音響の位相変化を利用した円筒の軸径,形状および変位の計測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 正直 ヤマダ, マサナオ

書誌事項

タイトル

音響の位相変化を利用した円筒の軸径,形状および変位の計測に関する研究

著者名

山田, 正直

著者別名

ヤマダ, マサナオ

学位授与大学

新潟大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第934号

学位授与年月日

1993-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景および目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の概要 / p3 (0008.jp2)
  5. 第2章 平面音波の位相遅れを利用した円筒軸径の計測 / p5 (0010.jp2)
  6. 2.1 まえがき / p5 (0010.jp2)
  7. 2.2 理論解析 / p5 (0010.jp2)
  8. 2.3 実験 / p11 (0016.jp2)
  9. 2.4 実験および解析結果 / p13 (0018.jp2)
  10. 2.5 実用化への課題 / p18 (0023.jp2)
  11. 2.6 結論 / p19 (0024.jp2)
  12. 第3章 反響による位相遅れ量の拡大 / p20 (0025.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p20 (0025.jp2)
  14. 3.2 理論解析 / p20 (0025.jp2)
  15. 3.3 実験 / p33 (0038.jp2)
  16. 3.4 実験および解析結果 / p36 (0041.jp2)
  17. 3.5 結論 / p49 (0054.jp2)
  18. 第4章 音響信号による円筒の形状の計測 / p50 (0055.jp2)
  19. 4.1 まえがき / p50 (0055.jp2)
  20. 4.2 理論解析 / p50 (0055.jp2)
  21. 4.3 数値計算結果 / p57 (0062.jp2)
  22. 4.4 結論 / p70 (0075.jp2)
  23. 第5章 散乱による音圧変化を利用した変位の計測 / p71 (0076.jp2)
  24. 5.1 まえがき / p71 (0076.jp2)
  25. 5.2 実験装置 / p72 (0077.jp2)
  26. 5.3 実験結果および考察 / p75 (0080.jp2)
  27. 5.4 室温による変化 / p105 (0110.jp2)
  28. 5.5 応用例 / p108 (0113.jp2)
  29. 5.6 結論 / p109 (0114.jp2)
  30. 第6章 結論 / p110 (0115.jp2)
  31. 文献 / p112 (0117.jp2)
  32. 謝辞 / p114 (0119.jp2)
  33. 発表論文一覧 / p115 (0120.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096618
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096845
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260932
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ