非線形軸受で支持された回転軸系における振動解析法の研究

この論文をさがす

著者

    • 小林, 正生 コバヤシ, マサオ

書誌事項

タイトル

非線形軸受で支持された回転軸系における振動解析法の研究

著者名

小林, 正生

著者別名

コバヤシ, マサオ

学位授与大学

東京工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2437号

学位授与年月日

1993-02-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0002.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 記号の説明 / (0010.jp2)
  4. 第1章 緒論 / p1 (0014.jp2)
  5. 1・1 はじめに / p1 (0014.jp2)
  6. 1・2 従来の研究 / p2 (0015.jp2)
  7. 1・3 本研究の目的と概要 / p9 (0022.jp2)
  8. 第2章 伝達係数法による複素固有値解析 / p14 (0027.jp2)
  9. 2・1 緒言 / p14 (0027.jp2)
  10. 2・2 基礎式の導出 / p14 (0027.jp2)
  11. 2・3 複素固有値解析 / p17 (0030.jp2)
  12. 2・4 数値解析例とその考察 / p27 (0040.jp2)
  13. 2・7 結言 / p33 (0046.jp2)
  14. 付録A2 伝達係数法と伝達マトリックス法の固有値解析結果の比較 / p34 (0047.jp2)
  15. 第3章 伝達係数法による応答解析 / p36 (0049.jp2)
  16. 3・1 緒言 / p36 (0049.jp2)
  17. 3・2 調和応答解析 / p36 (0049.jp2)
  18. 3・3 不つりあい応答 / p38 (0051.jp2)
  19. 3・4 回転数を陰に含めた場合の定常応答解析法 / p44 (0057.jp2)
  20. 3・5 過渡応答解析 / p46 (0059.jp2)
  21. 3・6 数値解析結果とその検討 / p50 (0063.jp2)
  22. 3・7 結言 / p55 (0068.jp2)
  23. 第4章 非線形定常応答解析 / p57 (0070.jp2)
  24. 4・1 緒言 / p57 (0070.jp2)
  25. 4・2 部分構造モデル / p57 (0070.jp2)
  26. 4・3 動的な力の釣合い / p58 (0071.jp2)
  27. 4・4 靜的な力の釣合い / p60 (0073.jp2)
  28. 4・5 調和バランス方 / p63 (0076.jp2)
  29. 4・6 プログラムのフロー / p68 (0081.jp2)
  30. 4・7 数値解析例 / p69 (0082.jp2)
  31. 4・8 結言 / p78 (0091.jp2)
  32. 第5章 スクィーズフィルムダンパを用いた回転軸の振動 / p80 (0093.jp2)
  33. 5・1 緒言 / p80 (0093.jp2)
  34. 5・2 スクィーズフィルムダンパの特性 / p80 (0093.jp2)
  35. 5・3 解析モデルと解析手法 / p84 (0097.jp2)
  36. 5・4 センタリングばねの有るダンパを用いた回転軸の振動 / p88 (0101.jp2)
  37. 5・5 センタリングばねの無いダンパを用いた回転軸の振動 / p99 (0112.jp2)
  38. 5・6 結言 / p120 (0133.jp2)
  39. 付録A5 剛性ロータの開店試験結果との比較 / p121 (0134.jp2)
  40. 第6章 ブレード破断時に生ずる回転軸系の非線形過渡応答 / p124 (0137.jp2)
  41. 6・1 緒言 / p124 (0137.jp2)
  42. 6・2 航空エンジンのモデル化について / p124 (0137.jp2)
  43. 6・3 解析の方法 / p127 (0140.jp2)
  44. 6・4 非線形要素について / p131 (0144.jp2)
  45. 6・5 数値解析結果とその検討 / p134 (0147.jp2)
  46. 6・6 結言 / p141 (0154.jp2)
  47. 付録 / p143 (0156.jp2)
  48. A6・1 増分伝達マトリックスの構造について / p143 (0156.jp2)
  49. A6・2 スクィーズフィルムダンパのばね定数,減衰係数について / p146 (0159.jp2)
  50. 第7章 結論 / p148 (0161.jp2)
  51. 7・1 本研究の成果 / p148 (0161.jp2)
  52. 7・2 今後の課題 / p150 (0163.jp2)
  53. 謝辞 / p152 (0165.jp2)
  54. 参考文献 / p153 (0166.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097102
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097330
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000261416
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ