鉄筋を緊張材として用いたプレキャストPC部材に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 出光, 隆 イデミツ, タカシ

書誌事項

タイトル

鉄筋を緊張材として用いたプレキャストPC部材に関する研究

著者名

出光, 隆

著者別名

イデミツ, タカシ

学位授与大学

九州工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5号

学位授与年月日

1993-01-13

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 コンクリート技術の現状と趨勢 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 低プレストレスを導入したプレキャストPC部材開発の必要性 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 研究目的 / p5 (0010.jp2)
  6. 第2章 低プレストレス導入によるプレキャスト部材のひびわれ特性改善 / p6 (0011.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p6 (0011.jp2)
  8. 2.2 RC部材のひびわれ幅計算式 / p6 (0011.jp2)
  9. 2.3 ひびわれを許すPC部材のひびわれ幅計算式 / p9 (0014.jp2)
  10. 2.4 鉄筋緊張PC部材のひびわれ幅計算式 / p10 (0015.jp2)
  11. 2.5 許容ひびわれ幅 / p11 (0016.jp2)
  12. 2.6 鉄筋緊張によるひびわれ抑制 / p12 (0017.jp2)
  13. 2.7 まとめ / p23 (0028.jp2)
  14. 第3章 緊張材としての鉄筋の特性 / p24 (0029.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p24 (0029.jp2)
  16. 3.2 鉄筋の付着特性 / p25 (0030.jp2)
  17. 3.3 鉄筋のリラクゼーション率試験 / p35 (0040.jp2)
  18. 3.4 くさびによる鉄筋定着試験 / p40 (0045.jp2)
  19. 3.5 まとめ / p43 (0048.jp2)
  20. 第4章 低プレストレス導入プレキャストPC部材の端部定着機構 / p44 (0049.jp2)
  21. 4.1 はじめに / p44 (0049.jp2)
  22. 4.2 PC部材端部の鋼材定着機構 / p45 (0050.jp2)
  23. 4.3 異形丸鋼の定着機構 / p48 (0053.jp2)
  24. 4.4 伝達長測定実験 / p58 (0063.jp2)
  25. 4.5 異形丸鋼のTransfer Bond と伝達長 / p64 (0069.jp2)
  26. 4.6 定着部の付着破壊および割裂破壊に対する安全性の検討 / p71 (0076.jp2)
  27. 4.7 PC鋼より線のTransfer Bond と伝達長 / p76 (0081.jp2)
  28. 4.8 まとめ / p81 (0086.jp2)
  29. 第5章 低プレストレス導入プレキャストPCの実用化 / p83 (0088.jp2)
  30. 5.1 合成床版用埋設型枠(建築用) / p83 (0088.jp2)
  31. 5.2 水路蓋用プレキャストコンクリート床版 / p90 (0095.jp2)
  32. 5.3 低プレストレス導入プレスコンクリート矢板 / p93 (0098.jp2)
  33. 5.4 まとめ / p99 (0104.jp2)
  34. 第6章 結論 / p100 (0105.jp2)
  35. あとがき / p104 (0109.jp2)
  36. 付録図 / p105 (0111.jp2)
  37. 参考文献 / p117 (0123.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096258
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096484
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000260572
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ