分子間相互作用によるポリマー混合系のミクロ相分離

この論文をさがす

著者

    • 岩崎, 克彦 イワサキ, カツヒコ

書誌事項

タイトル

分子間相互作用によるポリマー混合系のミクロ相分離

著者名

岩崎, 克彦

著者別名

イワサキ, カツヒコ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2581号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 第2章 ポリマー合成およびポリマー混合系の構造解析法 / p16 (0023.jp2)
  5. 2-1 はじめに / p16 (0023.jp2)
  6. 2-2 ポリマーの合成とキャラクタリゼーション / p22 (0029.jp2)
  7. 2-3 ポリマー混合系膜の調製とその高次構造解析 / p41 (0048.jp2)
  8. 2-4 多孔質膜の調製 / p47 (0054.jp2)
  9. 2-5 測定機器 / p48 (0055.jp2)
  10. 第3章 鎖末端においてアミノ基/カルボキシル基間の酸・塩基相互作用を起こすテレケリックポリマー混合系のモルフォロジー / p51 (0058.jp2)
  11. 3-1 はじめに / p51 (0058.jp2)
  12. 3-2 末端アミノ化ポリスチレン(APS)と末端カルボキシル化ポリエチレンオキシド(CPEO)混合系の高次構造解析 / p53 (0060.jp2)
  13. 3-3 両末端カルボキシル化ポリスチレン(CPS)と両末端アミノ化ポリエチレンオキシド(APEO)混合系の高次構造解析 / p91 (0098.jp2)
  14. 3-4 結論 / p96 (0103.jp2)
  15. 第4章 アミノ基を有するブロック共重合体と両末端カルボキシル化ポリエチレンオキシド混合系のモルフォロジー / p99 (0106.jp2)
  16. 4-1 はじめに / p99 (0106.jp2)
  17. 4-2 アミノ基を有するブロック共重合体と両末端カルボキシル化ポリエチレンオキシド(CPEO)の混合系における予備的実験 / p100 (0107.jp2)
  18. 4-3 アミノ基を有するブロック共重合体(3PA-2~6)と両末端カルボキシル化ポリエチレンオキシド(CPEO)混合系の高次構造解析 / p111 (0118.jp2)
  19. 4-4 アミノ基を有するブロック共重合体(3PA-5)と両末端スルホン化ポリエチレンオキシド(SPEO-7000)混合系の高次構造解析 / p135 (0142.jp2)
  20. 4-5 結論 / p138 (0145.jp2)
  21. 第5章 アミノ基を鎖末端あるいは末端ブロックに有するポリスチレンと鎖末端に水酸基を有するポリエチレンオキシド混合系のモルフォロジー / p140 (0147.jp2)
  22. 5-1 はじめに / p140 (0147.jp2)
  23. 5-2 両末端アミノ化ポリスチレン(APS)と両末端水酸化ポリエチレンオキシド(HPEO-3000)混合系の高次構造解析 / p141 (0148.jp2)
  24. 5-3 アミノ基を有するブロック共重合体(3PA-5)と両末端水酸化ポリエチレンオキシド(HPEO-1000)混合系の高次構造解析 / p145 (0152.jp2)
  25. 5-4 結論 / p147 (0154.jp2)
  26. 第6章 末端アミノ化ポリスチレンと末端スルホン化ポリエチレンオキシド混合系のモルフォロジー / p148 (0155.jp2)
  27. 6-1 はじめに / p148 (0155.jp2)
  28. 6-2 両末端アミノ化ポリスチレン(APS)と両末端スルホン化ポリェチレンオキシド(SPEO)混合系の高次構造解析 / p149 (0156.jp2)
  29. 6-3 片末端に官能基を有するポリマー混合系の高次構造解析 / p164 (0171.jp2)
  30. 6-4 結論 / p175 (0182.jp2)
  31. 第7章 多孔質膜の合成 / p177 (0184.jp2)
  32. 7-1 はじめに / p177 (0184.jp2)
  33. 7-2 多孔質膜の合成結果 / p179 (0186.jp2)
  34. 7-3 結論 / p184 (0191.jp2)
  35. 第8章 総括 / p185 (0192.jp2)
  36. Appendix 含フッ素セグメント化ポリウレタンの合成とそのバルクおよび表面構造解析 / p188 (0195.jp2)
  37. 1 序論 / p188 (0195.jp2)
  38. 2 含フッ素セグメント化ポリウレタンの合成とそのバルクおよび表面構造解析法 / p190 (0197.jp2)
  39. 3 含フッ素セグメント化ポリウレタンの合成結果とそのバルクおよび表面構造解析の結果 / p194 (0201.jp2)
  40. 学会発表 / (0213.jp2)
  41. 発表論文 / (0213.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096922
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097150
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261236
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ