高強度プレストレストコンクリート杭基礎の耐震性能の向上に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 堀井, 昌博 ホリイ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

高強度プレストレストコンクリート杭基礎の耐震性能の向上に関する研究

著者名

堀井, 昌博

著者別名

ホリイ, マサヒロ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2393号

学位授与年月日

1992-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 【目次】 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.本研究の背景と目的 / p2 (0008.jp2)
  5. 2.既往の研究 / p5 (0011.jp2)
  6. 3.本研究の方法 / p13 (0019.jp2)
  7. 第2章 現状のPHC杭の耐震性能 / p15 (0021.jp2)
  8. 1.はじめに / p16 (0022.jp2)
  9. 2.実験方法 / p17 (0023.jp2)
  10. 3.実験結果とその考察 / p21 (0027.jp2)
  11. 4.まとめ / p27 (0033.jp2)
  12. 第2章の表・図・写真 / p29 (0035.jp2)
  13. 第3章 PHC杭基礎の耐震性能の向上 / p42 (0048.jp2)
  14. 1.はじめに / p43 (0049.jp2)
  15. 2.耐震性能向上の目標 / p44 (0050.jp2)
  16. 3.耐震性能の向上方法の検討 / p47 (0053.jp2)
  17. 4.実験方法 / p56 (0062.jp2)
  18. 5.実験結果とその考察 / p61 (0067.jp2)
  19. 6.まとめ / p85 (0091.jp2)
  20. 第3章の表・図 / p88 (0094.jp2)
  21. 第4章 PHC杭基礎の耐震構法とその構造特性 / p122 (0128.jp2)
  22. 1.はじめに / p123 (0129.jp2)
  23. 2.PHC杭基礎の耐震構法 / p125 (0131.jp2)
  24. 3.降伏耐力の計算方法 / p126 (0132.jp2)
  25. 4.試験体の限界塑性率 / p135 (0141.jp2)
  26. 5.試験体の杭頭の固定度 / p138 (0144.jp2)
  27. 6.まとめ / p152 (0158.jp2)
  28. 第4章の表・図 / p155 (0161.jp2)
  29. 第5章 耐震構法によるPHC杭基礎の弾性地盤中における静的弾塑性挙動 / p167 (0173.jp2)
  30. 1.はじめに / p168 (0174.jp2)
  31. 2.杭頭降伏前後における挙動の変化 / p169 (0175.jp2)
  32. 3.実験結果にもとづく弾塑性挙動 / p178 (0184.jp2)
  33. 4.地中部で杭が降伏する可能性 / p185 (0191.jp2)
  34. 5.最大塑性率と最大設計震度 / p191 (0197.jp2)
  35. 6.まとめ / p194 (0200.jp2)
  36. 第5章の表・図 / p197 (0203.jp2)
  37. 第6章 結論 / p205 (0211.jp2)
  38. 謝辞 / p210 (0217.jp2)
  39. 参考文献 / p211 (0219.jp2)
  40. 本研究に関連して著者が発表した論文 / p214 (0223.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097058
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097286
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261372
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ