液体と接する薄肉構造の連成衝撃応答に関する研究 液体と接する薄肉構造の連成衝撃応答に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 足立, 忠晴 アダチ, タダハル

書誌事項

タイトル

液体と接する薄肉構造の連成衝撃応答に関する研究

タイトル別名

液体と接する薄肉構造の連成衝撃応答に関する研究

著者名

足立, 忠晴

著者別名

アダチ, タダハル

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2397号

学位授与年月日

1992-10-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 流体・構造連成問題 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 従来の研究 / p5 (0008.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的 / p8 (0010.jp2)
  7. 1.4 本論文の概要 / p11 (0011.jp2)
  8. 参考文献 / p12 (0012.jp2)
  9. 第2章 数値ラプラス変換 / p18 (0015.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p18 (0015.jp2)
  11. 2.2 Krings-Wallerの方法 / p20 (0016.jp2)
  12. 2.3 細野の方法 / p35 (0023.jp2)
  13. 2.4 結言 / p49 (0030.jp2)
  14. 参考文献 / p50 (0031.jp2)
  15. 第3章 水撃をうける円筒殼の衝撃応答 / p54 (0033.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p54 (0033.jp2)
  17. 3.2 解析解の導出 / p56 (0034.jp2)
  18. 3.3 数値計算結果 / p63 (0037.jp2)
  19. 3.4 結言 / p75 (0043.jp2)
  20. 参考文献 / p76 (0044.jp2)
  21. 第4章 液体で満たされた円筒殼の衝撃応答 / p79 (0045.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p79 (0045.jp2)
  23. 4.2 一様外圧をうける無限長円筒殻の衝撃応答 / p80 (0046.jp2)
  24. 4.3 非軸対称衝撃荷重をうける無限長円筒殼の衝撃応答 / p90 (0051.jp2)
  25. 4.4 軸対称線荷重をうける有限長円筒殼の衝撃応答 / p102 (0057.jp2)
  26. 4.5 結言 / p114 (0063.jp2)
  27. 参考文献 / p115 (0063.jp2)
  28. 第5章 飛翔体の衝突による液体と接する平板の衝撃応答 / p116 (0064.jp2)
  29. 5.1 緒言 / p116 (0064.jp2)
  30. 5.2 液体と接する平板の衝撃応答の解析 / p117 (0064.jp2)
  31. 5.3 実験方法 / p124 (0068.jp2)
  32. 5.4 理論解析結果と実験結果との比較 / p128 (0070.jp2)
  33. 5.5 結言 / p139 (0075.jp2)
  34. 参考文献 / p140 (0076.jp2)
  35. 第6章 圧電素子による薄板に作用する衝撃圧力の測定 / p143 (0077.jp2)
  36. 6.1 緒言 / p143 (0077.jp2)
  37. 6.2 測定原理 / p145 (0078.jp2)
  38. 6.3 圧電素子の検定 / p145 (0078.jp2)
  39. 6.4 衝撃圧力発生装置 / p149 (0080.jp2)
  40. 6.5 実験結果と考察 / p152 (0082.jp2)
  41. 6.6 結言 / p155 (0083.jp2)
  42. 参考文献 / p155 (0083.jp2)
  43. 第7章 結論 / p156 (0084.jp2)
  44. 7.1 各章の総括 / p156 (0084.jp2)
  45. 7.2 今後の課題 / p160 (0086.jp2)
  46. 参考文献 / p161 (0086.jp2)
  47. 付録A 完全流体に関する基礎方程式の導出 / p164 (0088.jp2)
  48. A.1 緒言 / p164 (0088.jp2)
  49. A.2 連続の方程式 / p164 (0088.jp2)
  50. A.3 運動方程式 / p166 (0089.jp2)
  51. A.4 速度ポテンシャルによる波動方程式 / p166 (0089.jp2)
  52. 参考文献 / p167 (0089.jp2)
  53. 付録B 平板に関する基礎方程式の導出 / p168 (0090.jp2)
  54. B.1 緒言 / p168 (0090.jp2)
  55. B.2 平衡方程式 / p168 (0090.jp2)
  56. B.3 構成方程式 / p172 (0092.jp2)
  57. B.4 変位の方程式 / p173 (0092.jp2)
  58. B.5 境界条件式 / p174 (0093.jp2)
  59. 参考文献 / p174 (0093.jp2)
  60. 付録C 円筒殼に関する基礎方程式の導出 / p176 (0094.jp2)
  61. C.1 緒言 / p176 (0094.jp2)
  62. C.2 平衡方程式 / p176 (0094.jp2)
  63. C.3 構成方程式 / p180 (0096.jp2)
  64. C.4 変位の方程式 / p182 (0097.jp2)
  65. C.5 境界条件式 / p184 (0098.jp2)
  66. 参考文献 / p185 (0098.jp2)
  67. 付録D 液体と固体の境界面における平面波の反射特性 / p186 (0099.jp2)
  68. D.1 緒言 / p186 (0099.jp2)
  69. D.2 解析モデル / p186 (0099.jp2)
  70. D.3 反射係数および透過係数の導出 / p186 (0099.jp2)
  71. 参考文献 / p189 (0100.jp2)
  72. 略歴および研究業績 / p190 (0101.jp2)
  73. 謝辞 / p198 (0105.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097062
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097290
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261376
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ