国訴と百姓一揆の研究

この論文をさがす

著者

    • 藪田, 貫, 1948- ヤブタ, ユタカ

書誌事項

タイトル

国訴と百姓一揆の研究

著者名

藪田, 貫, 1948-

著者別名

ヤブタ, ユタカ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第6002号

学位授与年月日

1993-06-15

注記・抄録

博士論文

10854

博士(文学)

1993-06-15

大阪大学

14401乙第06002号

目次

  1. 序章-本書の課題と方法 / p11 (0008.jp2)
  2. 前篇 国訴の研究 / (0019.jp2)
  3. 第一章 国訴の再検討-支配国と地域経済 / p34 (0020.jp2)
  4. はじめに / p34 (0020.jp2)
  5. 第一節 国訴概念について / p37 (0021.jp2)
  6. 第二節 国訴と支配国 / p47 (0026.jp2)
  7. 第三節 国訴の国内的要因と地域的契機 / p52 (0029.jp2)
  8. おわりに / p59 (0032.jp2)
  9. 第二章 国訴の構造 / p60 (0033.jp2)
  10. はじめに / p60 (0033.jp2)
  11. 第一節 国訴の展開-広域性をめぐって / p64 (0035.jp2)
  12. 1 文政六年国訴の惣代 / p64 (0035.jp2)
  13. 2 国訴における二つの組織原理 / p67 (0036.jp2)
  14. 3 国訴の組織構造 / p70 (0038.jp2)
  15. 4 和泉の国訴 / p79 (0042.jp2)
  16. 第二節 国訴の構造-惣代制の検討 / p83 (0044.jp2)
  17. 1 惣代制の形態と論理 / p85 (0045.jp2)
  18. 2 頼み証文の分析 / p87 (0046.jp2)
  19. 3 国訴惣代制の特質 / p90 (0048.jp2)
  20. おわりに / p99 (0052.jp2)
  21. 第三章 国訴の負担と村 / p101 (0053.jp2)
  22. はじめに / p101 (0053.jp2)
  23. 第一節 国訴の経費と負担 / p102 (0054.jp2)
  24. 1 安永六~七年の訴願 / p102 (0054.jp2)
  25. 2 天明八年の訴願 / p104 (0055.jp2)
  26. 3 寛政六年の訴願 / p106 (0056.jp2)
  27. 4 文化二年の菜種訴願 / p108 (0057.jp2)
  28. 5 文政六年の綿および七年の菜種・油訴願 / p109 (0057.jp2)
  29. 6 天保九年の油訴願 / p112 (0059.jp2)
  30. 7 嘉永七~安政二年の訴願 / p113 (0059.jp2)
  31. 8 元治二(慶応元)年の訴願 / p113 (0059.jp2)
  32. 第二節 国訴の構造と負担 / p115 (0060.jp2)
  33. 1 国訴の組織とと郡中の関係 / p116 (0061.jp2)
  34. 2 惣代制と負担 / p118 (0062.jp2)
  35. 3 泉州の国訴 / p120 (0063.jp2)
  36. 第三節 負担と村 / p124 (0065.jp2)
  37. 1 経費の割賦方法について / p124 (0065.jp2)
  38. 2 割賦方法の意義 / p129 (0067.jp2)
  39. 3 負担の検討 / p130 (0068.jp2)
  40. おわりに / p134 (0070.jp2)
  41. 第四章 国訴と郡中議定 / p136 (0071.jp2)
  42. はじめに / p136 (0071.jp2)
  43. 第一節 国訴の展開と郡中議定 / p138 (0072.jp2)
  44. 第二節 郡中議定の性格 / p149 (0077.jp2)
  45. 1 郡中議定の成立 / p149 (0077.jp2)
  46. 2 郡中議定の性格 / p154 (0080.jp2)
  47. おわりに / p162 (0084.jp2)
  48. 後篇 百姓一揆の研究 / (0085.jp2)
  49. 第一章 得物・鳴物・打物 / p166 (0086.jp2)
  50. はじめに / p166 (0086.jp2)
  51. 第一節 得物 / p168 (0087.jp2)
  52. 第二節 鳴物・打物 / p174 (0090.jp2)
  53. むすびにかえて-指物 / p178 (0092.jp2)
  54. 第二章 百姓一揆と得物 / p183 (0094.jp2)
  55. はじめに / p183 (0094.jp2)
  56. 第一節 百姓一揆と得物 / p185 (0095.jp2)
  57. 第二節 得物の成立 / p190 (0098.jp2)
  58. 第三節 得物から竹槍へ / p202 (0104.jp2)
  59. むすびにかえて-再び得物へ / p211 (0108.jp2)
  60. 第三章 百姓一揆の構造-国訴とかかわって / p215 (0110.jp2)
  61. はじめに / p215 (0110.jp2)
  62. 第一節 一揆における直接行動と惣代制 / p219 (0112.jp2)
  63. 第二節 惣代制と委任関係 / p230 (0118.jp2)
  64. 第三節 代議制的形態と直接行動の分岐 / p241 (0123.jp2)
  65. おわりに-近代への展開 / p255 (0130.jp2)
  66. 第四章「竹槍蓆旗」論-自由民権期の百姓一揆観 / p262 (0134.jp2)
  67. はじめに / p262 (0134.jp2)
  68. 第一節「竹槍蓆旗」論の展開 / p264 (0135.jp2)
  69. 第二節 新政反対一揆の構造 / p272 (0139.jp2)
  70. むすびにかえて-「竹槍蓆旗」論の歴史的意味 / p291 (0148.jp2)
  71. 終章 近代化と国訴・百姓一揆-近代成立期の民衆運動と地域社会・国家 / p297 (0151.jp2)
  72. はじめに / p297 (0151.jp2)
  73. 第一節 国訴と郡中議定(補論) / p298 (0152.jp2)
  74. 1 勧化・廻在者と村 / p299 (0152.jp2)
  75. 2 頭組織と村-非人と職人 / p301 (0153.jp2)
  76. 3 株仲間・座と村 / p302 (0154.jp2)
  77. 4 奉公人・日雇と村 / p302 (0154.jp2)
  78. 第二節 近世後期の郡中議定-在地法秩序の形成とその比較 / p306 (0156.jp2)
  79. 1 大和 / p306 (0156.jp2)
  80. 2 播州 / p307 (0156.jp2)
  81. 3 出羽村山郡 / p308 (0157.jp2)
  82. 4 関東 / p309 (0157.jp2)
  83. 第三節 国訴・郡中議定と国家 / p312 (0159.jp2)
  84. 1 第二類型について / p314 (0160.jp2)
  85. 2 第一類型について / p318 (0162.jp2)
  86. 第四節 民衆運動と国家 / p323 (0164.jp2)
  87. おわりに-近代への展望 / p329 (0167.jp2)
  88. 1 内からの変革と外からの解体 / p329 (0167.jp2)
  89. 2 成熟した政治社会と委任関係の積み上げ / p332 (0169.jp2)
  90. 3 最下単位としての町村 / p336 (0171.jp2)
  91. 付論 地域史研究の立場 / p341 (0173.jp2)
  92. あとがき / p363 (0184.jp2)
  93. 索引 / p378 (0192.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096719
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096946
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261033
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ