航空および海事衛星通信におけるマルチパスフェージングとその軽減対策に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 安永, 正幸 ヤスナガ, マサユキ

書誌事項

タイトル

航空および海事衛星通信におけるマルチパスフェージングとその軽減対策に関する研究

著者名

安永, 正幸

著者別名

ヤスナガ, マサユキ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2427号

学位授与年月日

1993-01-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 本論文の構成と概要 / p3 (0008.jp2)
  6. 第2章 航空衛星通信におけるマルチパスフェージング / p6 (0010.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p6 (0010.jp2)
  8. 2.2 海面反射フェージングの理論モデル / p8 (0011.jp2)
  9. 2.3 マルチパスフェージングに関するフィールド実験 / p37 (0025.jp2)
  10. 2.4 むすび / p49 (0031.jp2)
  11. 第3章 海面反射フェージングの簡易推定法 / p52 (0033.jp2)
  12. 3.1 まえがき / p52 (0033.jp2)
  13. 3.2 簡易推定法の導出 / p53 (0033.jp2)
  14. 3.3 簡易推定法の検証 / p62 (0038.jp2)
  15. 3.4 むすび / p65 (0039.jp2)
  16. 第4章 海面反射フェージング軽減対策 / p66 (0040.jp2)
  17. 4.1 まえがき / p66 (0040.jp2)
  18. 4.2 ダイバーシチ受信方式の軽減効果 / p66 (0040.jp2)
  19. 4.3 簡易型「偏波制御法」 / p75 (0044.jp2)
  20. 4.4 むすび / p81 (0047.jp2)
  21. 第5章 移動体衛星通信におけるシステム間/システム内干渉評価法 / p83 (0048.jp2)
  22. 5.1 まえがき / p83 (0048.jp2)
  23. 5.2 低G/T移動局における干渉の形態 / p84 (0049.jp2)
  24. 5.3 前提条件と各諸量の定義 / p87 (0050.jp2)
  25. 5.4 干渉評価法 / p90 (0052.jp2)
  26. 5.5 むすび / p97 (0055.jp2)
  27. 第6章 海事および航空衛星通信における移動体アンテナ / p99 (0056.jp2)
  28. 6.1 まえがき / p99 (0056.jp2)
  29. 6.2 ショートバックファイアアンテナ / p100 (0057.jp2)
  30. 6.3 航空機用フェーズドアレイアンテナ / p111 (0062.jp2)
  31. 6.4 むすび / p133 (0073.jp2)
  32. 第7章 結論 / p134 (0074.jp2)
  33. 謝辞 / p138 (0076.jp2)
  34. 参考文献 / p139 (0076.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097092
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097320
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261406
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ