洪積支持地盤の鉛直変形予測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 玉置, 克之 タマオキ, カツユキ

書誌事項

タイトル

洪積支持地盤の鉛直変形予測に関する研究

著者名

玉置, 克之

著者別名

タマオキ, カツユキ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2430号

学位授与年月日

1993-01-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 研究の目的 / p7 (0013.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p8 (0014.jp2)
  7. 第2章 支持地盤の鉛直変位の測定 / p10 (0016.jp2)
  8. 2.1 鉛直変位の測定方法 / p10 (0016.jp2)
  9. 2.2 鉛直変位の測定結果 / p18 (0024.jp2)
  10. 2.3 実測による鉛直変位の性状 / p30 (0036.jp2)
  11. 第3章 鉛直変位の実測に基づく地盤のヤング係数 / p36 (0042.jp2)
  12. 3.1 鉛直変位からのヤング係数の算出 / p36 (0042.jp2)
  13. 3.2 原位置試験と鉛直変位の実測によるヤング係数の関係 / p46 (0052.jp2)
  14. 第4章 実測による地盤のヤング係数比の性状 / p64 (0070.jp2)
  15. 4.1 ヤング係数比と鉛直ひずみの関係 / p64 (0070.jp2)
  16. 4.2 ヤング係数に及ぼすポアソン比の影響 / p72 (0078.jp2)
  17. 4.3 ヤング係数比に及ぼす拘束圧の影響 / p84 (0090.jp2)
  18. 第5章 地盤のヤング係数の推定方法 / p96 (0102.jp2)
  19. 5.1 ヤング係数の推定に対する原位置試験の適用性 / p96 (0102.jp2)
  20. 5.2 地盤のポアソン比の設定 / p99 (0105.jp2)
  21. 5.3 微小ひずみ時のヤング係数の設定 / p100 (0106.jp2)
  22. 5.4 計算に用いるヤング係数の設定 / p103 (0109.jp2)
  23. 第6章 地盤のヤング係数の推定方法の適用性 / p109 (0115.jp2)
  24. 6.1 Rビルにおける実施例 / p109 (0115.jp2)
  25. 6.2 Jビルにおける実施例 / p127 (0133.jp2)
  26. 6.3 推定方法の適用性 / p140 (0146.jp2)
  27. 6.4 支持地盤のヤング係数の推定に関する今後の課題 / p143 (0149.jp2)
  28. 第7章 結論 / p144 (0150.jp2)
  29. 謝辞 / p148 (0154.jp2)
  30. 参考文献 / p149 (0155.jp2)
  31. 本論文に関連した発表 / p152 (0158.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097095
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097323
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261409
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ