脳・神経系におけるシナプス伝達の分子メカニズム no shinkeikei ni okeru shinapusu dentatsu no bunshi mekanizumu

この論文をさがす

著者

    • 高木, 博 タカギ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

脳・神経系におけるシナプス伝達の分子メカニズム

タイトル別名

no shinkeikei ni okeru shinapusu dentatsu no bunshi mekanizumu

著者名

高木, 博

著者別名

タカギ, ヒロシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第957号

学位授与年月日

1993-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. §1-1.シナプス伝達に関する従来の研究 / p1 (0005.jp2)
  4. §1-2.シナプス伝達に関する今後の研究の問題点 / p11 (0015.jp2)
  5. §1-3.本研究の目的と意義 / p15 (0019.jp2)
  6. 第2章 測定方法 / p17 (0021.jp2)
  7. §2-1.パッチクランプ法(スライスパッチ法) / p17 (0021.jp2)
  8. §2-2.Caイメージング法 / p27 (0031.jp2)
  9. 第3章 シナプス前膜で伝達物質の放出を司る因子 / p34 (0038.jp2)
  10. §3-1.刺激分泌連関における細胞内Ca濃度の一過性増加機構 / p34 (0038.jp2)
  11. §3-2.グルタミン酸受容体の作用機構(小脳発生における変化) / p45 (0049.jp2)
  12. 第4章 シナプス後膜で伝達物質の受容を司る因子 / p51 (0055.jp2)
  13. §4-1.小脳プルキンエ細胞のCaチャンネル / p51 (0055.jp2)
  14. §4-2.グルタミン酸受容体の作用機構 / p58 (0062.jp2)
  15. 第5章 シナプス伝達を調節する因子 / p65 (0069.jp2)
  16. §5-1.アラキドン酸代謝産物によるCa依存性Kチャンネルの調節 / p65 (0069.jp2)
  17. §5-2.t-ACPDによる小脳での長期抑圧機構 / p75 (0079.jp2)
  18. 第6章 本研究の要旨と結論 / p82 (0086.jp2)
  19. 謝辞 / p87 (0091.jp2)
  20. 参考文献 / p88 (0092.jp2)
  21. 著者業績 / p91 (0095.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097375
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097604
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261689
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ