食品に添加した臭素酸カリウム及び次亜塩素酸ナトリウムの残存と挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 日高, 利夫 ヒダカ, トシオ

書誌事項

タイトル

食品に添加した臭素酸カリウム及び次亜塩素酸ナトリウムの残存と挙動に関する研究

著者名

日高, 利夫

著者別名

ヒダカ, トシオ

学位授与大学

星薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第61号

学位授与年月日

1993-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 陰イオン交換樹脂カラム-比色法による食品中の臭素酸カリウムの分析 / p3 (0006.jp2)
  4. 第1節 臭素酸カリウムの抽出法の検討 / p4 (0007.jp2)
  5. 第2節 陰イオン交換樹脂の選択 / p4 (0007.jp2)
  6. 第3節 妨害物質の除去 / p6 (0008.jp2)
  7. 第4節 溶出液の検討 / p8 (0009.jp2)
  8. 第5節 呈色条件の検討 / p9 (0009.jp2)
  9. 第6節 検量線及び添加回収試験 / p11 (0010.jp2)
  10. 第7節 食品添加物の影響 / p11 (0010.jp2)
  11. 第8節 市販パン及び魚肉ねり製品の分析結果 / p12 (0011.jp2)
  12. 第9節 本章のまとめ / p13 (0011.jp2)
  13. 実験の部 / p14 (0012.jp2)
  14. 第2章 パン及び魚肉ねり製品中の臭素酸カリウムの残存と挙動について / p18 (0014.jp2)
  15. 第1節 モデル実験により調製したパン及び魚肉ねり製品 / p18 (0014.jp2)
  16. 第2節 パン及び魚肉ねり製品中の臭素酸カリウムの残存 / p20 (0015.jp2)
  17. 第3節 魚肉ねり製品中の臭素酸カリウム残存量と臭素量 / p20 (0015.jp2)
  18. 第4節 パン及び魚肉ねり製品製造工程における臭素酸カリウムの挙動 / p22 (0016.jp2)
  19. 第5節 市販魚肉ねり製品中の臭素酸カリウム添加量の推定 / p22 (0016.jp2)
  20. 第6節 本章のまとめ / p26 (0018.jp2)
  21. 実験の部 / p28 (0019.jp2)
  22. 第3章 ヘッドスペース法を用いる食品中の残留塩素の定量 / p31 (0020.jp2)
  23. 第1節 反応生成物のGCと同定 / p31 (0020.jp2)
  24. 第2節 試料の調製方法の検討 / p32 (0021.jp2)
  25. 第3節 定量操作の検討 / p34 (0022.jp2)
  26. 第4節 塩化シアンの生成とpHの関係 / p35 (0022.jp2)
  27. 第5節 塩化シアンの生成とシアン化カリウム量 / p36 (0023.jp2)
  28. 第6節 検量線及び比色法との比較 / p37 (0023.jp2)
  29. 第7節 市販食品中の残留塩素の定量 / p38 (0024.jp2)
  30. 第8節 本章のまとめ / p39 (0024.jp2)
  31. 実験の部 / p40 (0025.jp2)
  32. 第4章 ヘッドスペース法を用いる野菜中の残留塩素及び低沸点有機塩素化合物(VCOC)の同時定量 / p43 (0026.jp2)
  33. 第1節 定量操作の検討 / p43 (0026.jp2)
  34. 第2節 塩化シアンとVCOCのガスクロマトグラフィーによる同時定量 / p45 (0027.jp2)
  35. 第3節 検量線及びVCOCの添加回収試験 / p46 (0028.jp2)
  36. 第4節 次亜塩素酸ナトリウム処理によるクロロホルム生成の確認 / p48 (0029.jp2)
  37. 第5節 市販野菜中の残留塩素及びVCOCの定量 / p50 (0030.jp2)
  38. 第6節 本章のまとめ / p51 (0030.jp2)
  39. 実験の部 / p53 (0031.jp2)
  40. 第5章 次亜塩素酸ナトリウム処理野菜における残留塩素の消失とクロロホルムの生成 / p57 (0033.jp2)
  41. 第1節 浸漬液中の次亜塩素酸ナトリウム濃度と野菜中の残留塩素及びクロロホルム生成量 / p57 (0033.jp2)
  42. 第2節 残留塩素及びクロロホルム生成量に対する保存条件の影響 / p58 (0034.jp2)
  43. 第3節 次亜塩素酸ナトリウム処理温度と野菜中の残留塩素及びクロロホルム生成量の変化 / p62 (0036.jp2)
  44. 第4節 ポリプロピレン袋で保存したもやし中の残留塩素及びクロロホルム生成量の変化 / p63 (0036.jp2)
  45. 第5節 本章のまとめ / p65 (0037.jp2)
  46. 実験の部 / p67 (0038.jp2)
  47. 結論 / p68 (0039.jp2)
  48. 謝辞 / p73 (0041.jp2)
  49. 文献 / p74 (0042.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096756
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000096983
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261070
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ