刑法における超個人的法益の保護 keiho ni okeru cho kojinteki hoeki no hogo

この論文をさがす

著者

    • 原田, 保, 1951- ハラダ, タモツ

書誌事項

タイトル

刑法における超個人的法益の保護

タイトル別名

keiho ni okeru cho kojinteki hoeki no hogo

著者名

原田, 保, 1951-

著者別名

ハラダ, タモツ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第924号

学位授与年月日

1993-01-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0006.jp2)
  2. はしがき / p1 (0004.jp2)
  3. 序言 / p1 (0009.jp2)
  4. 第一部 超個人的緊急行為権論 / (0011.jp2)
  5. 第一章 ドイツにおける理論変遷の歴史的考察 / p7 (0012.jp2)
  6. 一 序 / p7 (0012.jp2)
  7. 二 生成期 / p8 (0013.jp2)
  8. 三 発展期 / p17 (0017.jp2)
  9. 四 終焉期 / p25 (0021.jp2)
  10. 第二章 緊急行為による秩序の保護―戦後ドイツの議論 / p29 (0023.jp2)
  11. 一 序 / p29 (0023.jp2)
  12. 二 道徳秩序 / p30 (0024.jp2)
  13. 三 交通秩序 / p37 (0027.jp2)
  14. 四 結び / p44 (0031.jp2)
  15. 第三章 日本における問題状況 / p47 (0032.jp2)
  16. 一 序 / p47 (0032.jp2)
  17. 二 戦後の下級審判例 / p62 (0040.jp2)
  18. 三 まとめ / p117 (0067.jp2)
  19. 第四章 緊急行為の主体と対象 / p123 (0070.jp2)
  20. 一 国家機関の緊急行為 / p123 (0070.jp2)
  21. 二 緊急行為の保護対象 / p131 (0074.jp2)
  22. 第二部 個人法益への還元 / (0078.jp2)
  23. 第一章 内乱罪・騒擾罪における個人法益 / p141 (0079.jp2)
  24. 一 序 / p141 (0079.jp2)
  25. 二 判例・学説の状況 / p150 (0084.jp2)
  26. 三 検討と私見 / p152 (0085.jp2)
  27. 四 結び / p158 (0088.jp2)
  28. 第二章 公務執行妨害罪の保護法益 / p159 (0088.jp2)
  29. 一 暴行罪・脅迫罪との関係 / p159 (0088.jp2)
  30. 二 業務妨害罪との関係 / p164 (0091.jp2)
  31. 三 鉄道業務妨害罪の位置付け / p188 (0103.jp2)
  32. 第三章 職権濫用罪の諸問題 / p207 (0112.jp2)
  33. 一 序 / p207 (0112.jp2)
  34. 二 公務員職権濫用罪と強要罪との関係 / p209 (0113.jp2)
  35. 三 特別公務員暴行陵虐罪・同致死傷罪の成立範囲 / p218 (0118.jp2)
  36. 四 結び / p228 (0123.jp2)
  37. 第四章 社会法益の実体について / p231 (0124.jp2)
  38. 一 序 / p231 (0124.jp2)
  39. 二 各類型の検討 / p232 (0125.jp2)
  40. 三 まとめ / p254 (0136.jp2)
  41. 結語 / p257 (0137.jp2)
1アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097427
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000953175
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261741
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ