新しいリン酸エステルの合成法

この論文をさがす

著者

    • 大内, 将吉 オオウチ, ショウキチ

書誌事項

タイトル

新しいリン酸エステルの合成法

著者名

大内, 将吉

著者別名

オオウチ, ショウキチ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第2524号

学位授与年月日

1992-06-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 序章 / p1 (0006.jp2)
  2. 第1章 リン酸スズ塩を用いるアルキル化反応 / p11 (0016.jp2)
  3. 1-1 はじめに / p11 (0016.jp2)
  4. 1-2 リン酸スズ塩とハロゲン化アルキルの反応によるリン酸トリエステルの合成 / p14 (0019.jp2)
  5. 1-3 第四アンモニウム塩共存下での反応 / p20 (0025.jp2)
  6. 1-4 亜リン酸ジエステルの合成 / p32 (0037.jp2)
  7. 1-5 次亜リン酸モノエステルの合成 / p38 (0043.jp2)
  8. 第2章 インターヌクレオチド結合のアルキル化反応 / p40 (0045.jp2)
  9. 2-1 はじめに / p40 (0045.jp2)
  10. 2-2 核酸のインターヌクレオチド結合のアルキル化反応 / p44 (0049.jp2)
  11. 2-3 保護されたオリゴヌクレオチドのインターヌクレオチド結合のアルキル化反応 / p51 (0056.jp2)
  12. 2-4 スズと硫黄の特性を生かしたリン酸トリエステル合成 / p57 (0062.jp2)
  13. 2-5 アルキル化されたインターヌクレオチド結合をもつジヌクレオチドの保護基の除去と、その構造解析 / p67 (0072.jp2)
  14. 第3章 オキソニウム塩、あるいはスルホニウム塩をアルキル化剤とするリン酸エステル合成 / p85 (0090.jp2)
  15. 3-1 はじめに / p85 (0090.jp2)
  16. 3-2 オキソニウム塩をアルキル化剤とするリン酸エステル誘導体の合成 / p89 (0094.jp2)
  17. 3-3 スルホニウム塩をアルキル化剤とするリン酸エステル誘導体の合成 / p96 (0101.jp2)
  18. 第4章 ヌクレオシド水酸基の塩素化反応と塩素化ヌクレオシドを利用したスルホニウム塩の合成 / p99 (0104.jp2)
  19. 4-1 はじめに / p99 (0104.jp2)
  20. 4-2 トリス(2,4,6-トリブロモフェノキシ)ジクロロホスホランによるヌクレオシド水酸基の塩素化反応 / p100 (0105.jp2)
  21. 4-3 塩素化ヌクレオシドを原料としたヌクレオシドスルホニウム塩の合成の試み / p106 (0111.jp2)
  22. 総括 / p107 (0112.jp2)
  23. 実験編 / p109 (0114.jp2)
  24. 参考文献 / p161 (0166.jp2)
  25. 謝辞 / p166 (0171.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096865
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097093
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261179
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ