教師付き学習における汎化能力と過学習に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山崎, 一孝 ヤマサキ, カズタカ

書誌事項

タイトル

教師付き学習における汎化能力と過学習に関する研究

著者名

山崎, 一孝

著者別名

ヤマサキ, カズタカ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2612号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p4 (0007.jp2)
  4. 1.1 本研究の背景と目的 / p4 (0007.jp2)
  5. 1.2 本論文の構成 / p10 (0013.jp2)
  6. 第2章 逆問題としての学習 / p12 (0015.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p12 (0015.jp2)
  8. 2.2 逆問題としての学習 / p12 (0015.jp2)
  9. 2.3 汎化能力と学習の評価基準 / p15 (0018.jp2)
  10. 2.4 最適汎化神経回路網 / p19 (0022.jp2)
  11. 2.5 むすび / p21 (0024.jp2)
  12. 第3章 雑音が存在しない場合の過学習 / p22 (0025.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p22 (0025.jp2)
  14. 3.2 記憶学習と過学習現象 / p23 (0026.jp2)
  15. 3.3 過学習 / p23 (0026.jp2)
  16. 3.4 J学習と記憶学習 / p26 (0029.jp2)
  17. 3.5 ウィーナー学習と記憶学習 / p27 (0030.jp2)
  18. 3.6 射影学習と記憶学習 / p33 (0036.jp2)
  19. 3.7 計算機実験 / p35 (0038.jp2)
  20. 3.8 むすび / p39 (0042.jp2)
  21. 第4章 雑音が存在する場合の過学習 / p42 (0045.jp2)
  22. 4.1 まえがき / p42 (0045.jp2)
  23. 4.2 雑音を含む学習モデル / p43 (0046.jp2)
  24. 4.3 雑音が存在する場合の過学習 / p44 (0047.jp2)
  25. 4.4 雑音が存在する場合の記憶学習 / p45 (0048.jp2)
  26. 4.5 J学習と機械的記憶学習 / p49 (0052.jp2)
  27. 4.6 ウィーナー学習と機械的記憶学習 / p49 (0052.jp2)
  28. 4.7 計算機実験 / p59 (0062.jp2)
  29. 4.8 むすび / p62 (0065.jp2)
  30. 第5章 過学習を起こさない教材の選び方 / p64 (0067.jp2)
  31. 5.1 はじめに / p64 (0067.jp2)
  32. 5.2 雑音が存在しない場合の教材の選び方 / p65 (0068.jp2)
  33. 5.3 雑音が存在する場合の教材の選び方 / p68 (0071.jp2)
  34. 5.4 むすび / p73 (0076.jp2)
  35. 第6章 結論 / p75 (0078.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096953
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097181
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261267
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ