極性合成潤滑油用耐荷重添加剤の分子設計

この論文をさがす

著者

    • 菊田, 哲 キクタ, サトル

書誌事項

タイトル

極性合成潤滑油用耐荷重添加剤の分子設計

著者名

菊田, 哲

著者別名

キクタ, サトル

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2567号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1-1 潤滑の概要 / p1 (0007.jp2)
  5. 1-2 耐荷重添加剤 / p3 (0009.jp2)
  6. 1-3 合成潤滑油と合成潤滑油用耐荷重添加剤 / p7 (0013.jp2)
  7. 1-4 分子設計 / p9 (0015.jp2)
  8. 1-5 本研究の目的と内容 / p11 (0017.jp2)
  9. 第2章 極性油用油性剤の分子設計-アルキルマロン酸の摩擦磨耗低減能- / p12 (0018.jp2)
  10. 2-1 緒言 / p12 (0018.jp2)
  11. 2-2 分子設計方針 / p13 (0019.jp2)
  12. 2-3 実験 / p15 (0021.jp2)
  13. 2-4 実験結果と考察 / p22 (0028.jp2)
  14. 2-5 結言 / p34 (0040.jp2)
  15. 第3章 アルキルマロン酸の水ベース用油性剤への変換 / p35 (0041.jp2)
  16. 3-1 緒言 / p35 (0041.jp2)
  17. 3-2 実験 / p36 (0042.jp2)
  18. 3-3 実験結果と考察 / p38 (0044.jp2)
  19. 3-4 結言 / p47 (0053.jp2)
  20. 第4章 アルキルマロン酸のトリメチルシリルエステルヘの官能基修飾とその潤滑特性 / p48 (0054.jp2)
  21. 4-1 緒言 / p48 (0054.jp2)
  22. 4-2 分子設計方針 / p49 (0055.jp2)
  23. 4-3 実験 / p53 (0059.jp2)
  24. 4-4 実験結果と考察 / p56 (0062.jp2)
  25. 4-5 結言 / p63 (0069.jp2)
  26. 第5章 極性油用リン酸エステル型極圧剤の分子設計-リン酸1,2-フェニレンの摩擦特性- / p64 (0070.jp2)
  27. 5-1 緒言 / p64 (0070.jp2)
  28. 5-2 実験 / p65 (0071.jp2)
  29. 5-3 実験結果と考察 / p68 (0074.jp2)
  30. 5-4 結言 / p85 (0091.jp2)
  31. 第6章 1,2-フェニレンリン酸アミン塩の潤滑性 / p86 (0092.jp2)
  32. 6-1 緒言 / p86 (0092.jp2)
  33. 6-2 実験 / p87 (0093.jp2)
  34. 6-3 実験結果と考察 / p89 (0095.jp2)
  35. 6-4 結言 / p95 (0101.jp2)
  36. 第7章 総括 / p96 (0102.jp2)
  37. 謝辞 / (0106.jp2)
  38. 参考文献 / (0107.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096908
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097136
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261222
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ