放射圧を用いた生体組織の硬さ計測法に関する基礎的研究 放射圧を用いた生体組織の硬さ計測法に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 杉本, 恒美 スギモト, ツネヨシ

書誌事項

タイトル

放射圧を用いた生体組織の硬さ計測法に関する基礎的研究

タイトル別名

放射圧を用いた生体組織の硬さ計測法に関する基礎的研究

著者名

杉本, 恒美

著者別名

スギモト, ツネヨシ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2650号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0005.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0013.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0013.jp2)
  4. 1.2 硬さの測定について / p2 (0014.jp2)
  5. 1.3 研究の目的 / p5 (0017.jp2)
  6. 1.4 論文の構成 / p5 (0017.jp2)
  7. 2 硬さ計測の原理と基本構成 / p9 (0021.jp2)
  8. 2.1 本計測法の原理 / p9 (0021.jp2)
  9. 2.2 本計測法の特徴 / p10 (0022.jp2)
  10. 2.3 粘弾性図の提案および解決すべき課題 / p10 (0022.jp2)
  11. 2.4 放射圧および変形の検討 / p11 (0023.jp2)
  12. 2.5 検討方針 / p13 (0025.jp2)
  13. 2.6 2章のまとめ / p13 (0025.jp2)
  14. 3 Maxwellモデルに基づくin vitro測定理論 / p14 (0026.jp2)
  15. 3.1 まえがき / p14 (0026.jp2)
  16. 3.2 ヘルツの接触理論の粘弾性体への適用 / p15 (0027.jp2)
  17. 3.3 硬さの特徴量抽出 / p16 (0028.jp2)
  18. 3.4 粘弾性指標値 / p21 (0033.jp2)
  19. 3.5 3章のまとめ / p22 (0034.jp2)
  20. 4 In vitro測定理論の実験的検討 / p23 (0035.jp2)
  21. 4.1 測定方法および試料 / p23 (0035.jp2)
  22. 4.2 実験結果および考察 / p24 (0036.jp2)
  23. 4.3 4章のまとめ / p32 (0044.jp2)
  24. 5 Voigtモデルに基づくin vivo測定理論 / p35 (0047.jp2)
  25. 5.1 Voigtモデルの導入 / p35 (0047.jp2)
  26. 5.2 測定理論 / p36 (0048.jp2)
  27. 5.3 粘弾性指標値についての考察 / p38 (0050.jp2)
  28. 5.4 5章のまとめ / p39 (0051.jp2)
  29. 6 放射圧を用いた硬さ計測の実験的検討 / p40 (0052.jp2)
  30. 6.1 測定系の構成 / p40 (0052.jp2)
  31. 6.2 測定用試料 / p42 (0054.jp2)
  32. 6.3 変位測定法 / p45 (0057.jp2)
  33. 6.4 測定結果例 / p48 (0060.jp2)
  34. 6.5 粘弾性指標値の有効性について / p51 (0063.jp2)
  35. 6.6 クレータ傷の発生条件 / p51 (0063.jp2)
  36. 6.7 6章のまとめ / p53 (0065.jp2)
  37. 7 安全性の検討 / p54 (0066.jp2)
  38. 7.1 音強度等の計算 / p54 (0066.jp2)
  39. 7.2 安全性の検討 / p56 (0068.jp2)
  40. 7.3 7章のまとめ / p57 (0069.jp2)
  41. 8 結論 / p58 (0070.jp2)
  42. 8.1 本研究で得られた成果 / p58 (0070.jp2)
  43. 8.2 結語および今後の課題 / p59 (0071.jp2)
  44. 謝辞 / p61 (0073.jp2)
  45. 参考文献 / p63 (0075.jp2)
  46. 本論文に関する発表 / p66 (0078.jp2)
  47. 付録 / p70 (0082.jp2)
  48. A 指数関数系の直交展開 / p70 (0082.jp2)
  49. B パルスドップラ法による変位推定 / p72 (0084.jp2)
  50. C 放射応力の計算 / p74 (0086.jp2)
  51. D 電子天秤を利用した密度測定法 / p76 (0088.jp2)
  52. E その他 / p78 (0090.jp2)
  53. E.1 両計測法の比較 / p78 (0090.jp2)
  54. E.2 集束振動子の焦点深度 / p79 (0091.jp2)
  55. E.3 パルス超音波の強さの表示方法 / p79 (0091.jp2)
  56. E.4 開口径を変化させた場合について / p80 (0092.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096991
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097219
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261305
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ