平面回転アルゴリズムとその離散時間信号の発生と解析への応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中静, 真 ナカシズカ, マコト

書誌事項

タイトル

平面回転アルゴリズムとその離散時間信号の発生と解析への応用に関する研究

著者名

中静, 真

著者別名

ナカシズカ, マコト

学位授与大学

新潟大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第937号

学位授与年月日

1993-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0004.jp2)
  2. 概要 / p3 (0003.jp2)
  3. 1.序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 背景 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 論文の概要 / p3 (0006.jp2)
  6. 2.平面回転アルゴリズムの設計 / p7 (0008.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p7 (0008.jp2)
  8. 2.2 CORDICアルゴリズムによる座標変換 / p8 (0009.jp2)
  9. 2.3 パイプラインCORDICアルゴリズム / p12 (0011.jp2)
  10. 2.4 有限操作誤差 / p17 (0013.jp2)
  11. 2.5 有限語長誤差 / p18 (0014.jp2)
  12. 2.6 演算誤差にもとづく設計法 / p24 (0017.jp2)
  13. 2.7 設計例とそのシミュレーション / p31 (0020.jp2)
  14. 2.8 まとめ / p36 (0023.jp2)
  15. 3.平面回転アルゴリズムによる信号発生 / p41 (0025.jp2)
  16. 3.1 まえがき / p41 (0025.jp2)
  17. 3.2 解析信号 / p42 (0026.jp2)
  18. 3.3 CORDIC形ディジタル正弦波対発振器 / p45 (0027.jp2)
  19. 3.4 発振出力に生じる誤差 / p46 (0028.jp2)
  20. 3.5 誤差フィードバックの適用 / p51 (0030.jp2)
  21. 3.6 CORDIC形発振器の設計例とシミュレーション / p59 (0034.jp2)
  22. 3.7 まとめ / p65 (0037.jp2)
  23. 4.平面回転アルゴリズムによる瞬時周波数・振幅解析 / p67 (0038.jp2)
  24. 4.1 まえがき / p67 (0038.jp2)
  25. 4.2 離散時間瞬時周波数と離散時間瞬時振幅 / p68 (0039.jp2)
  26. 4.3 瞬時周波数・振幅解析のためのCORDICアルゴリズム / p71 (0040.jp2)
  27. 4.4 ハードウェア構成 / p74 (0042.jp2)
  28. 4.5 シミュレーション / p78 (0044.jp2)
  29. 4.6 まとめ / p86 (0048.jp2)
  30. 5.平面回転アルゴリズムによるウェーブレッド解析 / p93 (0051.jp2)
  31. 5.1 まえがき / p93 (0051.jp2)
  32. 5.2 ウェーブレッド変換 / p95 (0052.jp2)
  33. 5.3 周波数サンプリングフィルタ / p101 (0055.jp2)
  34. 5.4 周波数サンプリングによるウェーブレッド変換 / p104 (0057.jp2)
  35. 5.5 構成例と信号の解析例 / p108 (0059.jp2)
  36. 5.6 まとめ / p116 (0063.jp2)
  37. 6.結論 / p119 (0064.jp2)
  38. 謝辞 / p123 (0066.jp2)
  39. 参考文献 / p125 (0067.jp2)
  40. 本研究に関する著者の論文 / p133 (0071.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096621
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096848
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000260935
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ