プロキラルなジカルボン酸を用いる高選択的不斉誘導反応の開発研究

この論文をさがす

著者

    • 東條, 俊明 トウジョウ, トシアキ

書誌事項

タイトル

プロキラルなジカルボン酸を用いる高選択的不斉誘導反応の開発研究

著者名

東條, 俊明

著者別名

トウジョウ, トシアキ

学位授与大学

徳島大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1255号

学位授与年月日

1992-12-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 論文内容要旨 / (0003.jp2)
  3. 目次 / (0007.jp2)
  4. 理論の部 / (0008.jp2)
  5. 第1章 緒言 / p1 (0009.jp2)
  6. 第2章 研究の概要 / p4 (0011.jp2)
  7. 第3章 PLEを用いるシス-4-シクロヘキセニレン-1,2-ビス酢酸ジメチルエステルの酵素不斉加水分解反応 / p8 (0013.jp2)
  8. 第1節 PLEによるジメチルエステルの加水分解と補助剤の添加効果 / p9 (0013.jp2)
  9. 第2節 D-Sorbitolの添加効果 / p11 (0014.jp2)
  10. 第3節 D-Sorbitol存在下におけるPLE加水分解の速度論的解析 / p15 (0016.jp2)
  11. 第4章 シス-4-シクロヘキセニレン-1,2-ビス酢酸を用いる不斉ディークマン型反応の開発 / p18 (0018.jp2)
  12. 第1節 不斉ディークマン型反応のデザインと原料合成 / p19 (0018.jp2)
  13. 第2節 不斉補助剤として4(S)-alkyl-1,3-thiazolidine-2-thione類を用いる不斉ディークマン型反応 / p21 (0019.jp2)
  14. 第1項 4(S)-ETTを用いる不斉ディークマン型反応 / p21 (0019.jp2)
  15. 第2項 4(S)-IPTTを用いる不斉ディークマン型反応 / p24 (0021.jp2)
  16. 第3節 4(S)-ETTおよび4(S)-IPTTによる不斉誘導発現の反応機構について / p25 (0021.jp2)
  17. 第1項 D化実験 / p25 (0021.jp2)
  18. 第2項 X線結晶構造解析 / p25 (0021.jp2)
  19. 第3項 ¹H-NMR解析 / p27 (0022.jp2)
  20. 第4項 不斉ディークマン型反応の反応機構 / p31 (0024.jp2)
  21. 第4節 不斉補助剤として4(S)-isopropyl-1,3-oxazolidine-2-thioneを用いる不斉ディークマン型反応 / p33 (0025.jp2)
  22. 第1項 4(S)-IPOTを用いる不斉ディークマン型反応 / p33 (0025.jp2)
  23. 第2項 4(S)-IPOTビスアミド体の不斉ディークマン型反応の反応機構 / p33 (0025.jp2)
  24. 第5節 不斉補助剤として光学活性アルコール類を用いる不斉ディークマン反応 / p36 (0027.jp2)
  25. 第1項 l-メントールを用いる不斉ディークマン反応 / p36 (0027.jp2)
  26. 第2項 l-ボルネオールを用いる不斉ディークマン反応 / p38 (0028.jp2)
  27. 第3項 光学活性アルコールのビスエステル誘導体の不斉ディークマン反応についての考察 / p38 (0028.jp2)
  28. 第5章 シス-4-シクロヘキセニレン-1,2-ビス酢酸を用いる不斉クライゼン型反応の開発 / p41 (0029.jp2)
  29. 第1節 不斉クライゼン型反応のデザイン / p42 (0030.jp2)
  30. 第2節 不斉クライゼン型反応 / p43 (0030.jp2)
  31. 第3節 絶対配置の決定 / p46 (0032.jp2)
  32. 第6章 3位置換グルタル酸を用いる不斉アルドール型反応の開発 / p48 (0033.jp2)
  33. 第1節 不斉アルドール型反応のデザイン / p48 (0033.jp2)
  34. 第2節 3-メチルグルタル酸誘導体を用いる不斉アルドール型反応 / p50 (0034.jp2)
  35. 第1項 3-メチルグルタル酸4(S)-IPTTビスアミド体の合成 / p50 (0034.jp2)
  36. 第2項 不斉アルドール型反応 / p50 (0034.jp2)
  37. 第3項 不斉誘導反応機構についての考察 / p54 (0036.jp2)
  38. 第3節 3-アミノおよびハイドロキシグルタル酸誘導体を用いる不斉アルドール型反応 / p57 (0037.jp2)
  39. 第1項 3位に保護アミノ基を持つグルタル酸の4(S)-IPTTビスアミド体を用いる不斉アルドール型反応 / p57 (0037.jp2)
  40. 第2項 3位に保護水酸基を持つグルタル酸の4(S)-IPTTビスアミド体を用いる不斉アルドール型反応 / p59 (0038.jp2)
  41. 第7章 結語および要約 / p61 (0039.jp2)
  42. 謝辞 / p63 (0040.jp2)
  43. 実験の部 / (0041.jp2)
  44. 実験の部 / p65 (0042.jp2)
  45. 第3章に関する実験 / p66 (0043.jp2)
  46. 第4章 第1節に関する実験 / p69 (0044.jp2)
  47. 第4章 第2節に関する実験 / p72 (0046.jp2)
  48. 第4章 第4節に関する実験 / p75 (0047.jp2)
  49. 第4章 第5節に関する実験 / p76 (0048.jp2)
  50. 第4章で論じた化合物のX線結晶解析 / p80 (0050.jp2)
  51. 第5章 第2節に関する実験 / p81 (0050.jp2)
  52. 第5章 第3節に関する実験 / p83 (0051.jp2)
  53. 第6章 第2節に関する実験 / p85 (0052.jp2)
  54. 第6章 第3節に関する実験 / p89 (0054.jp2)
  55. 第6章で論じた化合物のX線結晶解析 / p94 (0057.jp2)
  56. 引用文献 / p95 (0057.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096793
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097020
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261107
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ