進行波型超音波モータの設計に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 平田, 拓 ヒラタ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

進行波型超音波モータの設計に関する研究

著者名

平田, 拓

著者別名

ヒラタ, ヒロシ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第2652号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 超音波モータ即発の経過と到達点 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 研究の目的 / p4 (0010.jp2)
  5. 1.3 研究の概要 / p5 (0011.jp2)
  6. 第2章 進行波型超音波モータの原理および等価回路 / p8 (0014.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p8 (0014.jp2)
  8. 2.2 進行波型超音波モータの動作原理と構成 / p8 (0014.jp2)
  9. 2.3 ステータ振動子の支配方程式および等価回路の導出 / p10 (0016.jp2)
  10. 2.4 設計手法確立のための課題 / p12 (0018.jp2)
  11. 2.5 まとめ / p13 (0019.jp2)
  12. 第3章 弾性接触理論に基づく駆動力および速度の検討 / p14 (0020.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p14 (0020.jp2)
  14. 3.2 圧力分布と駆動力の関係 / p14 (0020.jp2)
  15. 3.3 ロータと振動子の二次元弾性接触モデル / p15 (0021.jp2)
  16. 3.4 変位振幅と接触領域の関係 / p17 (0023.jp2)
  17. 3.5 無負荷速度の数値計算および実験結果 / p19 (0025.jp2)
  18. 3.6 まとめ / p20 (0026.jp2)
  19. 第4章 機械的負荷および負荷特性の計算法 / p22 (0028.jp2)
  20. 4.1 まえがき / p22 (0028.jp2)
  21. 4.2 機械端子に生じる外力の計算 / p22 (0028.jp2)
  22. 4.3 駆動力と効率 / p24 (0030.jp2)
  23. 4.4 負荷特性の数値計算と考察 / p25 (0031.jp2)
  24. 4.5 まとめ / p27 (0033.jp2)
  25. 第5章 円板状ステータ振動子の力係数の検討 / p29 (0035.jp2)
  26. 5.1 まえがき / p29 (0035.jp2)
  27. 5.2 力係数の計算法 / p29 (0035.jp2)
  28. 5.3 力係数の測定 / p34 (0040.jp2)
  29. 5.4 力係数の振動子形状依存性の考察 / p35 (0041.jp2)
  30. 5.5 まとめ / p36 (0042.jp2)
  31. 第6章 限界性能に関する考察 / p37 (0043.jp2)
  32. 6.1 まえがき / p37 (0043.jp2)
  33. 6.2 無負荷速度の限界 / p37 (0043.jp2)
  34. 6.3 最大トルクの限界 / p39 (0045.jp2)
  35. 6.4 摩擦駆動の効率 / p40 (0046.jp2)
  36. 6.5 振動子の電気機械変換効率 / p41 (0047.jp2)
  37. 6.6 まとめ / p44 (0050.jp2)
  38. 第7章 性能設計の実施例 / p45 (0051.jp2)
  39. 7.1 まえがき / p45 (0051.jp2)
  40. 7.2 設計の目標 / p45 (0051.jp2)
  41. 7.3 設計手順(定振幅駆動の場合) / p46 (0052.jp2)
  42. 7.4 設計例 / p47 (0053.jp2)
  43. 7.5 試作結果の検討 / p50 (0056.jp2)
  44. 7.6 まとめ / p52 (0058.jp2)
  45. 第8章 結論 / p53 (0059.jp2)
  46. 8.1 本研究で得られた成果 / p53 (0059.jp2)
  47. 8.2 今後の課題 / p53 (0059.jp2)
  48. 謝辞 / p55 (0061.jp2)
  49. 参考文献 / p56 (0062.jp2)
  50. 本論文に関する発表 / p61 (0067.jp2)
  51. 付録 / p63 (0069.jp2)
  52. A.1 半無限弾性体の等価的硬さの計算法 / p63 (0069.jp2)
  53. A.2 予圧によるロータの変形の有限要素法解析 / p67 (0073.jp2)
  54. A.3 円板状振動子の周波数定数と振幅定数 / p69 (0075.jp2)
  55. A.4 圧電セラミックス円環の圧電定数d₃₁の測定法 / p71 (0077.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000096993
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097221
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261307
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ