オーステンパ処理を施した高強度球状黒鉛鋳鉄(ADI)材加工におけるCBN工具の摩耗特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 秀治 カトウ, ヒデハル

書誌事項

タイトル

オーステンパ処理を施した高強度球状黒鉛鋳鉄(ADI)材加工におけるCBN工具の摩耗特性に関する研究

著者名

加藤, 秀治

著者別名

カトウ, ヒデハル

学位授与大学

金沢工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第17号

学位授与年月日

1993-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 本研究に関連した従来の研究 / p2 (0007.jp2)
  5. 1-3 本研究の目的と本論文の概要 / p4 (0008.jp2)
  6. 参考文献 / p6 (0009.jp2)
  7. 第2章 立方晶窒化ほう素焼結体(CBN)工具材料の基礎的特性と高強度球状黒鉛鋳鉄(ADI)材の概要 / p9 (0010.jp2)
  8. 2-1 緒言 / p9 (0010.jp2)
  9. 2-2 CBN工具の概要 / p10 (0011.jp2)
  10. 2-3 供試工具材の配合成分および微視的構造 / p11 (0011.jp2)
  11. 2-4 供試工具材の機械的特性 / p20 (0016.jp2)
  12. 2-5 ADI材の概要 / p27 (0019.jp2)
  13. 2-6 本研究に使用したADI材の機械的特性 / p28 (0020.jp2)
  14. 2-7 結言 / p31 (0021.jp2)
  15. 参考文献 / p32 (0022.jp2)
  16. 第3章 ADI材加工における二次元切削による切削条件の選定 / p34 (0023.jp2)
  17. 3-1 緒言 / p34 (0023.jp2)
  18. 3-2 実験方法 / p34 (0023.jp2)
  19. 3-3 切りくず形態に及ぼす切削条件の影響 / p36 (0024.jp2)
  20. 3-4 切削速度が切削抵抗に及ぼす影響 / p39 (0025.jp2)
  21. 3-5 切削条件が切りくず形態分布に及ぼす影響 / p40 (0026.jp2)
  22. 3-6 CBN工具によるADI材切削の最適条件の選定 / p41 (0026.jp2)
  23. 3-7 結言 / p42 (0027.jp2)
  24. 参考文献 / p43 (0027.jp2)
  25. 第4章 ADI材加工用工具の材料設計 / p44 (0028.jp2)
  26. 4-1 緒言 / p44 (0028.jp2)
  27. 4-2 2種の市販工具を用いた場合の切削特性の比較 / p44 (0028.jp2)
  28. 4-3 CBN工具の配合要素が切削性能におよぼす影響 / p51 (0031.jp2)
  29. 4-4 結合剤(バインダ)とc-BN粒子の配合比が切削性能に及ぼす影響 / p62 (0037.jp2)
  30. 4-5 ADI材加工用工具の材料設計に関する総括 / p64 (0038.jp2)
  31. 4-6 結言 / p65 (0038.jp2)
  32. 参考文献 / p66 (0039.jp2)
  33. 第5章 ADI材に対するCBN工具の摩耗機構 / p67 (0039.jp2)
  34. 5-1 緒言 / p67 (0039.jp2)
  35. 5-2 低切削温度領域における摩耗機構 / p68 (0040.jp2)
  36. 5-3 高切削温度領域における摩耗機構 / p75 (0043.jp2)
  37. 5-4 摩耗軽減対策としての切削油剤の効果 / p81 (0046.jp2)
  38. 5-5 結言 / p86 (0049.jp2)
  39. 参考文献 / p87 (0049.jp2)
  40. 第6章 ADI材加工におけるCBN工具の摩耗機構の適用例-インコネル718材に対するCBN工具の高切削温度領域の摩耗機構- / p88 (0050.jp2)
  41. 6-1 緒言 / p88 (0050.jp2)
  42. 6-2 インコネル718材加工における工具損耗特性 / p88 (0050.jp2)
  43. 6-3 インコネル718材に対する高切削温度領域の摩耗機構の適用 / p94 (0053.jp2)
  44. 6-4 インコネル718材加工におけるCBN工具損耗機構の総括 / p98 (0055.jp2)
  45. 6-5 結言 / p99 (0055.jp2)
  46. 参考文献 / p100 (0056.jp2)
  47. 第7章 結論 / p101 (0056.jp2)
  48. 本研究に引用した著者の学術論文 / p105 (0058.jp2)
  49. 謝辞 / p106 (0059.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096488
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096714
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260802
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ