ロイコトリエンアンタゴニストの構造特性と活性発現

この論文をさがす

著者

    • 後藤, 了 ゴトウ, サトル

書誌事項

タイトル

ロイコトリエンアンタゴニストの構造特性と活性発現

著者名

後藤, 了

著者別名

ゴトウ, サトル

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第651号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0003.jp2)
  3. 目次 / p1 (0007.jp2)
  4. I 理論の部 / p7 (0010.jp2)
  5. 1 緒言 / p9 (0011.jp2)
  6. 1.1 薬物設計と生理活性物質の立体構造 / p9 (0011.jp2)
  7. 1.2 分子の動的構造 / p13 (0013.jp2)
  8. 1.3 ロイコトリエンアンタゴニスト / p16 (0015.jp2)
  9. 1.4 ペンザミド型アンタゴニストの生理活性 / p18 (0016.jp2)
  10. 2 ベンザミド型アンタゴニストのHansch-藤田解析 / p21 (0017.jp2)
  11. 2.1 定量的構造活性相関 / p21 (0017.jp2)
  12. 2.2 ベンザミド型LT-アンタゴニストの定量的構造活性相関 / p26 (0020.jp2)
  13. 3 ベンザミド型アンタゴニストの最安定構造の解析 / p29 (0021.jp2)
  14. 3.1 理論化学計算 / p29 (0021.jp2)
  15. 3.2 LTとの分子重ね合わせ / p32 (0023.jp2)
  16. 3.3 テトラゾール基のコンフォメーション / p34 (0024.jp2)
  17. 3.4 アルキル基及びアルコキシル基の回転の自由度 / p36 (0025.jp2)
  18. 4 ベンザミド型アンタゴニストの動的構造の解析 / p39 (0026.jp2)
  19. 4.1 LTのω鎖に対するアルキル基・アルコキシル基の長さ / p40 (0027.jp2)
  20. 4.2 抗LT活性におけるアルキル基・アルコキシル基の効果 / p45 (0029.jp2)
  21. 5 ロイコトリエンアンタゴニスト・アゴニストの構造特性 / p47 (0030.jp2)
  22. 5.1 共役トリエンの構造特性 / p47 (0030.jp2)
  23. 5.2 親水性部分の構造特性 / p49 (0031.jp2)
  24. 5.3 疎水性部分の構造特性 / p53 (0033.jp2)
  25. 5.4 LT-アンタゴニスト活性・アゴニスト活性の構造的特徴 / p54 (0034.jp2)
  26. 6 総括 / p59 (0036.jp2)
  27. II 実験の部 / p73 (0043.jp2)
  28. 7 プログラムの移植と開発 / p75 (0044.jp2)
  29. 8 分子座標の構築 / p79 (0046.jp2)
  30. III 追補 / p89 (0051.jp2)
  31. A ベンジリデンマロノニトリル誘導体におけるチロシンキナーゼ阻害活性のHansch-藤田解析 / p91 (0052.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096781
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097008
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261095
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ