複素係数を用いたディジタルフィルタの構成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 村越, 信雄 ムラコシ, ノブオ

書誌事項

タイトル

複素係数を用いたディジタルフィルタの構成に関する研究

著者名

村越, 信雄

著者別名

ムラコシ, ノブオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2608号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 本論文の研究背景及び目的 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 本論文の構成 / p3 (0009.jp2)
  6. 第2章 複素2ポートアダプタを用いた低感度2次実ディジタルフィルタの構成 / p6 (0012.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p6 (0012.jp2)
  8. 2.2 実2ポートアダプタ / p7 (0013.jp2)
  9. 2.3 複素2ポートアダプタによる2次区間の構成 / p11 (0017.jp2)
  10. 2.4 複素2ポートアダプタの選択 / p19 (0025.jp2)
  11. 2.5 構成例 / p22 (0028.jp2)
  12. 2.6 むすび / p23 (0029.jp2)
  13. 第3章 散乱行列の分解による複素全域通過回路の構成 / p26 (0032.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p26 (0032.jp2)
  15. 3.2 散乱行列の導出 / p27 (0033.jp2)
  16. 3.3 散乱行列の因数分解 / p31 (0037.jp2)
  17. 3.4 簡単な回路構成法 / p38 (0044.jp2)
  18. 3.5 s領域とz領域における特性関数の関係 / p40 (0046.jp2)
  19. 3.6 s領域における極の選択 / p42 (0048.jp2)
  20. 3.7 s領域での複素定数の決定及び回路構成 / p51 (0057.jp2)
  21. 3.8 構成例 / p53 (0059.jp2)
  22. 3.9 むすび / p53 (0059.jp2)
  23. 第4章 実係数特性可変IIRフィルタの構成 / p56 (0062.jp2)
  24. 4.1 まえがき / p56 (0062.jp2)
  25. 4.2 周波数変換 / p58 (0064.jp2)
  26. 4.3 遮断周波数可変回路 / p61 (0067.jp2)
  27. 4.4 安定性のための条件 / p70 (0076.jp2)
  28. 4.5 構成例 / p73 (0079.jp2)
  29. 4.6 むすび / p78 (0084.jp2)
  30. 第5章 複素係数を用いた特性可変IIRフィルタの構成 / p79 (0085.jp2)
  31. 5.1 まえがき / p79 (0085.jp2)
  32. 5.2 通過域幅と帯域幅が等しい低域-帯域変換 / p80 (0086.jp2)
  33. 5.3 複素係数フィルタ / p83 (0089.jp2)
  34. 5.4 振幅特性の乱れの無い遮断周波数可変低域・高域通過フィルタ / p84 (0090.jp2)
  35. 5.5 振幅特性の乱れの無い片帯域端固定帯域幅可変帯域通過フィルタ / p87 (0093.jp2)
  36. 5.6 簡単な回路構成法 / p95 (0101.jp2)
  37. 5.7 構成例 / p99 (0105.jp2)
  38. 5.8 むすび / p99 (0105.jp2)
  39. 第6章 結論 / p103 (0109.jp2)
  40. 6.1 本論文で得られた結果 / p103 (0109.jp2)
  41. 6.2 今後の課題 / p105 (0111.jp2)
  42. 謝辞 / p107 (0113.jp2)
  43. 参考文献 / p108 (0114.jp2)
  44. 本研究に関する発表論文 / p116 (0122.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096949
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097177
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261263
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ