電子ビーム蒸着法による磁気テープの製作と記録特性改善に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 篠原, 紘一 シノハラ, コウイチ

書誌事項

タイトル

電子ビーム蒸着法による磁気テープの製作と記録特性改善に関する研究

著者名

篠原, 紘一

著者別名

シノハラ, コウイチ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2359号

学位授与年月日

1992-05-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 第1章参考文献 / p5 (0010.jp2)
  5. 第2章 磁気テープの高密度化と蒸着テープ役割 / p6 (0011.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p6 (0011.jp2)
  7. 2.2 磁気記録の高密度化の経緯 / p6 (0011.jp2)
  8. 2.3 高密度磁気テープの要件 / p11 (0014.jp2)
  9. 2.4 高密度蒸着テープの要件 / p14 (0015.jp2)
  10. 2.5 蒸着テープの位置付け / p48 (0032.jp2)
  11. 2.6 まとめ / p50 (0033.jp2)
  12. 第2章参考文献 / p51 (0034.jp2)
  13. 第3章 電子ビーム蒸着法による磁性層の形成 / p53 (0035.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p53 (0035.jp2)
  15. 3.2 電子ビーム蒸着装置の概要 / p54 (0036.jp2)
  16. 3.3 成膜プロセス / p55 (0036.jp2)
  17. 3.4 蒸着ジオメトリー / p55 (0036.jp2)
  18. 3.5 蒸発源容器の予備検討 / p55 (0036.jp2)
  19. 3.6 アルミナ容器によるコバルトの蒸発実験 / p57 (0037.jp2)
  20. 3.7 ジルコニア及びマグネシア容器によるCoの蒸発実験 / p59 (0038.jp2)
  21. 3.8 マグネシア容器によるCo系金属の蒸発実験 / p59 (0038.jp2)
  22. 3.9 基板と蒸発源の関係 / p65 (0041.jp2)
  23. 3.10 蒸着過程の熱影響に関する検討 / p76 (0047.jp2)
  24. 3.11 蒸着テープ作製時の冷却検討 / p87 (0052.jp2)
  25. 3.12 蒸着膜厚計測の検討 / p94 (0056.jp2)
  26. 3.13 まとめ / p104 (0061.jp2)
  27. 第3章参考文献 / p105 (0061.jp2)
  28. 第4章 蒸着強磁性薄膜の特性 / p107 (0062.jp2)
  29. 4.1 はじめに / p107 (0062.jp2)
  30. 4.2 C.V.I.膜の組成検討 / p107 (0062.jp2)
  31. 4.3 C.V.I.膜の構造 / p111 (0064.jp2)
  32. 4.4 C.V.I.膜の磁気特性 / p127 (0072.jp2)
  33. 4.5 磁気異方性の検討 / p146 (0082.jp2)
  34. 4.6 磁性薄膜の力学的性質 / p162 (0090.jp2)
  35. 4.7 耐候性に関する検討 / p168 (0093.jp2)
  36. 4.8 まとめ / p192 (0105.jp2)
  37. 第4章参考文献 / p194 (0106.jp2)
  38. 第5章 蒸着テープのトライボロジー / p199 (0108.jp2)
  39. 5.1 はじめに / p199 (0108.jp2)
  40. 5.2 テープ/ヘッド接触状態の解析 / p199 (0108.jp2)
  41. 5.3 磁気ヘッド偏磨耗現象の解析 / p209 (0113.jp2)
  42. 5.4 複合ヘッドによる再生出力低下現象の解析 / p220 (0119.jp2)
  43. 5.5 蒸着テープの走行性に関する検討 / p234 (0126.jp2)
  44. 5.6 蒸着テープのスチル耐久性 / p246 (0132.jp2)
  45. 5.7 まとめ / p261 (0139.jp2)
  46. 第5章参考文献 / p263 (0140.jp2)
  47. 第6章 蒸着テープの記録再生特性 / p266 (0142.jp2)
  48. 6.1 はじめに / p266 (0142.jp2)
  49. 6.2 オーディオ記録再生特性の検討 / p266 (0142.jp2)
  50. 6.3 ビデオテープの記録再生特性の検討 / p282 (0150.jp2)
  51. 6.4 記録方向依存性の検討 / p293 (0157.jp2)
  52. 6.5.3 実験結果と考察 / p306 (0164.jp2)
  53. 6.6 狭ギャップヘッドによる記録検討 / p321 (0172.jp2)
  54. 6.7 まとめ / p325 (0174.jp2)
  55. 第6章参考文献 / p327 (0175.jp2)
  56. 第7章 蒸着テープの展望 / p329 (0176.jp2)
  57. 7.1 はじめに / p329 (0176.jp2)
  58. 7.2 期待される性能向上 / p329 (0176.jp2)
  59. 7.3 作製技術面の課題 / p333 (0178.jp2)
  60. 第7章参考文献 / p336 (0180.jp2)
  61. 第8章 結論 / p337 (0180.jp2)
  62. 謝辞 / (0183.jp2)
  63. 本研究に関する発表論文 / (0184.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097024
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097252
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261338
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ