フラットスラブの曲げモーメントに関する研究 furatto surabu no mage momento ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 宋, 皓山 ソン, ホサン

書誌事項

タイトル

フラットスラブの曲げモーメントに関する研究

タイトル別名

furatto surabu no mage momento ni kansuru kenkyu

著者名

宋, 皓山

著者別名

ソン, ホサン

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第954号

学位授与年月日

1993-03-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章.序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 これまでの研究 / p3 (0009.jp2)
  5. 1.3 研究範囲及び方法 / p8 (0014.jp2)
  6. 第2章.理論の概要 / p9 (0015.jp2)
  7. 2.1 まえがき / p9 (0015.jp2)
  8. 2.2 板の曲げモーメント和の式と膜たわみの式の相似 / p10 (0016.jp2)
  9. 2.3 楕円座標によるせん断力の比 / p12 (0018.jp2)
  10. 2.4 基準膜実験の為の理論 / p14 (0020.jp2)
  11. 2.5 本章のまとめ / p17 (0023.jp2)
  12. 第3章.膜の実験 / p18 (0024.jp2)
  13. 3.1 まえがき / p18 (0024.jp2)
  14. 3.2 モアレの概要 / p19 (0025.jp2)
  15. 3.3 実験装置方法 / p21 (0027.jp2)
  16. 3.4 基準膜の実験 / p27 (0033.jp2)
  17. 3.5 短辺柱間の中央部分の曲げモーメント和の略算式 / p34 (0040.jp2)
  18. 3.6 本実験 / p37 (0043.jp2)
  19. 3.7 本章のまとめ / p47 (0053.jp2)
  20. 第4章.有限要素法解析 / p48 (0054.jp2)
  21. 4.1 まえがき / p48 (0054.jp2)
  22. 4.2 有限要素法に対する平面板の理論の背景 / p49 (0055.jp2)
  23. 4.3 プログラムの概要 / p56 (0062.jp2)
  24. 4.4 モデル化 / p60 (0066.jp2)
  25. 4.5 要素分割及び有限要素法解析結果 / p61 (0067.jp2)
  26. 4.6 本章のまとめ / p67 (0073.jp2)
  27. 第5章. 曲げモーメントの略算式 / p68 (0074.jp2)
  28. 5.1 まえがき / p68 (0074.jp2)
  29. 5.2 Timoshenko理論解の考察 / p69 (0075.jp2)
  30. 5.3 板の中央部分の曲げモーメントの分担率 / p72 (0078.jp2)
  31. 5.4 長辺柱間の中央部分の曲げモーメントの分担率 / p75 (0081.jp2)
  32. 5.5 短辺柱間の中央部分の曲げモーメントの分担率 / p78 (0084.jp2)
  33. 5.6 柱(支板)近傍の曲げモーメントの分担率 / p80 (0086.jp2)
  34. 5.7 膜実験の解析結果に略算式適用 / p82 (0088.jp2)
  35. 5.8 本章のまとめ / p83 (0089.jp2)
  36. 第6章.柱の配置が三角形である場合の考察 / p85 (0091.jp2)
  37. 6.1 まえがき / p85 (0091.jp2)
  38. 6.2 モデル化 / p86 (0092.jp2)
  39. 6.3 膜実験及び解析 / p87 (0093.jp2)
  40. 6.4 有限要素法解析 / p91 (0097.jp2)
  41. 6.5 Mx、Myを求める略算式の応用 / p94 (0100.jp2)
  42. 6.6 本章のまとめ / p98 (0104.jp2)
  43. 第7章.柱の配置が台形である場合の考察 / p99 (0105.jp2)
  44. 7.1 まえがき / p99 (0105.jp2)
  45. 7.2 モデル化 / p99 (0105.jp2)
  46. 7.3 有限要素法解析 / p100 (0106.jp2)
  47. 7.4 膜実験及び解析 / p103 (0109.jp2)
  48. 7.5 曲げモーメントの分担率に関する略算式の応用 / p104 (0110.jp2)
  49. 7.6 本章のまとめ / p110 (0116.jp2)
  50. 第8章.結論 / p111 (0117.jp2)
  51. 参考文献 / p114 (0120.jp2)
  52. 発表論文 / p118 (0124.jp2)
  53. 謝辞 / p119 (0125.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000097457
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000097686
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000261771
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ