修飾オリゴ糖を用いるガラクトースおよびシアル酸転移酵素の糖鎖認識の解明

この論文をさがす

著者

    • 梶原, 康宏 カジハラ, ヤスヒロ

書誌事項

タイトル

修飾オリゴ糖を用いるガラクトースおよびシアル酸転移酵素の糖鎖認識の解明

著者名

梶原, 康宏

著者別名

カジハラ, ヤスヒロ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第2659号

学位授与年月日

1993-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一章 β1-4ガラクトシルトランスフェラーゼの受容体アナログ阻害剤と受容体認識機構 / p14 (0018.jp2)
  4. 第一節 緒言 / p14 (0018.jp2)
  5. 第二節 修飾N-アセチルグルコサミニドの合成 / p15 (0019.jp2)
  6. 第三節 修飾N-アセチルグルコサミニドを用いるβ1-4ガラクトシルトランスフェラーゼ反応の解析 / p25 (0029.jp2)
  7. 第四節 β1-4ガラクトシルトランスフェラーゼの反応様式 / p32 (0036.jp2)
  8. 第五節 β1-4ガラクトシルトランスフェラーゼのN-アセチルグルコサミンに対する認識の解明 / p36 (0040.jp2)
  9. まとめ / p41 (0045.jp2)
  10. 第二章 α2-6シアリルトランスフェラーゼの受容体アナログの合成とそれらの阻害作用に基づく基質認識機構についての考察 / p42 (0046.jp2)
  11. 第一節 緒言 / p42 (0046.jp2)
  12. 第二節 6'-修飾メチルN-アセチル-β-D-ラクトサミニドの合成 / p43 (0047.jp2)
  13. 第三節 6'-修飾メチルN-アセチル-β-D-ラクトサミニドの立体配座解析 / p47 (0051.jp2)
  14. 第四節 メチルN-アセチル-β-D-ラクトサミニド・アナログのα2-6シアリルトランスフェラーゼに対する阻害アッセイ / p53 (0057.jp2)
  15. 第五節 メチルN-アセチル-β-D-ラクトサミニド・アナログのα2-6シアリルトランスフェラーゼヘの結合様式 / p54 (0058.jp2)
  16. まとめ / p62 (0066.jp2)
  17. 第三章 UDP-6-修飾ガラクトースの合成とそれらを供与体とする修飾オリゴ糖の酵素合成 / p63 (0067.jp2)
  18. 第一節 緒言 / p63 (0067.jp2)
  19. 第二節 UDP-6-修飾-ガラクトースの合成 / p64 (0068.jp2)
  20. 第三節 ガラクトース受容体となる分岐型オリゴ糖の合成 / p67 (0071.jp2)
  21. 第四節 UDP-6-修飾-ガラクトースの転移活性測定 / p69 (0073.jp2)
  22. 第五節 UDP-6-修飾-ガラクトースを用いた修飾オリゴ糖の酵素合成 / p72 (0076.jp2)
  23. まとめ / p76 (0080.jp2)
  24. 実験の部 / p77 (0081.jp2)
  25. 総括 / p128 (0132.jp2)
  26. 参考文献 / p130 (0134.jp2)
  27. 発表報文 / p136 (0140.jp2)
  28. 謝辞 / p137 (0141.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097000
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097228
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261314
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ