セラミックスの応力緩和接合に関する研究 セラミックス ノ オウリョク カンワ セツゴウ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 深谷, 保博 フカヤ, ヤスヒロ

書誌事項

タイトル

セラミックスの応力緩和接合に関する研究

タイトル別名

セラミックス ノ オウリョク カンワ セツゴウ ニ カンスル ケンキュウ

著者名

深谷, 保博

著者別名

フカヤ, ヤスヒロ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5954号

学位授与年月日

1993-04-08

注記・抄録

博士論文

10803

博士(工学)

1993-04-08

大阪大学

14401乙第05954号

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 セラミックスと金属の接合技術に関する現状と動向 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3 セラミックス接合体の実用化に対する技術課題 / p4 (0007.jp2)
  6. 1.4 本研究の目的と論文の構成 / p5 (0007.jp2)
  7. 第2章 各種継手形式における継手強度特性に及ぼす残留応力の影響 / p9 (0009.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p9 (0009.jp2)
  9. 2.2 接合継手形式の分類と作用荷重の選定 / p9 (0009.jp2)
  10. 2.3 残留応力の異なる接合体の継手強度試験 / p11 (0010.jp2)
  11. 2.4 残留応力の解析と計測 / p22 (0016.jp2)
  12. 2.5 継手強度特性と残留応力 / p41 (0025.jp2)
  13. 2.6 結言 / p45 (0027.jp2)
  14. 付録2A Aℓ₂O₃/コバール 平板継手の要素分割 / p46 (0028.jp2)
  15. 付録2B Zr0₂/コバール 管継手の要素分割 / p47 (0028.jp2)
  16. 付録2C Si₃N₄/インコロイ903 かん合継手の要素分割 / p48 (0029.jp2)
  17. 第3章 応力緩和法の提案 / p49 (0029.jp2)
  18. 3.1 緒言 / p49 (0029.jp2)
  19. 3.2 検討対象とした実機製品 / p49 (0029.jp2)
  20. 3.3 検討した接合時の残留応力緩和法及び使用時の作用応力緩和法 / p53 (0031.jp2)
  21. 3.4 応力解析 / p59 (0034.jp2)
  22. 3.5 結言 / p81 (0045.jp2)
  23. 付録3A セラミックス砥石/金属台金 接合型研削砥石の要素分割 / p82 (0046.jp2)
  24. 付録3B Si₃N₄翼/Si₃N₄軸 接合型ターボ分子ポンプロータの要素分割 / p83 (0046.jp2)
  25. 付録3C Aℓ₂O₃管/金属フランジ 接合型高周波加速空胴カプラの要素分割 / p84 (0047.jp2)
  26. 付録3D ZrO₂管/金属管 接合型O₂分離管の要素分割 / p85 (0047.jp2)
  27. 付録3E Si₃N₄翼/金属スリーブ 接合型ターボチャージャロータの要素分割 / p86 (0048.jp2)
  28. 第4章 応力緩和法を具体化する接合法の選定並びに接合条件の最適化 / p87 (0048.jp2)
  29. 4.1 緒言 / p87 (0048.jp2)
  30. 4.2 セラミックス接合体に要求される接合形態 / p87 (0048.jp2)
  31. 4.3 供試材料及び実験方法 / p87 (0048.jp2)
  32. 4.4 各種継手の継手特性調査試験結果 / p101 (0055.jp2)
  33. 4.5 結言 / p132 (0071.jp2)
  34. 第5章 応力緩和法の評価,検証 / p136 (0073.jp2)
  35. 5.1 緒言 / p136 (0073.jp2)
  36. 5.2 対象製品と要求性能 / p136 (0073.jp2)
  37. 5.3 供試体,接合方法及び評価方法 / p139 (0074.jp2)
  38. 5.4 実体モデルの製作 / p143 (0076.jp2)
  39. 5.5 実体モデルによる評価,検証 / p147 (0078.jp2)
  40. 5.6 応力緩和法の有効性に関する考察 / p153 (0081.jp2)
  41. 5.7 結言 / p157 (0083.jp2)
  42. 第6章 結論 / p161 (0085.jp2)
  43. 謝辞 / p164 (0087.jp2)
  44. 参考文献 / p165 (0087.jp2)
  45. 本論文に関連した発表論文 / p173 (0091.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096671
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096898
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000260985
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ