脂質過酸化反応による新規活性リン脂質の生成

この論文をさがす

著者

    • 田中, 保 タナカ, タモツ

書誌事項

タイトル

脂質過酸化反応による新規活性リン脂質の生成

著者名

田中, 保

著者別名

タナカ, タモツ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第653号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0003.jp2)
  3. 目次 / (0007.jp2)
  4. 緒言 / p1 (0009.jp2)
  5. 第1章 ウシ脳脂質抽出物中に存在する新規コリンリン脂質:ω-ヒドロキシカルボン酸含有ホスファチジルコリン類の同定 / p3 (0010.jp2)
  6. 第1節 実験材料および実験方法 / p4 (0011.jp2)
  7. 1-1 試薬 / p4 (0011.jp2)
  8. 1-2 活性リン脂質画分の調製 / p5 (0011.jp2)
  9. 1-3 有機リンの測定 / p6 (0012.jp2)
  10. 1-4 洗浄ウサギ血小板の調製 / p6 (0012.jp2)
  11. 1-5 洗浄血小板凝集活性の測定 / p7 (0012.jp2)
  12. 1-6 2-ヒドロキシ酪酸含有PCの合成 / p7 (0012.jp2)
  13. 1-7 4-ヒドロキシ酪酸含有PCの合成 / p8 (0013.jp2)
  14. 1-8 GC-MSのための誘導体調製法 / p10 (0014.jp2)
  15. 1-9 測定機器および分析条件 / p11 (0014.jp2)
  16. 第2節 実験結果および考察 / p12 (0015.jp2)
  17. 2-1 活性リン脂質画分の調製 / p12 (0015.jp2)
  18. 2-2 活性リン脂質画分のGC-MS / p12 (0015.jp2)
  19. 第2章 脂質過酸化反応により派生するPAF様リン脂質の構造解析 / p21 (0019.jp2)
  20. 第1節 実験材料および実験方法 / p23 (0020.jp2)
  21. 1-1 試薬 / p23 (0020.jp2)
  22. 1-2 アシルPAFおよび短鎖モノカルボン酸含有P標準品の合成 / p23 (0020.jp2)
  23. 1-3 ジカルボン酸含有PC標準品の合成 / p24 (0021.jp2)
  24. 1-4 ω-ヒドロキシカルボン酸含有PC標準品の合成 / p24 (0021.jp2)
  25. 1-5 1-palmitoyl-2-arachidonoyl-GPCおよび1-palmitoyl-2-docosahexaenoyl-GPCの合成 / p24 (0021.jp2)
  26. 1-6 レブリン酸含有PCおよび4,5-エポキシペンタン酸含有PCの合成 / p25 (0021.jp2)
  27. 1-7 PUFA含有PCの過酸化 / p26 (0022.jp2)
  28. 1-8 GC-MS / p27 (0022.jp2)
  29. 1-9 FAB-MS / p28 (0023.jp2)
  30. 1-10 脂肪酸分析 / p28 (0023.jp2)
  31. 1-11 チオバルビツール酸反応性物質の測定 / p28 (0023.jp2)
  32. 第2節 実験結果 / p29 (0023.jp2)
  33. 2-1 PAF様リン脂質のTLC / p29 (0023.jp2)
  34. 2-2 1-palmitoyl-2-arachidonoyl-GPC由来の過酸化リン脂質の分析 / p30 (0024.jp2)
  35. 2-3 ドコサヘキサエン酸含有PCおよびリノール酸含有PC由来の過酸化リン脂質の分析 / p39 (0028.jp2)
  36. 2-4 ウシ脳PC由来の過酸化リン脂質の分析 / p43 (0030.jp2)
  37. 第3節 考察 / p46 (0032.jp2)
  38. 第3章 脂質過酸化反応により派生するPAF様リン脂質の血小板凝集作用 / p49 (0033.jp2)
  39. 第1節 実験材料および実験方法 / p50 (0034.jp2)
  40. 1-1 試薬 / p50 (0034.jp2)
  41. 1-2 PUFA含有PCの合成 / p51 (0034.jp2)
  42. 1-3 モノカルボン酸含有PCの合成 / p51 (0034.jp2)
  43. 1-4 ジカルボン酸含有PCの合成 / p51 (0034.jp2)
  44. 1-5 ω-ヒドロキシカルボン酸含有PCの合成 / p51 (0034.jp2)
  45. 1-6 内部標準リン脂質の合成 / p52 (0035.jp2)
  46. 1-7 天然PCの調製 / p52 (0035.jp2)
  47. 1-8 PUFA含有PCおよび天然由来PCの過酸化 / p53 (0035.jp2)
  48. 1-9 GC-MS / p54 (0036.jp2)
  49. 1-10 脂肪酸分析 / p54 (0036.jp2)
  50. 1-11 天然PCサブクラスの分析 / p54 (0036.jp2)
  51. 1-12 過酸化二次成績体画分および合成PAF様リン脂質の血小板凝集活性 / p55 (0036.jp2)
  52. 第2節 実験結果 / p56 (0037.jp2)
  53. 2-1 合成PUFA含有PCの過酸化により生じるPAF様活性 / p56 (0037.jp2)
  54. 2-2 l-O-hexadecyl-2-docosahexaenoyl-GPCおよび l-O-hexadecyl-2-arachidonoyl-GPC由来の過酸化二次成績体画分のGC-MS / p57 (0037.jp2)
  55. 2-3 PAF様リン脂質の定量 / p60 (0039.jp2)
  56. 2-4 合成PAF様リン脂質の血小板凝集活性 / p60 (0039.jp2)
  57. 2-5 天然PCの過酸化によって生成するPAF様活性 / p63 (0040.jp2)
  58. 2-6 天然PCのサブクラスおよび脂肪酸組成 / p64 (0041.jp2)
  59. 2-7 天然PCの過酸化二次成績体画分のGC-MS / p66 (0042.jp2)
  60. 第3節 考察 / p69 (0043.jp2)
  61. 総括 / p71 (0044.jp2)
  62. 引用文献 / p73 (0045.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096783
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097010
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261097
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ