高電圧CVケーブルの絶縁破壊性能向上対策と絶縁診断装置開発に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 相原, 貢 アイハラ, ミツグ

書誌事項

タイトル

高電圧CVケーブルの絶縁破壊性能向上対策と絶縁診断装置開発に関する研究

著者名

相原, 貢

著者別名

アイハラ, ミツグ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2374号

学位授与年月日

1992-07-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p5 (0007.jp2)
  4. 第2章 高電圧CVケーブルの現状と課題 / p8 (0009.jp2)
  5. 2.1 はじめに / p8 (0009.jp2)
  6. 2.2 高電圧CVケーブルの構造と経緯 / p9 (0009.jp2)
  7. 2.3 架橋ポリエチレンの微細構造 / p17 (0013.jp2)
  8. 2.4 CVケーブル絶縁破壊の要因と対策 / p22 (0016.jp2)
  9. 2.5 絶縁診断装置の開発動向 / p26 (0018.jp2)
  10. 2.6 まとめ / p31 (0020.jp2)
  11. 第3章 架橋ポリエチレンの絶縁破壊性能向上に関する研究―材料物性のコントロール― / p32 (0021.jp2)
  12. 3.1 はじめに / p32 (0021.jp2)
  13. 3.2 SF₆ガスの含浸による性能向上 / p34 (0022.jp2)
  14. 3.3 電子線照射架橋時の蓄積電荷除去による性能向上 / p61 (0035.jp2)
  15. 3.4 半導電層中添加剤による性能向上 / p74 (0042.jp2)
  16. 3.5 まとめ / p88 (0049.jp2)
  17. 第4章 架橋ポリエチレンを用いた特殊ケーブルに関する研究 / p90 (0050.jp2)
  18. 4.1 はじめに / p90 (0050.jp2)
  19. 4.2 フロン中架橋ポリエチレンの電気特性 / p92 (0051.jp2)
  20. 4.3 フロン冷却CVケーブルシステムの実用特性 / p104 (0057.jp2)
  21. 4.4 直流高電圧下の架橋ポリエチレンの破壊機構 / p117 (0063.jp2)
  22. 4.5 直流CVケーブル用終端に関する研究 / p145 (0077.jp2)
  23. 4.6 まとめ / p157 (0083.jp2)
  24. 第5章 絶縁診断装置の開発に関する研究 / p159 (0084.jp2)
  25. 5.1 はじめに / p159 (0084.jp2)
  26. 5.2 各種絶縁診断装置 / p161 (0085.jp2)
  27. 5.3 事故点位置標定装置 / p242 (0126.jp2)
  28. 5.4 活線誘電正接測定装置 / p260 (0135.jp2)
  29. 5.5 絶縁診断システム / p271 (0140.jp2)
  30. 5.6 まとめ / p293 (0151.jp2)
  31. 第6章 高電圧CVケ-ブルの将来展望 / p295 (0152.jp2)
  32. 6.1 絶縁破壊性能向上対策の将来展望 / p295 (0152.jp2)
  33. 6.2 絶縁診断装置開発の将来展望 / p296 (0153.jp2)
  34. 第7章 結論 / p298 (0154.jp2)
  35. 参考文献 / p301 (0155.jp2)
  36. 謝辞 / p303 (0156.jp2)
  37. 本研究に関する発表論文 / p304 (0157.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097039
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097267
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261353
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ