歯科用樹脂の硬化挙動に関する化学的解析 shikayo jushi no koka kyodo ni kansuru kagakuteki kaiseki

この論文をさがす

著者

    • 藤森, 行雄 フジモリ, ユキオ

書誌事項

タイトル

歯科用樹脂の硬化挙動に関する化学的解析

タイトル別名

shikayo jushi no koka kyodo ni kansuru kagakuteki kaiseki

著者名

藤森, 行雄

著者別名

フジモリ, ユキオ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第944号

学位授与年月日

1993-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序 / (0003.jp2)
  3. 1 歯科用コンポジットレジンの材料学 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 歯科用コンポジットレジンの発展 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 歯科用コンポジットレジンの組成 / p2 (0007.jp2)
  6. 1.3 コンポジットレジンの重合機構 / p6 (0009.jp2)
  7. 1.4 重合率 / p7 (0009.jp2)
  8. 1.5 臼歯部充塡用コンポジットレジン / p8 (0010.jp2)
  9. 1.6 コンポジットレジンの生物学的問題点 / p12 (0012.jp2)
  10. 1.7 コンポジットレジンの充塡操作 / p13 (0012.jp2)
  11. 1.8 コンポジットレジンの修理 / p14 (0013.jp2)
  12. 1.9 酸エッチング法 / p14 (0013.jp2)
  13. 1.10 ボンディング剤 / p17 (0014.jp2)
  14. 1.11 コンポジットレジンの摩耗症への応用 / p26 (0019.jp2)
  15. 1.12 フィッシャーシーラント / p28 (0020.jp2)
  16. 1.13 補綴用レジン / p29 (0020.jp2)
  17. 1.14 レジンインレーシステム / p30 (0021.jp2)
  18. 1.15 矯正用ボンディング剤 / p31 (0021.jp2)
  19. 文献 / p33 (0022.jp2)
  20. 2 歯科用硬化高分子の化学 / p35 (0023.jp2)
  21. 2.1 歯科用硬化高分子の特性 / p35 (0023.jp2)
  22. 2.2 歯科用コンポジットレジンの組成 / p36 (0024.jp2)
  23. 2.3 歯科用コンポジットレジンの重合反応 / p40 (0026.jp2)
  24. 文献 / p49 (0030.jp2)
  25. 3 アクリレートモノマーとレゾール樹脂から成る新しい紫外線硬化レジンとその重合挙動解析 / p51 (0031.jp2)
  26. 3.1 緒言 / p51 (0031.jp2)
  27. 3.2 実験 / p52 (0032.jp2)
  28. 3.3 結果と考察 / p54 (0033.jp2)
  29. 3.4 結論 / p60 (0036.jp2)
  30. 3.5 臨床的考察 / p60 (0036.jp2)
  31. 文献 / p61 (0036.jp2)
  32. 4 光重合型歯科用コンポジットレジンの重合挙動のESR法による解析 / p63 (0037.jp2)
  33. 4.1 緒言 / p63 (0037.jp2)
  34. 4.2 実験 / p64 (0038.jp2)
  35. 4.3 結果と考察 / p65 (0038.jp2)
  36. 4.4 結論 / p71 (0041.jp2)
  37. 4.5 臨床的考察 / p72 (0042.jp2)
  38. 文献 / p72 (0042.jp2)
  39. 5 光重合型歯科用レジンでのラジカルの発生機構と硬化特性 / p75 (0043.jp2)
  40. 5.1 緒言 / p75 (0043.jp2)
  41. 5.2 実験 / p76 (0044.jp2)
  42. 5.3 結果及び考察 / p76 (0044.jp2)
  43. 5.4 結論 / p82 (0047.jp2)
  44. 5.5 CQの光重合開始機構の解析 / p82 (0047.jp2)
  45. 文献 / p87 (0049.jp2)
  46. 6 ポリメタクリル酸樹脂のカルシウム吸着能と歯質接着性 / p89 (0050.jp2)
  47. 6.1 緒言 / p89 (0050.jp2)
  48. 6.2 実験 / p90 (0051.jp2)
  49. 6.3 結果及び考察 / p91 (0051.jp2)
  50. 6.4 結論 / p97 (0054.jp2)
  51. 6.5 臨床的考察 / p97 (0054.jp2)
  52. 文献 / p97 (0054.jp2)
  53. 7 歯科用硬化高分子の将来展望 / p99 (0055.jp2)
  54. 7.1 耐摩耗性高分子 / p99 (0055.jp2)
  55. 7.2 低熱膨張性高分子 / p101 (0056.jp2)
  56. 7.3 低収縮性高分子 / p102 (0057.jp2)
  57. 7.4 硬組織接着材料 / p102 (0057.jp2)
  58. 文献 / p104 (0058.jp2)
  59. 研究業績 / (0059.jp2)
  60. 謝辞 / (0060.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097362
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097591
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261676
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ