41. §4.3.2 粒子の流動状態 / p90 (0100.jp2)
  42. §4.3.3 管断面の平均粒子速度 / p93 (0103.jp2)
  43. §4.3.4 管断面の粒子の速度分布と濃度分布 / p101 (0111.jp2)
  44. §4.4 結論 / p119 (0129.jp2)
  45. 第5章 鉛直管に関する旋回流空気輸送の研究 / p121 (0132.jp2)
  46. §5.1 緒言 / p121 (0132.jp2)
  47. §5.2 研究の動機 / p121 (0132.jp2)
  48. §5.3 実験装置と測定方法 / p123 (0134.jp2)
  49. §5.4 実験結果と考察 / p125 (0136.jp2)
  50. §5.4.1 全圧損失 / p125 (0136.jp2)
  51. §5.4.2 閉そく速度 / p125 (0136.jp2)
  52. §5.4.3 最小速度 / p129 (0140.jp2)
  53. §5.4.4 壁面静圧 / p129 (0140.jp2)
  54. §5.4.5 粒子の流動様式 / p132 (0143.jp2)
  55. §5.4.6 動力係数 / p143 (0154.jp2)
  56. §5.4.7 付加圧力損失係数 / p143 (0154.jp2)
  57. §5.5 結論 / p159 (0170.jp2)
  58. 第6章 空気輸送の数値シミュレーション / p161 (0173.jp2)
  59. §6.1 緒言 / p161 (0173.jp2)
  60. §6.2 粒子運動の数値計算 / p161 (0173.jp2)
  61. §6.2.1 仮定 / p162 (0174.jp2)
  62. §6.2.2 粒子の運動方程式 / p162 (0174.jp2)
  63. §6.2.3 粒子と管壁の衝突のモデル / p164 (0176.jp2)
  64. §6.2.4 粒子間衝突のモデル / p166 (0178.jp2)
  65. §6.2.5 計算時間ステップ / p168 (0180.jp2)
  66. §6.3 気流の3次元数値計算 / p169 (0181.jp2)
  67. §6.3.1 気流の運動方程式 / p169 (0181.jp2)
  68. §6.3.2 粒子ソース項 / p171 (0183.jp2)
  69. §6.3.3 気流の運動方程式の離散化 / p172 (0184.jp2)
  70. §6.4 付加圧力損失 / p174 (0186.jp2)
  71. §6.5 計算結果 / p175 (0187.jp2)
  72. §6.5.1 粒子流動様式 / p175 (0187.jp2)
  73. §6.5.2 管断面の粒子速度分布と濃度分布 / p188 (0200.jp2)
  74. §6.5.3 平均粒子速度分布と濃度分布 / p205 (0217.jp2)
  75. §6.5.4 気流の速度分布 / p216 (0228.jp2)
  76. §6.5.5 付加圧力損失係数 / p224 (0236.jp2)
  77. §6.6 結論 / p224 (0236.jp2)
  78. 第7章 総括 / p225 (0238.jp2)
  79. 参考文献 / p230 (0244.jp2)
  80. 記号 / p234 (0249.jp2)
  81. 謝辞 / p236 (0251.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096248
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096474
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000260562
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ