フーリエ反復法を用いた位相回復に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 徹, 1959- タカハシ, トオル

書誌事項

タイトル

フーリエ反復法を用いた位相回復に関する研究

著者名

高橋, 徹, 1959-

著者別名

タカハシ, トオル

学位授与大学

九州工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第7号

学位授与年月日

1993-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の目的と背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成と各章の概要 / p4 (0009.jp2)
  5. 2 エラーリダクション・アルゴリズム(ER)の限界 / p7 (0012.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p7 (0012.jp2)
  7. 2.2 フーリエ反復法 / p9 (0014.jp2)
  8. 2.3 ERの停滞 / p19 (0024.jp2)
  9. 2.4 結言 / p29 (0034.jp2)
  10. 3 ERの数値シミュレーションによる検討 / p31 (0036.jp2)
  11. 3.1 緒言 / p31 (0036.jp2)
  12. 3.2 2×2L型物体 / p33 (0038.jp2)
  13. 3.3 シミュレーション結果とその検討 / p40 (0045.jp2)
  14. 3.4 領域移動と不完全な停滞 / p49 (0054.jp2)
  15. 3.5 境界の近傍における挙動 / p51 (0056.jp2)
  16. 3.6 収束物体の違いによる領域分け / p57 (0062.jp2)
  17. 3.7 結言 / p60 (0065.jp2)
  18. 4 ハイブリッドインプットアウトプット・アルゴリズム(HIO) / p62 (0067.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p62 (0067.jp2)
  20. 4.2 HI0 / p64 (0069.jp2)
  21. 4.3 HIOの不動状態 / p65 (0070.jp2)
  22. 4.4 ERの拡張 / p67 (0072.jp2)
  23. 4.5 HIOの出力停滞状態への収束 / p69 (0074.jp2)
  24. 4.6 HIOの出力停滞状態からの脱出 / p75 (0080.jp2)
  25. 4.7 HIOとHIO/ERの比較 / p81 (0086.jp2)
  26. 4.8 結言 / p85 (0090.jp2)
  27. 5 HIOの数値シミュレーションによる検討 / p87 (0092.jp2)
  28. 5.1 緒言 / p87 (0092.jp2)
  29. 5.2 2×2L型物体 / p89 (0094.jp2)
  30. 5.3 3×2物体 / p112 (0117.jp2)
  31. 5.4 大規模物体 / p127 (0132.jp2)
  32. 5.5 結言 / p136 (0141.jp2)
  33. 6 初期位相推定 / p139 (0144.jp2)
  34. 6.1 緒言 / p139 (0144.jp2)
  35. 6.2 位相差からの最小自乗位相推定 / p141 (0146.jp2)
  36. 6.3 バイスペクトル位相からの最小自乗位相推定 / p154 (0159.jp2)
  37. 6.4 シミュレーション / p157 (0162.jp2)
  38. 6.5 結言 / p162 (0167.jp2)
  39. 7 結論 / p164 (0169.jp2)
  40. 参考文献 / p170 (0175.jp2)
  41. 謝辞 / p177 (0182.jp2)
  42. Least-squares phase estimation from the phase difference / p416 (0188.jp2)
  43. Noniterative method for obtaining the exact solution for the normal equation in least-squares phase estimation from the phase difference / p1818 (0198.jp2)
  44. 位相差からの最小自乗位相推定におけるエラーの考察 / p375 (0208.jp2)
  45. Suppression of the influence of noise in least-squares phase estimation from the phase difference / p1153 (0216.jp2)
  46. バイスペクトル位相からの最小自乗位相推定におけるノイズの影響の低減化 / p445 (0226.jp2)
  47. Least-squares phase recovery from the bispectrum phase: an algorithm for a two-dimensional object / p1038 (0231.jp2)
  48. 繰返し型位相回復アルゴリズムの停滞に関する一考察 / p607 (0241.jp2)
  49. バイスペクトル位相からの最小2乗位相推定におけるエラーの考察 / p1621 (0246.jp2)
  50. 繰返し型位相回復アルゴリズムにおける停滞問題の数値シミュレーションによる考察 / p119 (0250.jp2)
  51. 繰返し型位相回復アルゴリズムにおける停滞問題の克服 / p485 (0259.jp2)
33アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096260
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953101
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000260574
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ