鉄筋コンクリート造柱の曲げ降伏後の限界変形に関する研究 tekkin konkuritozo hashira no mage kofukugo no genkai henkei ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 稲井, 栄一 イナイ, エイイチ

書誌事項

タイトル

鉄筋コンクリート造柱の曲げ降伏後の限界変形に関する研究

タイトル別名

tekkin konkuritozo hashira no mage kofukugo no genkai henkei ni kansuru kenkyu

著者名

稲井, 栄一

著者別名

イナイ, エイイチ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第949号

学位授与年月日

1993-03-04

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙949号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1993-03-4 ; 早大学位記番号:新1923 ; 理工学図書館請求番号:1653

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本論文の研究背景と目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 既往の研究 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成と概要 / p8 (0012.jp2)
  6. 第1章 参考文献 / p10 (0014.jp2)
  7. 2 安定限界 / p15 (0019.jp2)
  8. 2.1 安定限界の定義 / p15 (0019.jp2)
  9. 2.2 曲げ降伏後の変形機構 / p21 (0025.jp2)
  10. 2.3 安定限界時の危険断面の各種ひずみ、中立軸位置および曲率の算定法 / p24 (0028.jp2)
  11. 2.4 安定限界時の危険断面の各種ひずみ等の略算的な解 / p31 (0035.jp2)
  12. 2.5 数値計算例 / p32 (0036.jp2)
  13. 2.6 柱の軸力比およびコンクリートの応力―ひずみ関係が安定限界時の危険断面の各種ひずみ等に及ぼす影響 / p33 (0037.jp2)
  14. 2.7 まとめ / p36 (0040.jp2)
  15. 第2章 参考文献 / p38 (0042.jp2)
  16. 3 柱の中心圧縮実験、純曲げ実験および曲げせん断実験 / p39 (0043.jp2)
  17. 3.1 実験計画 / p39 (0043.jp2)
  18. 3.2 実験結果 / p49 (0053.jp2)
  19. 3.3 柱の純圧縮、純曲げおよび曲げせん断性状の相関 / p61 (0065.jp2)
  20. 3.4 まとめ / p67 (0071.jp2)
  21. 第3章 参考文献 / p69 (0073.jp2)
  22. 4 安定限界と擬似安定限界 / p70 (0074.jp2)
  23. 4.1 繰返し載荷による耐力低下と軸方向ひずみの進行のメカニズム / p70 (0074.jp2)
  24. 4.2 安定限界時および擬似安定限界時の危険断面のコア断面圧縮縁ひずみと曲率の算定法 / p73 (0077.jp2)
  25. 4.3 理論値と実験値の比較 / p82 (0086.jp2)
  26. 4.4 まとめ / p87 (0091.jp2)
  27. 5 結論 / p89 (0093.jp2)
  28. 謝辞 / p95 (0099.jp2)
  29. 本論文に関連した研究発表 / p96 (0100.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097452
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097681
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261766
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ